GeGのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

BASI、 唾奇、 VIGORMAN、 WILYWNKAを客演に迎えた最高にチルな曲「Merry Go Round」や、変態紳士クラブのプロデューサー兼トラックメーカーとしても知られるGeG

最近では、HIPHOPという枠を越えてさまざまなアーティストに楽曲を提供し、楽曲の総ストリーミング数は10億回を越えます。また、「Goosebumps Music」というレーベルを立ち上げ活動するなど、ソロとしても注目を集めています。

そんなGeGですが、華々しい経歴の裏には音楽での挫折がありました。彼の曲に込められた思いや、経歴を紐解くことでヒップホップをもっと楽しめること間違いなし!それでは早速 Check it out!
 

pucho henza

「GeGは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパーGeGのプロフィール

アーティスト名GeG(ジージ)
本名不明
年齢34歳(1989年11月25日 生まれ)
身長 不明
出身地兵庫県尼崎市
拠点(レペゼン)大阪
学歴音楽の専門スクール卒
所属レーベルGoosebumps Music


GeGは、兵庫県尼崎市で1989年に生まれ、現在は34歳です。

ジャンルレスユニット「変態紳士クラブ」プロデューサー兼トラックメーカーとしても活躍。自身が代表を務めるレーベルGoosebumps Musicを立ち上げるなど多方面にわたって活躍しています。

GeGのトラックスタイル

GeGメロウと呼ばれる。デジタルと生音を融合した、唯一無二のメロウなサウンドがGeGのスタイル

「超チル」といった基本的にメロウな曲しか作りませんが、ベースが強めで、踊れる曲が多曲が多いのも特徴です。

GeGも下記のように語っています。

「踊れる」音楽も超大好きで。だからベースがデカい(笑)たぶん俺の曲のベースを小さくしたら、ものすごく普通の音楽になっちゃうと思います。メロウだけど踊れるはずっとコンセプトですね。

FNMNL-【インタビュー】GeG 『Mellow Mellow 〜GeG’s PLAYLIST〜』|レゲエもヒップホップも大阪では遊び場は一緒

GeGの名前の由来

GeGの読み方はジージで、名前の由来を公言していません。

音楽プロデューサーを務める前はレゲエバンドをしており、その時はGOEMON(ゴエモン)という名前で活動していました。

キーボードから始まるGeGの人生

幼少期〜小学生時代

・兵庫県尼崎市に生まれる

中学時代

・REBELな精神を持ち中学に通わない生活を送る

音楽スクール時代

・キーボードを習いに音楽スクールに通う
・師匠である岩井ロングセラーに出会う。
・師匠の影響で、ブラックミュージックにはまる

レゲエバンド時代

・同世代でレゲエバンド「ANADDA REBEL」を結成
・WILYWNKA、VIGORMANと知り合う

プロデューサー時代

・ジャマイカとロサンゼルスに渡り、プロデューサーを志す
・WILYWNKA、VIGORMANと「変態紳士クラブ」を結成
・ソロデビューし、様々なアーティストに楽曲を提供する
・自社レーベル「Goosebumps Music」を立ち上げる

現在

兵庫県尼崎市に生まれる

GeGは兵庫県尼崎市で生まれ育ちました。

関西に愛着があるのか、現在も関西を中心に活動しています。

学校に通わない中学生活を送る

不良というわけではありませんが、学校にいく意味を見出せなかったGeG。学校に通わずロックをよく聞いていました。

世の中をおかしいと思うREBEL精神を持っていて、この時からおかしいことに声をあげる、レゲエにはまる素質を持っていました。

REBELとは反逆や反抗の意味があり、レゲエでよく使われる用語です。

中学卒業後、キーボードを習いに音楽スクールに通う

出席日数が足りず、高校に進学できなかったGeG。音楽への道をすすみキーボードを習いに音楽スクールに通います。

そこで講師として働いていた岩井ロングセラーに出会います。

16歳頃、ボーカルを目指していた時期がありましたが、鼻声のため諦めました。

師匠岩井ロングセラーの影響でレゲエにはまる

後に師匠と呼ぶほどの絆を結ぶ、GeGと岩井ロングセラー。

師匠からGeGはロック、テクノなど様々な音楽を教わりますが、一番はまったのはレゲエでした。

岩井ロングセラーは、BAGDAD CAFE THE trench townというレゲエバックバンドを務めていました。

同世代でレゲエバンド「ANADDA REBEL」を結成

レゲエにはまっていくGeG。同じ地元のTHUNDERというレゲエアーティストとバックバンド「ANADDA REBEL」を結成しました。担当はキーボード。

結成当初は音楽だけでは食えず、朝4時から7時までの駅の掃除や居酒屋のキャッチなどハードなバイトをすごすなど不遇の時期を過ごします。

ラッパーWILWNKAや、VIGORMANと知り合う

大阪ではレゲエとヒップホップの垣根がなく交流をしているため、自然と大阪の新世代ラッパーWILWNKAや、レゲエDeeJayのVGORMANと知り合いました。

当時はバンドをしていたこともあり、後に変態紳士クラブを結成するとは考えてもいませんでした。

ジャマイカとロサンゼルスに渡り、プロデューサーを志す。

25歳の時。バンドがうまくいってなかったGeGですが、気分一新して自分の好きな西海岸のスタイルや、レゲエの本場の音楽を聞きにジャマイカとロサンゼルスに渡りました。

現地制作スタイルや、音楽感覚を肌で感じ衝撃を受けたGeGは、プロデューサーを志します。

その時について下記のように語っています。

プロデューサーとトラックメイカーで役割が違うんですよ。一曲につきプロデューサー1人トラックメイカー3人居たりとかそんなLAの制作スタイルを見て「あ、俺がやりたいのはプロデューサーだ」って気づいたんです。別に自分だけでやらなくても良いんだなって気付いたんです!

FNMNL-【インタビュー】GeG 『Mellow Mellow 〜GeG’s PLAYLIST〜』|レゲエもヒップホップも大阪では遊び場は一緒

WILYWNKA、VIGORMANと「変態紳士クラブ」を結成

帰国したGeGはYard Vibes Bandのキーボード担当としてバンドを続けながら、プロデューサーとしての活動を始めます。

そのうち、様々な曲を作成していくGeG。

たまたまGeGが作成した曲を聞いたWILYWNKAとVIGORMANはインスピレーションを受け、GeGのところに押しかけてレコーディングが始まります。

ジャンルレスユニット「変態紳士クラブ」誕生の瞬間でした。

WILYWNKAとVIGORMANがインスピレーションを受けた曲はUGHHHHHです。

ソロデビューし、様々なアーティストに楽曲を提供する

GeGがプロデュースした変態紳士クラブの作品第一弾「ZIP ROCK STAR」がyoutube300万開再生を突破。注目のプロデューサーとして頭角を表します。

2019年に全てをプロデュースしたソロ1stアルバム「Mellow Mellow 〜GeG’s PLAYLIST〜」をリリース。

GeGの得意なメロウなサウンドをまとめたアルバムは、話題になり一気に注目度をあげ、以降は、様々なジャンルのアーティストに楽曲を提供し、多方面に渡って活躍します。

自社レーベル「Goosebumps Music」を立ち上げる

2022年には自身が代表を務めるレーベル「Goosebumps Music」を立ち上げ。名実ともに人気の音楽プロデューサーの地位を不動のものにします。

現在も精力的に活動を続け音楽業界を盛り上げ続けています。

GeGの人気曲は?

GeGの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

GeGの人気曲①「GeG / EDEN feat. にしな, 唾奇 」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次