Rin音のプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

TikTokで楽曲「snow jam」がバズり、若者を中心とした人気が高まった福岡出身の実力派ラッパーRin音(りんね)。

今でこそMCバトルと楽曲のどちらでも高い支持を集める人気ラッパーになったRin音ですが、彗星のごとく日本語HIPHOPシーンに現れたこともあり、その素顔を詳しく知る人は少ないのではないでしょうか。

今回はそんな期待の新世代ラッパーRin音に関して、その生い立ちやおススメ楽曲などを詳しく紹介していこうと思います。

日本語HIPHOPシーンの未来を担うであろうRin音のことを知ることで、今後よりHIPHOPを楽しめることは間違いありません。それでは早速Check it out!
 

pucho henza

「Rin音は◯◯という過去を、△△で乗り越えた。」

目次

Rin音のプロフィール

アーティスト名Rin音
本名非公開
年齢25歳(1998年9月16日 生まれ)
身長 不明
出身地福岡県宗像市
拠点(レペゼン)福岡
学歴福岡工業大学卒業
所属レーベルVirgin Music


Rin音は福岡県の北東に位置する海沿いの街、宗像市に生まれました。

ちなみにRin音の読み方は「りんね」で、本名については非公開となっています。

2019年には自身のTwitter(現X)で「俺の本名 版知 線(ぱんち らいん)やからと投稿したことがありますが、これはインスタライブでふざけて考案した名前であり、もちろん本名ではありません。

自身の性格については「すぐ疲れる、めんどくさがりでだらしない」と評しており、音楽に対して真剣に向き合う姿とは真逆に、プライベートではマイペースな性格のようです。

Rin音のラップスタイル

柔らかくゆったりとしたトラックに優しい歌声のラップを乗せ、しっとりと聞き入ってしまうような心地よい楽曲が多いのがRin音の特徴です

このRin音のラップスタイルは「CHILL OUT系メロウラップ」と呼ばれ、多くの若者の共感を呼ぶリリックも非常に高く評価されています。

一方、MCバトルに出場した際は力強く相手に迫るようなバイブス満タンのラップを披露することもあり、音源とは真逆の熱いスタイルを見せてくれます。

もちろん熱さだけでなくフローも得意としており、音楽センスの高さを感じさせてくれるRin音。この、何でもできる引き出しの多さがラッパーとしてのレベルの高さを物語っています。

Rin音の名前の由来

Rin音は自身の名前の由来について話す際「Rin音というMCネームは『R』『in』『音』の3つのワードを組み合わせて考案したものだ」と表現しています。

Rは自身の本名のイニシャルだそうで、inと音は繋げて「音の中」という意味。

つまり「R(自分自身)は音の中にいる」という意味を込めてRin音というMCネームを考案したそうです。

Rin音自身「音の空間にいる時は自分はこの名前」と語っており、この発言から音楽に対するこだわりの強さを感じることができます。

MC正社員の誘いから始まるRin音の人生

幼少期〜小学時代

・福岡県宗像市に生まれる
・RIP SLYMEをきっかけにHIPHOPに興味を持つようになる

中学時代

・地元の中学校に進学し、ごく普通の学生生活を過ごす

高校時代

・YouTubeで見たMCバトルに魅力を感じ、ラッパーを志す
・18歳ごろからラッパーとして活動を開始

大学時代

・福岡工業大学に進学
・2018年、天神 U-20 MC BATTLEに出場し優勝
・2018年ごろからMC正社員に誘われ楽曲制作に力を入れ始める
・大学在学中の2019年に配信限定EP「film drip」を発表しデビュー

デビュー後

・2020年、配信リリースされた楽曲「snow jam」がSpotify国内チャートで1位を記録
・大ヒットした楽曲「snow jam」を人気TV番組であるミュージックステーションで披露
・1stアルバム「swipe sheep」を発表
・2021年地元である宗像市から「むなかた応援大使」に任命される

福岡県宗像市に生まれる

Rin音は1998年に福岡県宗像市に生まれました。

家族構成や兄弟に関してはあまり語られていません。

しかし、2020年12月にクリスマスをテーマにした楽曲「gift socks」のリリースを記念するインタビューに答えた際には「最近一人暮らしを始めて、そんな中で浮かんできた家族への思いを込めましたね。(中略)一人暮らしをして、家の中のことを全て自分一人でやってみると本当に大変で。それで振り返ったら、毎日こんなに忙しいのに、クリスマスになると子供たちの『サンタへの願いごと』を叶えるために、さらに色々動いてくれていたんだよなあって」と語っており、幼少期からの家庭環境の良さを感じさせてくれています。

また、Rin音は小学生くらいの頃から父親の影響でヒップホップグループ「RIP SLYME」やロックバンド「BUMP OF CHICKEN」等の楽曲を聴かされて育ったと語っています。

特にRIP SLYMEの楽曲や歌詞には感動することも多かったそうで、現在の自分の音楽に大きな影響を与えていると明かしています。

高校生時代にHIPHOPに出会い、ラッパーになりたいと思うようになる

小学校、中学校と特に音楽活動をしてこなかったRin音がラッパーを目指すことになったのは高校1. 2年生の頃のことだそうで、きっかけは動画配信サイトで見たUMB2010の晋平太vsR-指定のMCバトルだったそうです。

初めてMCバトルを見たRin音は即興で作ったラップで相手とバトルというスタイルに魅力を感じ、いつしか「自分もラップに挑戦してみたい」と思うようになったと言います。

友人にHIPHOP好きな人がおらず、なかなか実践的な活動はできずにいたというRin音ですが、高校3年生の頃になると地道なHIPHOPの布教活動が功を奏し、友達たちとサイファーのように集まってラップをする環境ができたそうです。

MCバトルに出始めるようになる

人気のMCバトル番組「フリースタイルダンジョン」は番組開始当初からずっと見るほどMCバトルが好きだったと語るRin音。

特に好きだったラッパーは、高校生ラップ選手権でその才能を知らしめたT-Pablowだそうです。

他にもMCバトル動画を見る中で大阪レペゼンのラッパーK-razyのライミングやUMB2008の王者でもある鎮座DOPENESSのフローを参考に自分のラップを組み立てていったと語るRin音は2017年に福岡で開催された戦極MC BATTLEにエントリー。

残念ながらその時は1回戦負けだったそうですが、続いて挑戦した天神 U20MCバトルではベスト8に勝ち残る活躍を見せます。

さらに2018年に2度目の挑戦をした天神 U20MCバトルでは優勝を果たし、その数日後にあったKMB(小倉MCバトル)でも準優勝に輝くなどMCバトルで徐々に頭角を現し始めるようになったというRin音。

Rin音自身、バトルで勝つことによってMCバトルの楽しさを再認識できるようになったようで、それからも様々な大会やイベントのバトルに出るようになったと語っています。

MC正社員から誘われ楽曲制作をスタート

そこまでのキャリアの中でバトルしかしてこなかったRin音が楽曲制作をするようになったきっかけは戦極MCBATTLEの主催であるMC正社員からの「バトルイベント内のライブショーケースに出ないか」というオファーだったそうです。

当時は曲作りの経験が無く、1度は断ろうかと思ったそうですが「曲がないからってライブを断ってバトルにだけ出ると、絶対「曲もないくせに」ってディスられる」と考え直し楽曲制作をスタート

この時に初めてリリックを書いたとインタビューで語っています。

初めて書いたリリックも現在と変わらず「恋愛みが深い感じ」と表現するRin音。

他のラッパーに感化され尖った内容のリリックにも挑戦してみたそうですが、結局内容も声もフローも全くハマらず「あ、この方向はダメだ」とすぐに諦めたそうです。

Rin音がライブ活動を始めた当時の福岡のHIPHOPシーンはブーンバップなどの強面なHIPHOPが主流だったそうで、Rin音の楽曲は「わりと浮いてしまうことが多かった」そう。

しかしシーンの主流がブーンバップからトラップに変わっていく過程で様々なスタイルが認められ始め、バトルで結果を残していたRin音のスタイルを「いい」と認めてくれる人もだんだんと増えていきます。

特に福岡でイベントを開催しながら若手ラッパーのフックアップに熱心だったという先輩ラッパーRYOTAの存在は大きかったそうで、Rin音はだんだんとライブの為にクラブやライブハウスに呼ばれることが増えていきます。

楽曲「snow jam」が大ヒットを記録

福岡のシーンを中心としながら徐々に楽曲の人気が高まっていったRin音は、大学在学中の2019年に配信限定のEP「film drip」を発表し、ラッパーとして正式にデビューを果たします。

その後2020年に配信リリースされたのが後にRin音の代表曲となる「snow jam」です。

snow jamはTikTokで使用されたことがきっかけで、若者世代の大きな話題となりました。

その結果Spotify国内バイラルチャート1位、 Apple Music総合チャートの9位にまで上昇するなど、各チャートでも軒並みランクイン。

ラッパーRin音の名前を一気に全国に押し上げる1曲となりました。

ちなみにRin音はsnow jamという楽曲名について「なんとなく語感が可愛らしいし、「traffic jam」(交通渋滞)じゃないですけど、雪がどんどん積もっていく感じと、自分の思いが積もっていく感じをうまく表しているんじゃないかな」と表現しています。

Rin音は代表曲となったsnow jamを武器に地上波の大人気番組「ミュージックステーション」やYouTubeの人気企画「THE FIRST TAKE」にも出演。

2020年6月には念願だったという1stアルバムの「swipe sheep」を発表するなど精力的な活動を展開しました。

その後2021年には地元である福岡県宗像市から「むなかた応援大使」に任命されるなどしており、現在も福岡を代表するラッパーとして全国に羽ばたいています。

Rin音の人気曲は?

Rin音の人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

Rin音の人気曲①「snow jam」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次