ラッパーKOHH(千葉雄喜)が凄すぎる!その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

宇多田ヒカルの「忘却」にラッパーとして参加するなど、数々の名曲を生み出すも惜しまれつつ引退したラッパーKOHH

2022年にKOHH名義でのアルバム『The Lost Tapes』をリリースして以降音楽シーンに姿はありませんでしたが、2024年春に突然、千葉雄喜名義で「チーム友達」を突如リリースして話題となっています。

壮絶な生い立ちを綴ったストレートなリリックが人気のKOHHは、BAD HOPや般若などと日本のヒップホップシーンをけん引してきました。

そんなKOHHですが、華々しい経歴の裏には幼少期からの辛い経験がありました。彼のリリックに込められたストレートな思いを経歴から紐解いていきましょう!それでは早速 Check it out!
 

pucho henza

「KOHHは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

KOHH(千葉雄喜)のプロフィール

アーティスト名KOHH(コー)
本名千葉雄喜
年齢34歳(1990年4月22日 生まれ)
身長176cm
出身地東京都北区王子
拠点(レペゼン)東京都北区王子
学歴中卒
所属レーベルGUNSMITH PRODUCTION


東京都北区王子で生まれたKOHHは、その後も拠点を変えずに活動を続けています。

地元では「Dogs」という服の販売店舗も経営しており、地元への愛が強いのが特徴です。

KOHHのラップスタイル

KOHHのラップは聴き取りやすいストレートなリリックで知られ、韻も最後の一文字しか踏まないシンプルなラップスタイルです。

しかし、そのシンプルなスタイルにもかかわらず、KOHHの歌詞はリアリティに満ちており、何度も聴きたくなる魅力的なフロウを持っています。率直な表現と共感を呼ぶストーリーテリングによって、多くのリスナーの心を捉えています。

KOHHの名前の由来

KOHHの名前の由来は、2歳の時に亡くなった韓国人の父親である「黄達夫(こう・たつお)」からきています。彼は父親の「黄」を取り、その意味や尊厳を表現するために名前に取り入れました。

KOHHが使用している「T2O」の別名は、「達夫(たつお)」の当て字であり、彼の父親への思いを象徴しています。

父の死から始まるKOHHの人生

幼少期小学生時代

・2歳のときに父親が他界
・母親は精神を病んで薬物中毒に
・小学校4年生でキングギドラに衝撃を受ける

中学生時代

・MonyHorseにラップを教える

運送会社時代

・18歳のときに本格的に曲作り開始
・クリエイティブ・ディレクター兼プロデューサー「318」との出会い

KOHH時代

・2014年デビューアルバム「MONOCHROME」
・2015年アルバム「梔子」でブレイク
・2020年1月引退を表明

千葉雄喜時代

・2024年2月から本名で音楽活動開始
・本名名義で「チーム友達」をリリース

現在

2歳のときに父親が他界

KOHHは、韓国人の父親と日本人の母親のもとに生まれました。しかし、2歳の時に父親が突然他界

この悲劇的な出来事はKOHHと母親にとって大きな衝撃であり、特に母親は精神的に追い込まれ、最終的に薬物中毒者となります。当初、父親の死因は交通事故とされていましたが、後に祖父から薬物によって亡くなったことを知らされることになりました。

この過程でKOHHは苦しみと喪失を経験し、これらの出来事は彼の人生と音楽に深い影響を与えることになります。

小学校4年生でキングギドラに衝撃を受ける

小学校4年生の頃、KOHHは辛い出来事が続いた中、手に取ったのはキングギドラのCDでした。この時、彼はキングギドラの辛辣な歌詞が自身に起きたさまざまな出来事と共鳴し、衝撃を受けることになります。

キングギドラの曲は、社会や個人の問題に対する鋭い観察力と、そのリアリティに満ちた歌詞で知られているヒップホップグループです。そのため、KOHHは自身の経験とキングギドラの歌詞との間で共感を覚えることになるのです。

クリエイティブ・ディレクター兼プロデューサー「318」との出会い

KOHHは18歳の時、転機を迎えました。プロデューサーの理貴との出会いをきっかけに、彼とレコーディングを行い、その音源をミックステープとしてインターネット上で公開します。

ミックステープの反応をSNSで見ている中、地元が同じ318(高橋良)とコンタクトを取ることに成功。318はKOHHの熱意に感銘を受け、彼のレコーディングを手伝うようになりました。

318のアドバイスとサポートによって、KOHHはラッパーとしての才能を開花させていきます。この出会いは、彼の音楽キャリアで大きな意味を持ち、その後の成功につながる重要なきっかけとなりました。

2014年デビューアルバム「MONOCHROME」

2014年、KOHHは待望のデビューアルバム「MONOCHROME」をリリース。その翌年、本来デビューアルバムとしてリリースする予定だった「梔子」もリリースされました。

このアルバムには、高田純次から発想を得て作成された「JUNJI TAKADA」という曲が収録され、大きなブレイクを果たします。また、KOHHの脱力したラップが、彼の人気をさらに加速させる要因となりました。

このアルバムは、KOHHの独自のスタイルと才能を示すものとして、ファンや批評家から高い評価を受けました。

2020年1月引退を表明

2020年1月、KOHHは引退を表明。その引退理由は、プロデューサーの318との何気ない会話から生まれました。コロンビアとの契約上のアルバムがリリースされ、その後の進路について話し合った際、318から「何もないのであれば、引退ってどう?」と聞かれ、「いいですね」と答えたことが引退の決意につながります。

彼は自身の音楽活動を一旦終了とし、新たな方向性を模索することを決断しました。この引退宣言は、KOHHのファンや音楽業界に大きな衝撃を与え、彼の音楽活動に幕を下ろすこととなります。

2024年2月から本名で音楽活動開始

2024年2月、KOHHは本名の千葉雄喜名義で音楽活動を開始。彼はこの名前で「チーム友達」という楽曲をリリースし、そのリリース当日にはXでトレンド入りを果たします。

この楽曲のMVでは、日本全国から集結したチーム友達とおぼしきメンバーが登場し、不穏なビートに乗せて曲名を何度も叫ぶシーンが印象的です。また、ラッパーのZORNもこのMVに登場し、話題を呼びました。

KOHHが本名で音楽活動を開始したことで、彼のファンや音楽業界に新たな興奮が生まれることになるのです。

KOHHの人気曲は?

KOHHの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

KOHHの人気曲①「チーム友達」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次