Masato Hayashi(Pablo Blasta)のプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

DJ CHARI & DJ TATSUKIの「ビッチと会う」がバイラルヒット。
フューチャリングしていたMasato Hayashi(当時Pablo Blasta)も一躍時の人となりました。

2021年に改名、Masato Hayashi名義でニューシングル「やるしかねえ」をリリース。
Pablo Blasta時代に参加した楽曲、ELIONEの「 此処ニハナイ」以来の ELIONE & CHICO CARLITO とのフューチャリングで注目を集めています。

近年、再び活躍の波に乗っているMasato Hayashi。
そのアウトローな経歴や、人気の楽曲など詳しくご紹介していきます!Check it out!
 

pucho henza

「Masato Hayashiは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパーMasato Hayashi(Pablo Blasta)のプロフィール

アーティスト名Masato Hayashi(Pablo Blasta)
本名林 雅人
年齢
身長 
出身地八王子市
拠点(レペゼン)
学歴通信制の高校
所属レーベル

Masato Hayashi(Pablo Blasta)のラップスタイル

Pablo Blasta時代は、自身のアウトローな経験を赤裸々に表現するリリックが特徴的でしたが、Masato Hayashiとしての楽曲は、過去や自身と向き合う内省的かつ決意や覚悟を滲ませるようなリリックが印象的です。

活動の主軸は楽曲制作ですが、ライブでのパフォーマンスにも定評があり、「ライブは得るものが大きい」とも語っています。

Masato Hayashi(Pablo Blasta)の名前の由来

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次