【大麻のように気分が上がる】マッドハニーとは?効果や体験した人のレビューを紹介!

ネパールやトルコの山岳地帯で採取される特殊な蜂蜜として知られるマッドハニー

ツツジ科の植物由来のマッドハニーは、大麻のように気分が上がり、パワフルな陶酔感や幻覚が味わえるとここ数年人気を集めています。

しかし、新たに注目を集めているキマる蜂蜜のため「本当に食べても大丈夫なの?」「マッドハニーは違法じゃないの?」と、気になる方も多いのではないでしょうか?

本記事では、マッドハニーの効果や規制状況、おすすめの商品など気になる点について詳しく解説していきます。それでは早速Check it out!

\マッドハニーはこんな人におすすめ/

・合法でトリップを体験したい人
・合法でキメセクをして見たい人
・サイケやトリップ系の音楽が好きな人

目次

マッドハニーとは?

マッドハニーとは、ネパールやトルコなどで収穫されている希少な蜂蜜です。

グレアノトキシンという神経系に作用する成分を含むことのが特徴で、少量の摂取でも幻覚作用のある蜂蜜として注目されています。

古くから薬として用いられる一方、その幻覚作用でトリップに似た体験が楽しめると世界的に使用されています。日本では通販などで手軽に購入できます。

グレアノトキシン(ロドトキシン):ツツジ科の植物に含まれる植物性自然毒の一種。中枢神経を興奮させた後麻痺させる作用がある。

マッドハニーとは?|①マッドハニーの産地

マッドハニーの最大の産地はネパール、次いでトルコの黒海沿岸部です。

特にヒマラヤの山岳部に生息する「ヒマラヤオオミツバチ(学名 Apis dorsata laboriosa)」と呼ばれる大きなミツバチが採取する、シャクナゲの花の蜜からマッドハニーが作られます。

マッドハニーはネパールでは催淫効果のある媚薬として昔から利用されてきました。

マッドハニーとは?|②マッドハニーが高価の理由

マッドハニーは一般的に市販されている蜂蜜の10倍近い価格で販売されていますが、その理由として以下の3つが挙げられます。

マッドハニーが高値な理由

・特有のキマる効果がある
・採れる場所が限られている
・取るのが大変
・生産量が少ない

マッドハニーの採取作業は文字通り命がけで行われます。

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

HHCPMを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次