Maddy Somaのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

全員元ダンサーの6人組ラッパークルー「Cookie Plant」の中心メンバーであり、ソロとしても活躍するラッパーMaddy Soma

Maddy Somaは、YUNG NIGOとの楽曲「Ninja Mode」と「New Buddha」リリースを皮切りに一気に全国区へと知名度を上げ、その後もソロデビューを果たし次々とヒットチューンを生み出しています。

Maddy Somaのソロデビューアルバム「Shichihenge」に収録されている曲「AMATERASU」では、日本の伝統文化を重んじたリリックと、アジア特有の揺れのあるビートや呪術的なラップが、彼の高度なダンスパフォーマンスとかけ合わさり、日本だけでなく海外のラッパーファンをも唸らせています

そんなMaddy Somaは、華やかなダンサーとラッパーの世界に身を置きながらも、その陰では地道な努力と鍛錬の日々を送っていました。
彼の経歴やリリックから、内面の部分や経歴を紐解いていきます!Check it out!
 

pucho henza

「Maddy Somaは〇〇を生きがいにして、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパーMaddy Somaのプロフィール

アーティスト名Maddy Soma(マディーソウマ)
本名相馬
年齢非公開
身長 非公開(高身長)
出身地神奈川県川崎市麻生区
拠点(レペゼン)東京
学歴非公開
所属レーベル

Maddy Somaは、神奈川県川崎市で生まれ育ちました。現在は、東京を拠点に活動しています。

名前と出身地以外の彼の詳細は未だ知られていませんが、身長は、Cookie Plantのメンバーと踊る中で比較しても、かなりの高身長だと推測できます。

Maddy Somaのラップスタイル

Maddy Somaは元々ダンサーとして活動しており、ダンスとラップを融合させたパフォーマンスで、従来のラッパーの型にハマらない二刀流のラップスタイルが特徴です。

もう1つのMaddy Somaの特徴は、重低音のように響く超低音ボイスです。漆黒ボイスとも言われる、その特徴的なダークな声域と独特のクールな佇まいで、読経するようなフローの日本流ラップを得意としています。

彼の中毒性のあるフローとミステリアスな雰囲気は、新世代ラッパーの中でも一際目立った存在となっています。

Maddy Somaの名前の由来

Maddy Somaの名前の由来は、本名の「相馬(そうま)」から名づけられました
なぜ、Maddyなのかは不明ですが、より彼の魅力を引き出すクールな名前ですね。

今後、彼の口から名前の由来が語られることを期待しておきましょう!

ダンスとの出会いで始まるMaddy Somaの人生

幼少期〜小学生時代

神奈川県川崎市麻生区に生まれる。

中学時代

中学2年でSoulja Boyと出会いダンスを始める。
新百合ヶ丘駅で地元仲間とダンススキルを磨く。

ダンサー時代

ダンスバトルの出場やクラブなどでダンス漬けの生活を送る。
音楽サイト「DattPiff」でひたすらディグる。

デビュー

2018年ダンス&ラップクルー6人組「Cookie Plant」結成。
2019年Cookie Plantの楽曲「Cookie TapeVol.1」リリース。
2020年ソロデビューし、「Untill I Die」リリース。

現在

中学生でダンスに没頭していく

Maddy Somaは中学2年のころ、アメリカのラッパーSoulja Boyに衝撃を受けてダンスを始めました。
中学の行事の幕間では、いつもダンスを披露するほどに熱中していきます。

その後も、Maddy Somaのダンスへの情熱は冷めることなく、よりダンススキルを磨くために新百合ヶ丘駅で地元の仲間と集まり、ダンス練習に明け暮れるようになります。

ダンサーとして活動するようになる

Maddy Somaは、ギチギチに派遣のバイトを入れては、貯まったお金でビートを買い自宅にこもってリリックを書いていました。友達からの遊びの誘いも「そんな暇ない無理無理!」と断って、創作活動に時間を費やします。

あくまで、趣味のために仕事をするのであって、彼の生活の中心は常にダンス!ダンスバトルの出場やクラブなどのステージで踊ることが何よりの生きがいでした。

音楽サイト「DattPiff」でひたすらディグり、好みのインディーズを発掘することも彼の欠かせない時間でした。

ラップクルー「Cookie Plant」の結成秘話

2018〜2019年、Cookie Plantを結成します。メンバーは「Maddy Soma、YUNG NIGO®、SANO、Liu Atsumu、DJのGEEKBOY、ディレクターの3Light」の6人。

全員が元々ダンサーでダンスをメインに活動していましたが、2019年頃からラップメインに転向し、多様なスタイルを活かした彼らの音源が世に出ると、一気にその名を轟かせます

クルー結成のきっかけは、Maddy Somaだったそうです。メンバーのLiu Atsumu、SANOがダンスの先生のワークショップで、同じくそこに来ていたMaddy Somaと出会い、意気投合し仲良くなりました。

その後、YUNG NIGO®とDJのGEEKBOYをMaddy Somaが連れてきて、メンバーが揃っていきました。
3Lightに関しては「気づいたら居た、天からの恵もののような存在」とインタビューでSANOが語っていますが、ごく自然な出会いがあったのではないかと思います。

ソロとしてのラッパーMaddy Soma誕生

2019年、Cookie Plantの「Cookie TapeVol.1」がリリースされ、その中の「Ninja Mode」でラッパーMaddy Somaの名が知れ渡ることになります。

Cookie Plantの活動と並行し、2020年にMaddy Somaのソロデビュー曲「Untill I Die」をリリース。

その後も、順調に楽曲リリースを展開し、tiktokやyoutubeにMVがアップされると、日本的なサウンドと独特のスピリチュアルな世界観が、海外の視聴者にもヒットし高い支持を集めています。

Maddy Somaの人気曲は?

Maddy Somaの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

Maddy Somaの人気曲①「Ninja Mode」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次