ラッパー7のプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

SNSで話題のアンサーソング「Rice Spice」や、オーディション番組「ラップスタア誕生 2023」のファイナリストでも知られるラッパー7

オリエンタルなファッション、強烈なバックボーン、独特の発声方法、優れたリリックなど全てにおいて完成度の高い新世代ラッパーです。

また、ラップを初めてわずか2年でEP「7-11」を出すなど、驚異的なスピードで楽曲をリリース。いま最も勢いのあるラッパーといっても過言ではありません。

そんなラッパー7ですが、華々しい経歴の裏には様々な苦悩がありました。彼女の曲に込められた思いや、経歴を紐解くことでヒップホップをもっと楽しめること間違いなし!それでは早速 Check it out!
 

pucho henza

「7は〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパー7のプロフィール

アーティスト名7(なな)
本名七星
年齢22歳(2001年 生まれ)
身長 不明
出身地和歌山県海南市
拠点(レペゼン)和歌山
学歴高卒
所属レーベルBLACK BOX

7は、2001年に和歌山県海南市で生まれ、現在の年齢は21歳です。

和歌山で活動を始め、現在も和歌山を拠点に活動しています。

7のラップスタイル

あえて発音を崩した「マンブルラップ」と秀逸なリリックが特徴

特に現代社会の風景を、時に厳しく、時に優しく、ユーモアも交えながら直感的に伝えるリリックは中毒性が抜群です。

シリアスとポップの要素が混在する独特なラップスタイルは、彼女のファッションやビートも相まってどこかスター性を感じさせます。

7の名前の由来

7の名前の由来は本名である「七星」からきており、プロデューサーである、Homunculu$が名付けました。

最初は友達に「スーザンボイルみたいに歌がうまい」と言われたことをきっかけに「BOyLE」という名前で活動していました。

そのため、人によっては「ななぼいる」や「ぼいる」と呼ばれたりすることがあるようです。

サッカーから始まる7の人生

幼少期〜小学生時代

和歌山県海南市で生まれる
兄の影響でサッカーを始める・週一でピアノを習い音楽に親しむ

中学時代

中学後半から体格差に限界を感じ、サッカーを断念

高校時代

サッカーを辞めギャルに友達と遊ぶ生活を送る
ヒップホップをよく聴き始める

社会人時代

服屋に務めるも1か月半で退職

ニート時代

Awich のライブ映像に衝撃を受け、ラッパーを志す
友達pornoの後押しで本格的にラッパーへ

ラッパー時代

プロデューサーHomunculu$に出会い、1stEP「7-11」をリリース
アンサーソング「Rice Spice」が話題に
ラップスタア誕生2023のファイナリストに選ばれる
BLACK BOXに所属し、和歌山を拠点に活躍中

現在

和歌山県海南市、三兄弟の長女として生まれる

7は和歌山県海南市に三兄弟の長女として生まれました。

和歌山市との境に家があり、近くには有名なラブホがあるそうです。

兄の影響でサッカーを始め、週一でピアノを習う

7は兄の影響でサッカーを始め、小学生の夢はなでしこJAPANかサッカーのコーチと語るほど、熱中していました。

また、小さい頃から週一でピアノ教室に通い、音楽に親しむなど活発な幼少期を過ごしていました。

体格差に限界を感じ、中学でサッカーを断念

小学生から続けていたサッカーですが、体格差に限界を感じ、熱中していたサッカーを中学校で断念することに。

この頃から少しずつヒップホップやR&Bなどジャンルを問わず音楽を聞くようになりました。

高校時代はギャルとして友達と遊ぶ生活を送る

高校に進学した7はサッカーを辞めてギャルに。カラオケに行きまくったりと友達と遊ぶ高校生活を送ります。このころからヒップホップをよく聞くようになりましたが、ラッパーになるとは夢にも思ってもいませんでした。

また、高校の同級生にラップスタア誕生2020で活躍する「TOFU」がいました。

当時は仲良しグループの仲の1人ということで特に仲が良いというわけではなかったそうです。

服屋に務めるも1か月半で退職

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次