ラッパーMFSのプロフィール紹介|名前の由来から最新の人気曲まで徹底解説

楽曲「BOW」日本初のSpotifyバイラルチャートで世界8ジャンル(アメリカ、イギリス、カナダ、ドイツ、フランス、オーストラリア、グローバル)で1位を獲得したことで名を広めたラッパーMFS(エムエフエス)

「Red Bull RASEN」「POP YOURS」に出演したり、直近ではAwichとのコラボ曲「ALI BABA」がYouTubeで公開されるなど、今各方面から引っ張りだこのMFS。ラップを始めてわずか3年でEPを2作リリースしたりと、飛ぶ鳥を落とす勢いです。

そんなMFSの音楽のルーツは一体どんなものだったでしょうか。
生い立ちからこれからの野望まで知ることでMFSのラップをより一層楽しめること間違いなしです!
それでは早速Check it out!
 

pucho henza

「MFSは〇〇のコンプレックスを、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパーMFSのプロフィール

アーティスト名MFS(エムエフエス)
本名非公開
年齢25歳(1998 生まれ)
身長 
出身地東京都
拠点(レペゼン)大阪府
学歴専門学校中退
所属レーベルTha Jointz


所属するTha Jointzは、大阪アメ村を中心に活動している個性的プレイヤーが集まるレーベルです。

音源制作やMVを続々リリースして、彼らを取り巻くFamilyの日常を切り取った映像シリーズ “Pinks Diary “が密かに話題となっています。

MFSのラップスタイル

MFSのラップスタイルは、トラップに中毒性のある独特なフロウが特徴的です。

自分をよく見せるよりも格好悪いところを曲で作る、自分に嘘をつかないラップをすることを信念として持っています。格好はつけるけど嘘はつかないというスタイルは、所属するレーベルのTha Jointzの人たちの影響が大きいと明かしています。

MFSの名前の由来

MFSはMother Fuckin Savageの略で、ラッパーネームを考える時に自身のinstagramの名前がMother Fuckin Savageだったことから、特に理由はなくつけられたようです。

派手な悪そうな感じに思われるけど、中身は普通の純粋な日本人というギャップを狙っていると明かしています。

MFSの名前の読み方は、「エムエフエス」です。

彼氏に影響を受けて始まるMFSのラッパー人生

幼少期〜小学時代

クラシックバレエを習っていた。
母親の影響でブラックミュージックを幼い頃から聴く。

中学時代

K-POPや海外のパーティソング、J-POPを聴いていた。
学校へはあまり行かず、図書館で雑誌を読んでいた。

高校時代

日本語ラップを聴き始める。
自由な学校の風土の高校へ進学。

大阪に住み始める

アメ村を中心に大阪のカルチャーに刺激を受ける。
当時の彼氏の影響でラップを始める。

デビュー

ファーストシングル「BOW」リリース。
POP YOURSなどに出演。

東京都に生まれる

MFS(エムエフエス)は、アメリカ人と日本人とのハーフです。母親の影響で、TLC・DESTINY CHILDなどのブラックミュージックを聴いていました。お姉さんとクラシックバレエを習ってからは、クラシック音楽も聴いていたそうです。

小学校の時はK-POPを聴いたり、さまざまなジャンルの音楽を聴いて育ちます。

ラップとの出会い

高校生の時に日本語ラップを聴き始めましたが、当時はラッパーになりたいとは思っていませんでした雑誌が好きで、高校生の時に雑誌の編集者になりたいと思い卒業後に編集が学べる専門学校へ進学します。

しかし、奨学金を借りて行ったものの当時は歳の離れた大人たちとお酒を飲んだりフェスで遊ぶことにお金を溶かしてしまいます。後期の学費が払えなく、来年からどうしようか悩んでいた時にTha Jointzのメンバーと出会い、大阪の楽しさに魅了され学校をやめてわずか1ヶ月後に大阪へ引っ越します

2019年3月東京から大阪へ

大阪に住むTha jointzJASSと付き合いはじめ、着いていく形で大阪に移ります。そのころに、JASSからリリックを書いてみなよと言われたことがきっかけで、初めてラップをすることになりました。R&Bのインストにラップを乗せてjassに披露したところ、好感触だったことからjassがMFSをライブできるようアシストしてくれたそうです。

大阪のカルチャーに衝撃を受ける

ずっと東京に住むことに違和感を抱いていたことと、当時の恋人のJASSが大阪に呼んだことが重なって大阪に移り住んだMFS

大阪のHIPHOPシーンは、ダンサー・スケーター・DJ・BMXライダーなど、さまざまなジャンルの人たちがアメ村に集まっていることでカルチャーが濃密で面白いと大阪カルチャーの魅力を語っています。

デビュー

ラップ歴わずか1年半にして1st EP『FREAKY』をリリース。トラップのサウンドにハマった中毒性のあるフロウと独特のワードセンスが、デビュー間も無くして話題を呼びます。

MFSのラップは、ラップを始めるきっかけとなったTha jointzや、初めて日本語ラップを聴いた5lackの影響を受けていると語られています。

デビュー後

デビュー後のMFSは、「Red Bull RASEN」への出演、マイクリレー楽曲「Beyond the lines」に参加、フェス「POP YOURS」へ出演するなど、瞬く間にHIPHOPシーンで地位を確率していってます。

MFS楽曲制作の上で大切にしているものは「ありのままの自分を歌う」「特定した誰かをディスるラップをしない」ことです。そんな等身大の姿に魅了されたファンが今急増中です。

MFSの人気曲は?

ラッパーMFS(エムエフエス)の人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

MFSの人気曲①「BOW」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次