C.O.S.Aのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

リリカルで芯の強いリリックを武器に聴く人を魅了する、愛知県知立市をレペゼンするラッパーC.O.S.A

2022年にリリースしたファーストアルバムは、クラシックと称されるほど高い評価を受け、シーンでの存在を確かなものにしました。

また、プロデューサー・ビートメイカーとしても活躍する多彩な一面も持ち合わせています。

そんなC.O.S.Aですが、華々しい経歴の裏には様々な苦悩がありました。
彼の曲に込められた思いや、経歴を紐解くことでヒップホップをもっと楽しめること間違いなし!
それでは早速 Check it out!

pucho henza

「C.O.S.Aは〇〇を誇りに、△△というラッパーになった。」

目次

C.O.S.Aのプロフィール

アーティスト名C.O.S.A
本名非公開
年齢37歳(1987年生まれ)
身長 非公表
出身地愛知県知立市
拠点(レペゼン)愛知県
学歴高校中退
所属レーベルC.O.S.A

C.O.S.Aのラップスタイル

文学的でリリカルなリリックをハードなフロウに乗せるのが、C.O.S.Aのラップスタイルであり最大の魅力です。

イースト・コーストのUSミュージックがフロウの基本ながら、ルーツはウェッサイのカルチャーに影響を受けているため、他のラッパーにはないオリジナル感が伺えます。

また、不特定多数の誰かより一人に向けた曲の方が響く語り、聴く者に何かを突きつける力を持っているのが特徴。

リリックを書く時は「強さ」・「悲しさ」・「愛情」をテーマに、HIPHOPとしてかっこいいという基準を大切にしています。

C.O.S.Aの名前の由来

C.O.S.Aの読み方は、「コサ」もしくは「コーサ」です。

ラッパー名の由来については、明らかにしていません。

本名をはじめプライベートに関する内容は、基本的に公開していないので、実名や個人的なルーツとの関連性も不明です。

孤独から始まるC.O.S.Aの人生

幼少期〜小学生時代

・愛知県知立市で生まれ育つ。
・LL COOL JのCDや姉の影響でHIPHOPにハマっていき、2PACやD.P.Gのラッパーを好んでいた。
・小学6年の時にはリリックを書き始める。

中学時代~高校時代

・中学では野球部に入り野球に没頭する。
・高校1年の時に3年生の卒業パーティーで初ライブを行い、名古屋市のクラブに呼ばれる存在になる。
・高校2年の時に退学し、本格的にラッパーとしての活動を始め、最多で月20本のライブをこなす日々を送る。

活動休止と再開

・2011年から2013年の約2年間ラップから離れ、夜遊びにのめり込む。
・2013年にラッパー活動を再開。

ラッパーとしての活躍

・2015年に自主アルバム「Chiryu-Yokers」を発表。
・2016年にラッパー・KID FRESINOと共作で「Somewhere」を発表。
・2017年にEP「Girl Queen」を発表。
・2017年にEP「Girl Queen」を発表。
・2022年にファーストアルバム「Cool Kids」を発表。

現在

人との接し方がわからず暴力で支配した少年時代

愛知県知立市で生まれたC.O.S.Aは、元力士の祖父に警察官の父親、ウェッサイ好きの姉という家庭で育ちました。

現在も拠点する知立市への愛・こだわりは非常に強く、フッドを大切するラッパーの1人です。

そんなC.O.S.Aは小学生の頃から中学生まで、人との接し方がわからず、暴力で支配します。

当時は悪気を感じていなかったようですが、高校に入ると周囲から友達が消えたことで、自身に問題があったと気づき改心しました。

姉の影響でHIPHOPにのめり込む

C.O.S.AとHIPHOPの出会いは、洋楽に憧れた小学3年の時に地元で購入したLL COOL JのCDです。

その後ローライダーを乗り回していた姉の影響もあり、2PACやSNOOP DOGGといったウェッサイ系のラッパーにハマっていきます。

また、HIPHOPカルチャーそのものにも興味があったC.O.S.Aは、ファッション・スケートボードなども好きになりました。

上記の音楽をHIPHOPとして理解した小学6年には、自身でもリリックを書き始め、卒業文集には「将来はラッパーになる」と宣言しています。

ちなみに、この時一番影響を受けていたのはDragon Ashだそうです。

高校を退学し本格的にラッパーとしての道を進む

C.O.S.Aは、高校1年の時に3年生の卒業パーティーで初ライブを行ったのがきっかけで、名古屋市のクラブに呼ばれ初ライブを経験します。

そして2年生の時に高校を中退すると、本格的にラッパーとしての活動を始め、最多で月20本のライブをこなすようになりました。

同時期には、ラッパー・PRODIGYのPVでMPC2500を使うAlchemisを見た衝動で、ビート作りにも独学で挑戦します。

現在はプロデューサーとして楽曲提供も行うC.O.S.Aのルーツがここにありそうですね。

活動休止を経て自主アルバム「Chiryu-Yokers」を発表

C.O.S.Aは20代中盤の2011年から2013年の約2年間はラップを辞め、音楽に一切触れなくなります。

普通の遊びをしたいというのが大きな理由で、この時期は仕事をして夜な夜なクラブでナンパや飲み歩きを繰り返す生活をしていました。

しかし、遊んでばかりでは何も残らず得るものがないと感じたC.O.S.Aは、再びラッパーとしての活動を始め本格的に動いていくのです。

そして、2015年に自主アルバム「Chiryu-Yokers」、2016年にKID FRESINOと共作で「Somewhere」を発表したほか、多数のアーティストの音源にも参加。

2022年はファーストアルバム「Cool Kids」のリリース、自身初のワンマンライブも成功させ、シーンに欠かせないラッパーの1人になりました。

C.O.S.Aの人気曲は?

C.O.S.Aの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

C.O.S.Aの人気曲①「Girl Queen」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次