ラッパーWatsonのプロフィール紹介|壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで紹介!

ralphJUMADIBAとの楽曲「Get Back」や、03-performanceの最初の出演者に抜擢されるなどHIPHOPシーンに突如として現れた新星ラッパーWatson(ワトソン)

最近では、SEEDAとコラボした楽曲「高所恐怖症」が話題を呼びました。
他にも、RedBullマイクリレー「RASEN」に出演するなど、若手ラッパーのなかでもひときわ存在感を放っています。

順風満帆と思えるWatsonですが、実は現在に至るまでにさまざまな葛藤を乗り越えてきました。
この記事を読めばWatsonのラップをもっと楽しめること間違いなし!Check it out!
 

pucho henza

「Watsonは〇〇を受け入れて、△△というラップスタイルで乗り越えた。」

目次

ラッパーWatsonのプロフィール

アーティスト名Watson(ワトソン)
本名勇斗(ゆうと)
年齢23歳(2000年2月22日 生まれ)
身長 推定174cm
出身地徳島県小松島市和田島
拠点(レペゼン)
学歴通信制高校卒業
所属レーベル

Watsonの読み方は「ワトソン」で、後輩からは「ワトソンくん」と呼ばれ慕われています。

Watsonのラップスタイル

Watsonのラップスタイルは、自分に忠実でいることにこだわりを持ち、リアルなリリックで表現されています。Watsonの魅力の一つでもある「悪い事やってる奴がカッコいいという価値観」を覆すようなラップは、若手ラッパーからの支持を集めています。

また、ラッパーZORNKOHHに大きく影響を受けていて、ZORNの「リリックは好きなことを書けばいい」という言葉を大事に、大きく見せない等身大の自分を表現しています。

Watsonの歌詞に「カーチャン」「にいに」など自分の身の回りの人物がよく登場することも、ZORNの影響なのかもしれません。

Watsonの名前の由来

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次