泉まくらのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

デビュー音源「卒業とそれまでのうとうと」が各媒体で話題となり、ハスピエとのコラボ音源「最終電車」のリリースにより一気に注目を集めたラッパー泉まくら

最近では、くるり主催のイベント「WHOLE LOVE KYOTO」でのパフォーマンスが話題となりました。

そんな泉まくらのキャッチコピー「さみしくて 流されやすくて そしてちょっぴりエッチで。ラップをしちゃう普通の女の子」女の子の弱さと本音を歌詞にのせる彼女のスタイルは若い世代の女の子たちから共感を得ています。

そんな泉まくらですが、実は壮絶な過去があったんです!そんな彼女の生い立ちについて知ることで、彼女が表現する世界観や彼女の曲に込められた思いをもっと楽しめること間違いなし!それでは早速 Check it out!
 

pucho henza

「泉まくらは〇〇という悩みを、△△で乗り越えた。」

目次

泉まくらのプロフィール

アーティスト名泉まくら
本名非公表
年齢非公表
身長 非公表
出身地福岡県
拠点(レペゼン)福岡県
学歴非公表
所属レーベル術ノ穴


本名・生年月日を公表しておらず、顔出しもしていません。

ネット上では「1987年01月27日生まれの36歳なのではないか?」と言われています。

泉まくらのラップスタイル

「さみしくて 流されやすくて そしてちょっぴりエッチで。ラップをしちゃう普通の女の子」というのがラッパーとしての泉まくらのコンセプトです。

女の子の弱さと本音を歌詞にのせる泉まくらのスタイルは、若い世代の女の子を中心に多くの共感を得ています。

また、ラップと言えども、やさしくバラード調の彼女の曲は聴く人を選ばない、多くの人に親しまれやすいスタイルと言えます。

泉まくらの名前の由来

泉まくらという名前の由来ですが、名字がついた名前にしたいという理由で決まったそうです。

彼女いわく、名字があるほうが“ただの一人の人間という感じもするし、しっくりきた”ようです。

たしかに、名字がある方が親しみを感じやすいですよね。

女の子らしい生き方から始まる泉まくらの人生

幼少期〜小学生時代

福岡県に生まれる
上級生からいじめに遭う

中学時代

吹奏楽部に所属

高校時代

音楽学校に行きたかったものの親に反対されて諦める

社会人時代

当時好きだった人の影響で日本語ラップに出会う
仕事が辛い時期にHIPHOPが支えになる

デビュー

友達の一言でラッパーデビュー
2012年にはレーベル「術ノ穴」より「卒業と、それまでのうとうと」をリリース

デビュー後

2013年くるり主催のイベント「WHOLE LOVE KYOTO」に出演
パスピエや菅野よう子、mabanuaといったアーティストとコラボをはたす
歌唱参加した曲でカンヌ国際広告賞を受賞

現在

3年ぶりの新曲「夢」を配信リリース

小学生の頃、上級生からいじめに遭う

泉まくらは、小学校時代に上級生からいじめを受けたことで昔から自信が持てませんでした。

そんな小学校時代の出来事が、女の子の繊細な気持ちを描いた現在のラッパーとしてのスタイルに表れているのでしょう。

吹奏楽に所属

泉まくらは中学・高校と吹奏楽部に所属していました。

自分に自信が持てなかった小学校時代までとは違い、吹奏楽部の練習に熱心に取り組みました。その結果、部員の中では誰にも負けないと言えるほど演奏ができるようになったことで音楽に対して自信を持つようになります。

高校時代は吹奏楽部の副部長をしていたという泉まくら。吹奏楽部に入り音楽に興味を持つきっかけとなったことが、ラッパーとして活躍する未来に繋がっているのですね。

音楽学校に行きたかったものの親に反対されて諦める

中高と吹奏楽部で頑張っていた泉まくらは「音楽ならやれるんじゃないか」と考えるようになります。そこで音楽学校への進学を志望しますが、親からは猛反対されます。

当時の状況について泉まくらは、親に反対された時になにも言えなかったと語ります。また、親に反対されて諦めるくらいなら当時の自分には「音楽でのし上がっていく」意識が足りていなかったと振り返りました。

結局、彼女は高校卒業後は親に言われるがままに就職することになります。

当時好きだった人の影響で日本語ラップに出会う

泉まくらは、当時好きだった人から餓鬼レンジャーとラッパー我リヤのCDを借りたことがきっかけで日本語ラップにハマります。

泉まくらは日本語ラップを聴いてこれまで聴いてきたどんな音楽とも違って、とにかくカッコいい!と感じました。中高と吹奏楽部に所属していた彼女にとって、また違ったジャンルの音楽である日本語ラップは大きな影響を与えました。

仕事が辛い時期にHIPHOPが支えとなる

社会人生活は上手くいかなかったと言う泉まくらですが、HIPHOPを聴いている時だけは自分が強くなったような気持ちになりました。

音楽を諦めて就職したことが大きな挫折となっていた当時の泉まくらは、仕事に対して乗り気になれませんでした。普通に仕事をしてある程度貯金して…といった社会人生活に彼女は希望を見出せませんでした。

精神的に辛い時期にHIPHOPを聴くことで気分を上げていたという泉まくら。この出来事がきっかけでラッパーになりたいと考えるようになりました。

友達の一言でラッパーデビュー

泉まくらはラッパーに興味があったものの、ラップは男の人がやるものと考えていました。

そんな時に友達が「やりたいんだったら、まず録ってみるといい」とインスト集をくれました。そのインスト集に合わせてラップを始めたのが、彼女のラッパーとしてのはじまりです。

泉まくらの人気曲は?

泉まくらの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

泉まくらの人気曲①「春に」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次