tofubeatsの人生が凄すぎる!|音楽ルーツや最新情報まで徹底解説

「水星」「LONELY NIGHTS」など、メロディアスな音楽が人気なtofubeats

tofubeatsは今年デビュー10周年を迎え、デビューアルバムでは森高千里を迎えるという、かつてないインパクトをシーンに与えました。

その他、KREVA、藤井隆、佐々木希、YUKI、ももいろクローバーZなどのリミックスを手がけるなど、数々の著名人の楽曲も手がけ、自身も数々のヒット曲を産んできました。

アナログからデジタルに移り変わる世代の平成を代表するクリエイターとなったtofubeatsの、生い立ちから現在までを紐解きます。では、早速Check it out!
 

pucho henza

「tofubeatsは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

tofubeatsのプロフィール

アーティスト名tofubeats
本名河合 佑亮(かわい ゆうすけ)
年齢33歳(1990年11月26日 生まれ)
身長 不明
出身地兵庫県神戸市
拠点(レペゼン)東京
学歴関西学院大学経済学部卒業
所属レーベルWarner MUSIC Japan、HIHATT


tofubeatsが立ち上げたレーベル『HIHATT』を名付けたのは、TOWA TEIだそうです。

ベロベロに酔っ払っていた時につけてもらったが、翌日に覚えているか聞いても覚えていたためそのままつけたとのことです。

tofubeatsの音楽スタイル

「自分にとっての音楽作品は、思い出作りでありプリクラみたいなものです」と話すtofubeatsにとって良い音楽とは ”何回も聴ける音楽” と提唱しています。

tofubeatsのトラックは、サンプリングを多用していましたが、徐々にハードサンプラーは使わないトラック制作に移行していきます。

tofubeatsの音楽は、ルーツであるJ-POPやシティポップなどの影響を受けていることが特徴的です。また、自身でラップもこなしてオートチューンを使い幅広いジャンルに対応しています。

tofubeatsの名前の由来

tofubeatsの読み方は「トーフビーツ」です。名前の由来はネットで音楽をあげている時にフワッとつけたアカウント名だったようです。

◯◯ビーツという名前にしたいことは決まっていて、友達3人とノートに書き出して語呂が良かったことと、他の人がそのドメイン名を使っていなかったことでつけられました。

しかし、まさかこの名前のままデビューするとは思っていなかったtofubeatsは今でも後悔することがあると話しています。

落選しても諦めなかったtofubeatsの人生

幼少期〜小学生時代

・兵庫県神戸市に生まれる
・J-POPのヒット曲をよく聴いていた

中学時代

・インターネット上で音源をリリース
・音楽活動のターニングポイントとなるMaltine Recordsの存在を知る

高校時代

・関西学院高等部に進学
・国内最大のテクノイベント「WIRE」に史上最年少で出演

大学時代

・関西学院大学に進学し、音楽活動を本格化させる
・メジャーデビューが決定し内定をもらっていた会社には就職しなかった

メジャーデビュー後

・数々のヒット曲を産み、著名人の楽曲を手がける
・『トーフビーツ難聴日記』を刊行し、難聴を公表する

現在

兵庫県神戸市に生まれる

tofubeatsの音楽のルーツでもあるJ-POPでは、宇多田ヒカル・貝島直子・松たか子・中原めいこ・birdなど90年代に活躍していた女性のアーティストに主に影響を受けています。

また、tofubeatsが中学生の頃、よくテレビに出ていたKICK THE CAN CREWやRIP SLYMEを聴いていました。そのことを話した友達のお兄さんから「もっと深い日本語ラップってのがあるよ」と教えてもらい、急激に日本語ラップを聴くようになります。

ネットとリアル

HIPHOPにハマったtofubeatsは、ラップをしたいとはならずにどうやって作っているのかに興味が湧き、サンプリングという技法があることを知ったことでトラックを作るようになっていきました。

自作曲をアップできる掲示板に出会い、tofubeatsもつくったトラックをたくさんアップして誰でもいいからリリックをのせてくださいと発信していたそうです。

掲示板にトラックをアップしていたのと同時期に、レコード屋や服屋で直接トラックを渡してリアルでも自身のトラックを聴いてもらうことをしていました。

人生で初めての大きな挫折

tofubeatsは高校生の頃メジャーレーベルの新人育成部門でメジャーデビューを目指していました。しかし、メジャーデビューするためのプレゼンに3度落選してしまいます。

これが、tofubeatsにとって大きな挫折を味わうことになり、大学4年生の時イベント中に胃潰瘍で気を失ってしまいました。

音楽は一旦辞め、実家を出て山奥に部屋を借ります。大学で都会に出て田舎の家に帰ってくるメリハリのある生活で精神的に持ち直し、無事メジャーデビューを果たします。

2013年メジャーデビュー

デビューアルバム『Don’t Stop The Music』と同タイトルの表題曲のヴォーカリストに、なんと森高千里さんが参加していることで世間を賑わせました。ワーナーミュージックに採用された後、森高さんにコラボのオファーを申し込むと、意外にも快諾してくれ制作に至ったそうです。

さらにカップリング曲の「おしえて検索」では、同じレーベルの神聖かまってちゃんのの子が歌っていることも明らかにしました。

幅広い音楽活動

2016年には「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「BEST GROOVE ARTIST」を受賞しました。2018年にはテレビ東京系ドラマ『電影少女-VIDEO GIRLAI 2018-』や、映画『寝ても覚めても』の主題歌・劇伴も担当するなど音楽活動は多岐に渡ってきます。

実は後に明かされる難聴を発症したのは、2018年の年末unBORDEのツアー中に博多のビジネスホテルで突然起こったそうです。

難聴だったことを公表

2018年に患った突発性難聴をきっかけに日記を書き、初の書籍『トーフビーツの難聴日記』を刊行して世間を驚かせました。

当初は難聴になったことで、次作アルバムの制作日誌のつもりで書き始めたが、日々の悩みや暮らし、仕事や人生の考え方が記されたエッセイとなりました。難聴日記は、4年振りにリリースされた待望の『REFLECTION』と同日発売されました。

tofubeatsの人気曲は?

tofubeatsの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

tofubeatsの人気曲①「水星 feat. オノマトペ大臣」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次