ラッパーSAM(舟平)のプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

栃木押印伝道師」の愛称でも知られている通り、バースの中に韻を散りばめるスタイルがウリの実力派ラッパーSAM(舟平)

相手のラップに対する的確なアンサーをしながら韻を踏みまくる高いラップスキルが特徴的なSAMですが、楽曲ではスタイルを一変させ、哀愁漂う人間味のあるラップでヘッズ達の人気を集めています。

端正な顔立ちやスタイリッシュなファッションで女性ヘッズ達からの人気が高いことに加え、数々のバトル大会を制してきました。

しかし、その成功の裏側にある苦悩や葛藤を知る人は少ないのではないでしょうか。SAMの経歴を知り、彼の曲に込められた思いや経歴を紐解くことでHIP-HOPをもっと楽しめることは間違いなしですよね。それでは早速 Check it out!
 

pucho henza

「SAMは〇〇という困難を、△△で乗り越えた」

目次

ラッパーSAMのプロフィール

アーティスト名SAM(舟平)
本名三浦 舟平(みうら しゅうへい)
年齢29歳(1994年11月15日 生まれ)
身長 173㎝
出身地埼玉県所沢市
拠点(レペゼン)栃木県宇都宮市
学歴中卒
所属レーベルPer Life


栃木県宇都宮市レペゼンの印象が強いSAMですが、実際に生まれたのは埼玉県所沢市だそうです。

とはいえラップを始めたのは栃木県に住み始めてからのため「SAMの出身地は栃木県です」と語っています。

SAMのラップスタイル

SAMのラップスタイルの特徴は何と言っても淡々と韻を踏みまくるライムスキルの高さ

熱さに身を任せ、バイブスの高さだけでバトルを突破することは少ないですが、淡々としたラップの中に確かな情熱を感じることもできる熱い一面も持ったラッパーです。

SAMの名前の由来

SAMは本名である「三浦舟平」のイニシャル「S.M」の間に「A」を足し、繋げて呼んだことに由来するとインタビューで語っています。

元々サイファーなどフリースタイルでラップをすることはあったようですが、栃木県を拠点に活動するMastaQuenchのマチネと知り合いライブをするようになって以降、あいまいだったMCネームを決めようと思い、2015年の夏ごろからSAMと名乗り始めたそうです。

ホームレスから始まるSAMの人生

幼少期〜小学生時代

埼玉県所沢市に生まれる

中学時代

般若のラップを聞き、HIPHOPに興味を持ち始める
高校受験の期間中、他校の生徒と喧嘩をして捕まり、受験を受けられず働く決意をする

中学卒業後

建設系の会社に就職
CIMAのラップを聞きバトルを見始める
働いていた会社にいた先輩の影響でバトルをし始める
親に迷惑をかけていた自分を変えたいと思い、5000円だけ持って1人栃木へ移住

栃木移住後

廃品回収のバイト等をこなしながら駅のホームで夜を明かす生活を送る
MastaQuenchのマチネと知り合い、ラッパーとしてライブに出演し始める

デビュー後

MCバトルに数多く参戦し、様々なタイトルを獲得
2022年2月舟平に改名し、楽曲制作に集中するため1年間バトルへの出場を休止すると発表
2023年3月、両国国技館にておこなわれた戦極29章でバトル復帰

現在

埼玉県所沢市に生まれる

栃木県レぺゼンの印象が強いSAMですが、実際に生まれたのは埼玉県の所沢市です。

SAMは演歌歌手でもある三浦慎也さんと、フィリピン人の母親との間に生まれます。

父親は実家の押入れの中で作詞作曲をおこなっていたそうで、日常生活の中に音楽は付き物だったと話しています。

フィリピン人の母親はSAMが幼いころに彼の妹と共に家を出て行った為、SAMは父と兄と弟という男4人での生活を送りました。

喧嘩で捕まり受験ができず、中学卒業と共に就職

中学校時代にHIPHOPの事を知り、般若の楽曲を多く聞いていたというSAM。
しかし中学の受験シーズンに他校の生徒と喧嘩をしてしまい、一時捕まってしまいます

そのため、高校受験をすることができず、就職せざるを得なかったそうです。SAMは中学卒業後、地元の建築会社に就職して社会人としての生活をスタートさせます。

1人生まれた街を離れ栃木へ移住しホームレス生活を送る

地元で社会人としての生活をスタートさせたSAMですが「父親に迷惑をかけたくない。自分を変えたい!」という思いから、5000円を握りしめて1人栃木に移住します。

栃木に移住してしばらくの間、昼は廃品回収業者の助手席に座りながらバイトをし、夜は作業着を着こんで駅の中で朝を待つというホームレス生活を送っていました。

栃木の様々な街を転々としていたSAMですが、駅の路線図で宇都宮の文字を見かけ「聞いたことがある」という理由から宇都宮に向かうことを決めたそうです。

栃木県宇都宮市に移住し、マチネと出会う

元々働いていた会社でフリースタイルをしていた人がいたというきっかけもあり、サイファーなどへの参加経験があったというSAM。

初めて衝撃を受けたのはUMB2011の神戸代表CIMAのY.A.S戦だったそうです。

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次