JP THE WAVYのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

2017年にYouTubeに上げた「Cho Wavy De Gomenne」が空前のバイラルヒットを記録し、瞬く間に人気ラッパーの仲間入りを果たしたJP THE WAVY

その勢いは衰えることなく、今では世界をまたにかけて活躍するラッパーとして、海外からも注目を集めています。

2023年には、世界最大級のHIPHOPフェス「Rolling Loud」の出演や、映画「ワイルド・スピード」のテーマソングを担当し、話題を提供しました。

そんなJP THE WAVYはどのような生い立ちを経て、今に至ったのでしょうか。この記事を読めばJP THE WAVYのラップを今まで以上に楽しく聞けること間違いなしです。
 

pucho henza

JP THE WAVYは〇〇な精神で、△△を目指す。」

目次

JP THE WAVYのプロフィール

アーティスト名JP THE WAVY
本名非公開
年齢30歳(1993年12月15日生まれ)
身長 非公表
出身地神奈川県平塚市
拠点(レペゼン)
学歴高卒
所属レーベル

JP THE WAVYのラップスタイル

HIPHOPのルール・マナーを守りながらも新しいトレンドやオールドスタイルを織り交ぜながら、バランス良く音にはめていくのがJP THE WAVYのラップスタイルです。

アメリカのHIPHOPに影響されたこともあり、トラップ系のトラックに乗せる独特のフロウを強みとしています。また、基本的に曲で歌う内容は同じですが、ネガティブなメッセージを避けるようにしているのも特徴と言えます。

JP THE WAVYの名前の由来

JP THE WAVYというラッパー名は、「JP=日本」に「WAVY」を組み合わせて付けられました。

「WAVY」には、「かっこいい・(地元平塚の海の)波・クセ毛(髪型の特徴)」の3つの意味が込められています。

また、2016年まではHIPHOPクルーのD.T.R.Iで「Lil Right」名義で活動しており、ソロ活動を機に改名しました。

ダンサーから始まるJP THE WAVYの人生

幼少期〜小学生時代

・神奈川県平塚市で生まれ育つ。
・父親の影響もあり音楽に興味を持ち、小学生の頃はずっとドラムをやっていた。

中学時代~高校時代

・友人の誘いでHIPHOPのダンスをやり始める。
・ダンスクルー「Do The Right Inc.」に加入。
・高校卒業前後の18歳の時にラップを始める。

ラッパーとして大ブレイク

・2016年からソロ名義で「JP THE WAVY」で本格的にラッパー活動をスタート。
・2017年に発表した「Cho Wavy De Gomenne」がバイラルヒット。
・2020年1stアルバム「LIFE IS WAVY」をリリース。

近年の活躍

・2021年にメン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・ラップ・アーティスト賞を受賞。
・世界最大級のHIPHOPフェス「Rolling Loud」に出演。
・2023年公開映画「ワイルド・スピード/ファイヤーブースト」の日本版テーマソングを担当。

現在

洋楽好きの両親のもと幼少期から音楽に触れて育つ

神奈川県平塚市、湘南で生まれたJP THE WAVYは、裕福でも貧しくもない、いわゆる一般家庭で育ちました。

両親は黒人文化の音楽が好きで、お腹にいるころからTLCを聴かせており、幼少期からHIPHOPやロックなどさまざまな洋楽に触れていたそうです。

自然と音楽に触れる環境だったため、自発的にドラムを始めて、小学校の間は夢中になっていたと話しています。また、小学校5年生の時にipadのCMで流れたEMINEMに食らい、自身でも洋楽をキャッチしていくようになります。

HIPHOPダンスを始め本格的にダンサーになる

中学に入るとJP THE WAVYは友人から誘いを受け、HIPHOPのダンスを始めます。それまで習っていたドラムを辞め、50centやE-40、カニエなど当時の現行を追っていたものの、自分がラッパーになるとは考えていませんでした。

その後、ダンスクルー「Do The Right Inc.」に加入し、「Lil Right」を名乗り、クラブなどで本格的にダンサーとして活動していきます。

リーダー「Carlos」は歌唱力もあったため、ラップも取り入れて曲を出しており、ダンサーのシーンでは珍しいタイプのクルーに所属していました。

当時のJP THE WAVYはラップをやっていませんでしたが、曲作りの過程を見て自分もやりたいと思うようになったそうです。

高校卒業後の18歳でラップを始める

高校を卒業した18歳のJP THE WAVYは、このままバックダンサーやPVのダンサーとして一生ダンスをやっていくのか迷っていました。

その結果、自分も前に出てパフォーマンスしたいという想いからラップを始めることを決します。

ラップを中心とした生活に変化しますが、「Cho Wavy De Gomenne」を出すまではダンス界隈でずっとスキルを磨いていたため、HIPHOPシーンではやや謎めいた存在でした。

2016年からはソロ名義「JP THE WAVY」でより本格的にラッパー活動を進めていきます。

Cho Wavy De Gomenneがバイラルヒット

2017年に発表したデビュー曲「Cho Wavy De Gomenne」がバイラルヒットを飛ばし、たちまちJP THE WAVY は日本を代表するラッパーの仲間入りを果たします。

友人と「Sorry Wavy(JP THE WAVYのインスタ名)」を題名した曲を出せば売れるんじゃないかと会話したのがきっかけでこの曲は生まれました。

「超Wavyでごめんね」というパンチラインは社会現象になるほどSNS上で大きくバズり、芸能人から一般人までさまざまな形でサンプリングされています。

これで勢いに乗ったJP THE WAVY は、日本のシーンはもちろん、海外からも注目される活躍を見せます。2023年には世界最大級のHIPHOPフェス「Rolling Loud」に出演するなど、世界をまたにかけて活動中です。

JP THE WAVYの人気曲は?

JP THE WAVYの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

JP THE WAVYの人気曲①「Cho Wavy De Gomenne」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次