ラッパーOZworldのプロフィール|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

高校生ラップ選手権やフリースタイルダンジョンなど人気番組でその実力が認められてきたラッパーOZworld

ファーストアルバム「OZWORLD」でアーティスト名をR’kuma(レオクマ)からOZworld(オズワルド)と改め、その独特な世界観の表現を深めてきました。

2023年9月には3rdアルバム「SUN NO KUNI」をリリース。JP THE WAVY、ACE COOL、ralphなど数々のラッパーと楽曲作成を行い、ますますその存在に注目が集まるラッパーです

OZworldの経歴から、同郷沖縄出身の先輩Awichや唾奇との関係まで詳しくご紹介します!Check it out!
 

pucho henza

「OZworldは〇〇というコンプレックスを、△△で乗り越えた。」

目次

OZworldのプロフィール

アーティスト名OZworld
本名奥間玲央
年齢26歳(1997年11月17日 生まれ)
身長 
出身地沖縄県嘉手納町
拠点(レペゼン)沖縄
学歴八洲学園大学国際高等学校
所属レーベルI’M HAPPY Entertainment

OZworldのラップスタイル

独特でスピリチュアルな世界観、示唆に富んだリリックに確かなラップスキルが特徴です。

音楽のスタイルは様々に変えながらも、楽曲の中では一貫した主張を感じることができる点がOZworldの魅力です。

リリックは、イメージする世界観をイラストに描きながら書いて行くのだとか。

OZworldの名前の由来

OZworldは、以前はR’kuma(レオクマ)という名前で活動していました。

R’kuma(レオクマ)の名前の由来は、母親(奥間綾乃)のあだ名がアヤクマだったので、本名の奥間玲央を文字って名付けられています。2018年、OZworld(オズワルド)へと改名。

OZworldという名前は、今後の活動を考えていた際、自身の世界観にマッチした名前が突然降ってきたのだと名付けた瞬間を振り返っています

OZworldの足

OZworldは足にハンディキャップを抱えており、MVなどでは杖をついているシーンを見かけるかと思います。

自身の足について、OZworldは「生まれつき下半身の感覚がなく、今歩けていることが奇跡」と語っています。

以前は足の障がいにコンプレックスを抱いていたが、次第に誇りにさえ思えるような心境の変化があったというOZworld。楽曲「Compflex」では、「Complex(劣等感、引け目)」を「Flex(誇示、自慢)」する、そんな胸中と覚悟が描かれています。

コンプレックスをぶち壊したかったOZworldの人生

幼少期〜小学生時代

1997年、沖縄県嘉手納町で生まれる。
OZworldが生まれてすぐに両親は離婚。シングルマザーの家庭で育つ。
コンプレックスの多い小〜中学生時代を過ごす

高校時代

高校時代の友人にファッションや音楽を教えてもらい、ヒップホップと出会う。
高校1年生の時、クルーB-$OONを作り、ラップを始める。
第9回、10回高校生ラップ選手権に出場。
高校3年の2月に高校を退学、その後通信制の高校を卒業。

OZworldとして活動開始

2018年2月にリリースした、「畳 -Tatami-」以降OZworldとして活動。
1st アルバム「OZWORLD」リリース。
2020年には、I’M HAPPY株式会社を設立。自主レーベルで2ndアルバム「OZKNEEZ FXXED UP」をリリース。
2023年 9月アルバム「SUN NO KUNI」をリリース。

現在

沖縄県嘉手納町で生まれ育つ

沖縄県嘉手納町生まれ。OZworldが生まれてすぐ両親は離婚、シングルマザーの家庭で育ちました。

一人っ子だったOZworldは、ひとり遊びをして自分の世界に浸っているような子供でした。

離婚した父親とは6年前頃に一度会ったと言い、父親の親族には音楽をやっている人が多く、自身と共通するものがあったと語っています。

OZworldの母親は、那覇市議会議員の奥間綾乃です。

先輩にあこがれヒップホップを知る

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次