chelmicoのプロフィール紹介|2人の生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

一躍脚光を浴びた「Easy Breezy」や、日本郵政、爽健美茶など数々のCM曲を手掛けていることで知られ、
Rachel(レイチェル)とMamiko(マミコ)からなる女性2人組で結成されたラップユニットchelmico

「無理をせず自分たちが楽しむこと」を大事にしている彼女たちの、聴いていて心地いい楽曲や、
2人のキュートなルックス、おしゃれなファッションなどが、全国的にムーブメントを巻き起こしています。

2018年ワーナーミュージック・ジャパンのunBORDEで、ラッパーとしてメジャーデビューを果たし、
ライブ活動や楽曲リリースと並行して、テレビ番組出演、ラジオMCなど幅広く活動しています。

chelmicoの躍進は、とどまることを知りません!
ラッパーchelmicoの結成秘話や、彼女たちの魅力に迫っていきます。それでは、Check it out!
 

pucho henza

「chelmicoは〇〇という葛藤を、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパーchelmicoのプロフィール

アーティスト名chelmico(ちぇるみこ)
本名Rachel 渡賀レイチェル (わたしがれいちぇる)
Mamiko 鈴木真海子    (すずきまみこ)
年齢Rachel  30歳(1993年7月4日 生まれ)
Mamiko 27歳(1996年6月26日 生まれ)
身長 Rachel 173㎝
Mamiko 162㎝
出身地Rachel 神奈川横浜市
Mamiko 東京都あきる野市
拠点(レペゼン)
学歴Rachel  高校卒業
Mamiko 高校卒業
所属レーベルワーナーミュージック・ジャパン unBORDE


Rachelは、1993年に神奈川県横浜市で生まれた 29歳。
Mamikoは、1996年に東京都あきる野市で生まれた26歳。

生まれた場所も年齢も異なるふたりが、どのように運命的な出会いを果たしラップユニット結成に至ったのか。徐々に明らかにしていきましょう!

chelmicoのラップスタイル

chelmicoのラップスタイルは、ハードさや威圧感をあたえないフロウが、心地よく弾むビートに溶けていくような、ゆるさのあるラップが特徴です。

気取らない2人のありのままを表現したリリックは、聴き手の張り詰めた心も溶かし、リラックスさせます。

彼女たちに共通している「純粋に好きなラップを楽しみたい」という想いから、
等身大の自分を表現し無理をしないのが、chelmicoのラップスタイルとなっています。

chelmicoの名前の由来

chelmico」は、「チェルミコ」と読みます。Rachel(レイチェル)とMamiko(マミコ)によるラップユニットということで、お気づきの方もいるかとおもいますが・・・

chelmicoは、Rachelの「chel」とMamikoの「miko」をとって合わせたというのが名前の由来です。お笑いコンビのような軽いノリでつけたそうです。

なんとも彼女たちらしい名前の由来ですね。
軽いノリでつけたといえども、彼女たちの自然体でキュートな印象をより引き立ててくれる可愛らしいユニット名ですし、やはりもともと優れたセンスの持ち主なのでしょう。

運命的な出会いから始まるchelmicoの人生

幼少期〜小学生時代

2人は、横浜と東京の田舎という全くちがう環境で生まれ育つ。

中学時代

2人とも控えめな学生だった。

高校時代

2人ともありのままの自分を素直に出せず、高校生活を過ごした。

2人が出会う

共通の友達にモデルとして呼ばれ、撮影現場でRachelとMamikoは初対面する。
Rachelの誘いで「chelmico」を結成し、ステージでラップを初披露する。

Mamiko大学退学~ラッパーchelmicoとして本格的に活動

Mamikoは、chelmicoとしてラッパー活動を続けながら大学に進学するも、半年で大学を辞める。
2015年、2人で作詞作曲した「ラビリンス’97」をリリース。
2016年、1stアルバム「chelmico」リリース。
同年、ワンマンライブをきっかけに、数々の有名企業のCMソングを手掛ける。

ラッパーデビュー後

2017年デビューアルバム「POWER」リリース。Mamikoのソロ活動もはじまり「鈴木真海子」として楽曲リリース。
2018年unBORDEよりメジャーデビューを果たす。
Rachel結婚&妊娠発表。
2022年4thアルバム「gokigen」リリース。

現在

Rachelの幼少期

Rachelは、神奈川県横浜市で生まれ、家族が解散して孤児院で育ったことを明かしています。

家族関係について、あまり多くは語られていませんが、幼少期の母親との楽しい思い出は、色濃く彼女の心に残っているようです。

音楽に関して母親の影響が一番大きいそうで、幼いころから当時の流行りのヒットチャートを教えてもらい、一緒に聴いていたそうです。

Rachelは、低学年のころ友達が少なくいつも本を読んでいました。小4になると近所のお姉さんの家で、はじめてRIP SLYMEを聴いて彼らのかっこよさに衝撃を受けます。そこから、ラッパーというジャンルにハマっていき、リップ好きの友達と一緒にラップをしながら下校したこともあったそうです。

中学に入ると、ASIAN KUNG-FU GENERATIONに出会い、ロックやパンクにも興味を持ちます。友達とコピーバンドを組みアジカンをコピーしたり、自分で作詞作曲をしてみたり、とことん音楽と向き合う時間を楽しみます。

高校でも、ロックやパンク熱は冷めやらず「パンク以外の曲はゴミだ」「流行りのポップを聴くようなやつに自分の精神性はわからない!」と、教室でずっとノートに絵を描いて過ごします。

mamikoの幼少期

mamikoは、東京都あきる野市で生まれます。幼いころから、あまり感情を表に出さない、控えめな性格だったそうです。年が離れた兄2人の趣味である音楽やお笑いなど、同世代の子がまだ知らないような事を兄たちから教わり、存分に影響を受けて育ちます。

Mamikoは、兄たちから音楽やカルチャーを教わり、同じくRIP SLYMEに衝撃を受けます。その後ラップやサブカルバンドを好んで聴いていました。

学校は、大学までエスカレーター式で「基本的に普通が正義」という風潮があったため、波風を立てないよう周りと意見を合わせ、同世代の女子とは一風変わった自分の音楽を友達に共有することはありませんでした。

帰宅部だったため家に帰ってから、家族間で趣味を存分に楽しんで過ごしていたそうです。高校に入ってからは、友達とカラオケに行っても恥ずかしくてラップは歌えず、友達に合わせて流行りのヒットチューンを歌っていました。

2人の運命的な出会い

ここまで別々の人生を歩んできた2人ですが、とある撮影現場にモデルとして呼ばれ、その現場で、RachelとMamikoが運命的な出会いを果たすことになります。

なんとその現場に2人を呼んだのは、お互いの共通の友達だったそうです。

2人は人見知りだったため、2回目の現場に呼ばれたときにお互い「RIP SLYME」が好きだということがわかり一気に意気投合し、よく遊ぶようになります。

Mamikoは、Rachelと行ったカラオケではじめてラップを歌ったといいます。

ラッパーの道に進むまでのそれぞれの葛藤

Rachelは、高校卒業あたりからプライベートが大変な状況に陥り、音楽から離れた生活を送ります。そのなか、講談社主催の女性アイドルオーディションを受け「ミスiD」に選出されます。

Twitterで「ラッパーになりたい」と冗談で投稿すると、その投稿がミスiDオーディション主催者の目にとまり、「シブカル祭でラップをしてほしい」と依頼されます。

さらに、その当時好きだった人に「Rachelはラップをやったほうがいいよ」と言われ「好きな人に言われたらラップやるしかない!」と俄然彼女の心にヤル気がみなぎります。

そのころMamikoは高校3年生、写真や映像が好きで、美大進学を視野に入れ受験勉強に励みます。しかし、「本当に大学に行きたいのかな?」という自問や、正しいレールにのることへの反発心が生まれ、悶々とした葛藤の日々を送ります。

そこで、Rachelからの「一緒にラップをしよう!」という誘いがきます。Mamikoは、一度断るも「すべてをぶち壊したい!」というやけくそな気持ちがあり、悩んだ末にその誘いを受けることにします。

そして、一度きりと決めてラッパー「chelmico」を結成。2014年、渋谷パルコで開催された「シブカル祭」の舞台でラップを初披露します。2人のパフォーマンスは思いのほか好評で、その後もライブのオファーがあとを絶ちません。

chelmico結成からの快進撃

chelmico結成の翌年の2015年から、インターネット上で自主制作した曲「ラビリンス’97」を発表するなど、着実に活躍の幅を広げていきます。

ラッパー活動を続けながら大学に進学したMamikoは、母親に反対されつつもRachelと本格的にラッパーとして活動する決意をし、半年間の大学生活に終止符を打ちます

ワンマンライブの開催をきっかけに、2016年頃から一気に注目を集め、chelmicoの人気はラッパー界にとどまらず、さまざまなジャンルでも評価されます。

数々の有名企業(日本郵政、三越伊勢丹、レオパレス21、AOKI、ビオレ、爽健美茶など)のCMソング制作および出演の依頼も舞い込みました。

メジャーデビュー

2018年、アルバム「POWER」をリリースし、ワーナーミュージックジャパン「unBORDE」よりメジャーデビューを果たします。このアルバムは、ハマ・オカモトなかやまきんに君U-zhaanPARKGOLFなど数々の有名アーティストが参加しています。

chelmicoデビュー後は、テレビドラマや、アニメ、映画などのタイアップ曲の制作など、多方面から楽曲制作に携わるようになります。ラジオやテレビ番組の出演も増え、彼女たちのルックスや人柄が世間に露わになり、全国で爆発的な人気を得ていきました。

また、Mamikoは本名の「鈴木真海子」として楽曲をリリースするなど、ソロでのラッパー活動も精力的に行っています。おしゃれでメロウな曲調に、彼女の得意とする滑らかなラップが魅力的です。

2021年3月には、Rachelの結婚妊娠の報告とMamikoの一言が、Twitterに投稿され話題になります。おめでたく微笑ましい報告とともに、当時のコロナ蔓延を受け混乱する人々を気遣ったRachelのやさしさが伺える言葉で締めくくられました。

chelmicoの人気曲は?

chelmicoの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

chelmicoの人気曲①「Easy Breezy」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次