Ryugo Ishidaのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

茨城の土浦で生まれ育ったラッパーRyugo Ishidaと、東京のラッパーNENEが出会い、プロデューサーのAutomaticにより結成された、HIPHOPユニット「ゆるふわギャング」

ゆるふわギャングは、2人で初制作した楽曲「Fuckin’Car」のMVが海外メディアやアーティストの間で注目され、インパクトのあるルックスや独特のセンスが、ファッションアイコンとしても世界的なムーブメントを巻き起こしています。

2017年には、ラッパーSALUがゆるふわギャングを客演に迎えた楽曲「夜を失くす」をリリースし、幅広い層のラッパーファンから支持を得ました。

今回は、ゆるふわギャングのフロントラッパーであるRyugo Ishidaが、脚光を浴びて海外でも活躍するラッパーになるまでの半生を紹介いたします。
まずはRyugo Ishidaのプロフィールから、その半生を追ってみていきましょう!Check it out!
 

pucho henza

Ryugo Ishidaは〇〇という自分を、△△をきかっけに乗り越えた。」

目次

ラッパーRyugo Ishidaのプロフィール

アーティスト名Ryugo Ishida
本名石田りゅうご
年齢30歳(1993年生まれ)
身長 不明
出身地茨城県土浦市
拠点(レペゼン)東京
学歴高卒
所属レーベルMary Joy Recordings


Ryugo Ishidaは、1993年に茨城県土浦市の4人兄弟の長男として生まれました。

現在は、東京を拠点に海外を飛び回り活動しています。

Ryugo Ishidaのラップスタイル

Ryugo Ishidaは激しくたたみかけるラップというより、メロウで落ち着いたテンポのラップスタイルを得意としています。

Ryugo Ishidaが語るラップスタイルは、その時々の音楽シーンの変化を受け止め、常にそこにぶつかっていく、そして今の自分が思うこと、できることを表現していくスタイルだそうです。

それは、彼の自分自身を固定せず縛り付けない自由な生き方に当てはまります。

2人の素直な姿勢や純粋に音楽を楽しむ生き方は、HIPHOPのジャンルを超えて「ゆるふわギャング」という唯一無二のジャンルを創り出したといっても過言ではありません。

Ryugo Ishidaの名前の由来

「Ryugo Ishida」は、彼の本名「石田りゅうご」をMCネームに使用しています。かつては「DUDE」の名義でラッパーとして活動をしていましたが、途中で「Ryugo Ishida」に改名し活動しています。

本名に改名した理由は、幼いころからあったシリアスな環境から逃れられず、ネガティブな自分でラッパー「DUDE」として活動していたけれど、それを全部終わらせて新たなスタートを切りたかったためです。

彼は、MCネームを本名で名乗ることではじめて辛い過去を乗り越えられました。

土浦出身のラッパーとの出会いから始まるRyugo Ishidaの人生

幼少期〜小学生時代

茨城県土浦市で男女4人兄弟の長男として生まれ、父親から頻繁に虐待を受けて育つ。
小学2年、両親が離婚する。
父親が事故死したことを手紙で知る。

小学5年、不登校気味になる。

中学生時代

中学1年、彼女がレイプされる。
中学2年、新しい父親が借金を苦に自殺未遂。HIPHOP好きな3つ上の従兄弟に憧れて、HIPHOPカルチャーに興味を持つ。
中学3年、HIPHOP好きの先輩にクラブへ連れて行ってもらう。
土浦のラッパーDEAR’BROに出会い影響を受けたRyugoは、ラッパーになると決意を固める。
自分で曲を作るようになり、友人5人とともに音楽制作活動に没頭する。

高校時代

授業をまともに受けず、昼はリリック制作で夜はクラブ遊びに明け暮れる。
高校1年から20歳過ぎまで「Young Blood」というイベントを毎偶数月に開催。

高校卒業後

友人2人で土浦に「YBC」という古着屋をオープンするも1年余りで廃業。
トラックメーカーのAutomaticと出会う。
半年に1回フリーダウンロードのEP「1993」を出す。
2016年5月、1stアルバム『EverydayIsFlyday』をリリース。
MCネームを「DUDE」から本名の「Ryugo Ishida」に改名。

ゆるふわギャング結成

クラブイベント「BLUE MAGIC」でNENEと出会い一緒に曲作りを開始。
2人で自主制作した楽曲「Fuckin’ Car」のMVをyoutubeにアップし、海外からも注目を集める。
NENEが2人のユニット名「ゆるふわギャング」を提案。

結成後

Automaticの提案により、EP曲を5曲制作し、 1stアルバム制作資金をクラウドファンディングで募ることに成功する。
2017年4月、ゆるふわギャング1stアルバム「Mars Ice House」リリース。
2018年12月、2ndアルバム「Mars Ice House Ⅱ」リリース。

現在

暗い自分を形成した幼少期

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次