TOKONA-Xのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

名古屋を拠点として活躍し、日本のHIP-HOP史上最高のラッパーとしての呼び声も高いTOKONA-X

2004年に亡くなった後もなお日本のHIP-HOPシーンに強い影響力を与え続けているTOKONA-Xはいったいどのようなラッパーだったのでしょうか。

TOKONA-Xの名前を知ってはいるけれど、その人となりなどについて詳しく知らないという人も多いですよね。いったいTOKONA-Xは何が凄くて、どのような魅力が未だにヘッズを魅了し続けているのでしょう。

彼の経歴やラップに込められた思いを知ることで、今のHIPHOPをより深く楽しめることは間違いありません。今回は日本のHIP-HOP史上でも最高クラスのレジェンドラッパーTOKONA-Xについて紹介していこうと思います。それでは早速ceck it out!
 

pucho henza

「TOKONA-Xは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

TOKONA-Xのプロフィール

アーティスト名TOKONA-X
本名古川 竜一
年齢享年26歳(1978年10月20日 生まれ)
身長 不明
出身地神奈川県横浜市
拠点(レペゼン)愛知県
学歴私立高校中退
所属レーベルDef Jam Japan


愛知県レペゼンのイメージが強いTOKONA-Xですが、意外にも出身は神奈川県横浜市です。

横浜市に生まれたTOKONA-Xは家庭の事情で愛知県に転居し、そこで出会ったHIPHOPで日本最高のラッパーと呼ばれるようになっていきます。

そんなTOKONA-Xは2004年の11月22日に26歳という若さで亡くなっています。

TOKONA-Xのラップスタイル

TOKONA-Xのラップスタイルとして特徴的なのが、自身の活動拠点でもある名古屋への思いを込めたラップが多いというところです。楽曲の中のリリックのいたるところから、東京のシーンに負けない名古屋のスタイルを発信し続けたいという思いを感じ取ることができます。

後は何といっても、TOKONA-Xにしか出すことができない特別感やオンリーワン感が、今なお人々を魅了し続ける理由でしょう。また、彼の作る曲にはTOKONA-Xにしかできないリリックや声の出し方、グルーブ感や迫力を感じることができます。

壮絶な人生を経験したTOKONA-Xが、常にリアルを語り続けるリリックにくらうというヘッズも多く、まさに唯一無二の魅力を持ったラッパーがTOKONA-Xなのです。

TOKONA-Xの名前の由来

TOKONA-Xの名前の由来となっているのは、中学校入学時から住み始めた愛知県常滑市(とこなめし)です。

このようなこともあり、古くからTOKONA-Xを知るラッパーの中には、TOKONA-Xのことをトコナメと呼ぶ人もいます。

仲間外れから始まるTOKONA-Xの人生

幼少期〜小学生時代

神奈川県横浜市に生まれる

中学時代

母親の逮捕をきっかけに愛知県常滑市に転居
腕っぷしにものをいわせ、いわゆる不良学生として中学生活をおくる

高校時代

私立高校に入学するが中退
名古屋市のレコード店groove!でラップに出会う

高校中退後

刃頭(ハズ)と共に伝説のユニットILLMARIACHI(イルマリアッチ)を結成
さんぴんCAMPの前座としてマイクを握り、全国に衝撃を与える
Equal、AKIRAと共にMaster Of Skillz(マスターオブスキルズ)を結成
1998年に結婚し、2000年に娘が誕生する
グループ名をMaster Of SkillzからM.O.S.A.D.(モサド)に変更
2004年に死去(死因は熱中症に伴う体力の定価による心停止)

死去後

DJ RYOWを中心にTOKONA-Xの楽曲が数多くリミックスされ、現在のアーティスト多数と共演

現在

横浜市に生まれる

TOKONA-Xは1978年に神奈川県横浜市に生まれました。女好きだったという父親と母親に育てられ、一人っ子だったというTOKONA-X。

しかしTOKONA-Xが小学生だったころ、彼の母親は薬物関連の犯罪を起こし、警察に捕まってしまいます。

中学生入学と同時に愛知県に転居

母親が警察に捕まってしまったTOKONA-Xは生まれ育った横浜を離れ、父親の実家があった愛知県常滑市に転居することとなったのです。

愛知県の中学校に通い始めたTOKONA-Xですが「横浜から来た」という理由で仲間外れにされ、孤独な毎日を送っていました。

父親は再婚し義理の弟も出来たそうですが、その父親が体を壊してしまい、生活も苦しかったという当時。TOKONA-Xは、自身の境遇に不満を持ち、腕っぷしにものをいわせ、力ずくで仲間を増やしていきます

ちなみにTOKONA-Xの悪さは横浜に住んでいた小学校の頃から有名だったそうで、たまたま隣町に住んでいたオジロザウルスのマッチョは「リュウと呼ばれてた有名な男がいた、それがTOKONA-Xだった」とラップしています。

高校生時代にHIPHOPと出合う

中学を卒業し、私立の高校に通い始めたTOKONA-X。その後すぐに高校は中退してしまうのですが、TOKONA-Xはこの高校時代、人生を大きく変える出会いを経験することになります。

それが、名古屋に合ったレコード店「groove!」でのHIPHOPとの出会いでした。

HIPHOPのカッコよさに痺れたTOKONA-Xはそれから、日本、海外を問わずHIPHOPを聞きまくり、その音楽性を深めていきます。

刃頭と出会いラッパーとしての才能を開花させる

HIPHOPを聞きあさっていたTOKONA-Xは徐々にリスナーとしてでなく、ラッパーとして成り上がりたいと考え始めるようになります。

ラッパーとして成り上がるための方法を模索していたTOKONA-Xは、当時名古屋を拠点に新レーベル「音韻王者REC.(オーティノージャー・レック)」を立ち上げた刃頭の存在を耳にし、すぐさま自分で録音したデモテープを送り付けました。

TOKONA-Xのデモテープを聞いた刃頭は「ズバ抜けてカッコいいやつがいた」と衝撃を受けたそうです。さらに幸運なことに同じタイミングで東京のラッパーECDから刃頭に伝説のHIPHOPライブ「さんぴんCAMP」への参加オファーが届きます。

元々は刃頭と活動を共にしていたTWIGIも含めたECDのオファーでしたが、TWIGIはこのオファーを蹴り、海外に遊びに行くことにします。

そこで刃頭は「それなら名古屋の活きがいいやつと出よう」とTOKONA-Xと共にさんぴんCAMPへの出演を承諾したそうです。

さんぴんCAMPで衝撃のライブをし、全国に名を轟かせる

刃頭と共にさんぴんCAMPへの出演が決まったTOKONA-X。

イベント当日になるまでユニット名すら決まっていなかったそうですが、さんぴんCAMP開催の朝、TOKONA-Xの提案でユニット名をILLMARIACHI(イルマリアッチ)とすることが決まります。

さんぴんCAMPの前座としてマイクを握った17歳のTOKONA-Xは開口一番「名古屋だがや!」と叫び、渾身のラップを披露。

当時観客席でTOKONA-Xのライブを見た横浜のラッパーサイプレス上野も「とにかくカッコいい。ものすごい東京とかを煽って。会場が盛り上がったっていうのは覚えてるんですね。すげーの出てきたな!みたいな」と当時を振り返っています。

TOKONA-Xは若くギラギラとした独特の迫力を全面にむき出しにしライブを続けます。

その内容は東京を中心に進んでいくHIPHOPシーンに対するアンチテーゼを含んだものであり、名古屋にもヤバいラッパーがいると主張するようなものでした。

このさんぴんCAMPのライブを境にTOKONA-Xの人生は一変していきます。

ラッパーとして華々しくデビューし、数々の作品を残す

さんぴんCAMPの衝撃そのままの勢いで、レコード会社と契約を結ぶことになったTOKONA-X。ILLMARIACHIでは「荒療治/TOKONAIZM」を初めとする3本の作品を発表し、全国にTOKONA-Xの名を広め始めます。

その後、ILLMARIACHIとの契約を終えたTOKONA-Xは1996年、昔からの仲間であるEqualやAKIRAと共にMaster Of Skillzという3MCユニットを結成。

ちなみにMaster Of Skillzは1998年に名前をM.O.S.A.D.に変更しています。

このように名古屋の地から日本を代表するラッパーとして君臨するようになっていったTOKONA-X。

そんなTOKONA-Xにアメリカから日本に進出してきたばかりの超メジャーレーベル「Def Jam」からオファーが届くことになります。

当時このDef Jam Japanと契約をしたのはTOKONA-Xの他にNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのDABOとS-WORDの2人だけでした。

TOKONA-XはこのDef Jam Japanからアルバム「トウカイXテイオー」と伝説的なシングル「知らざあ言って聞かせやSHOW」を発表

当時のヘッズたちからの評価は凄まじく、この作品でTOKONA-Xは日本最高のラッパーとして数えられるようになっていきます。

2004年に突然の死去

超大手レーベルDef Jam Japanと契約をし、2枚目のアルバムの発表が待ち望まれた2004年11月22日、当時のネット掲示板に「TOKONA-Xが死んだらしい」という情報が流れ始めます。

当時はSNSもそれほど使われておらず、公式での発表も遅れたことからネット掲示板は一時騒然。

『ECDが「やばいものを掴まされたらしい」』と言っていたなどの不確定情報が溢れ、当時のヘッズたちは掲示板に張り付いて最新情報を集めようとしていたそうです。

そんな中TOKONA-Xが所属するDef Jam Japanから「熱中症による体力低下で心肺停止でTOKONA-Xが亡くなった」という公式発表が出されました。

この突然の訃報にラッパーのDABOは「すぐには泣けなかった。頭が真っ白になってそれどころじゃなかった」と語っています。

26歳という若さで大手レーベルと契約を結び、これからさらなる活躍が期待される中での急逝は、日本語HIPHOPシーンにとって痛すぎる損失でした。

TOKONA-Xの死後は、TOKONA-Xと活動を共にしていたDJ RYOWを中心にTOKONA-Xの曲をリミックスする動きが出始めます。その結果、同年代の般若やZeebra、近年のHIPHOPブームの最先端を走るR-指定やAK-69など数多くのラッパーがTOKONA-Xと共演

TOKONA-Xの曲と存在は、現在も日本語HIPHOPシーンに大きな影響を与え続けています。

TOKONA-Xの人気曲は?

TOKONA-Xの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

TOKONA-Xの人気曲①「知らざあ言って聞かせやSHOW」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次