DJ松永の人生が凄すぎる!壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

Creepy NutsのDJとして日本のHIPHOPシーンを牽引しているDJ松永

DMC2019では世界一に輝き、日本のみならず世界からも賞賛を浴びています。2017年のメジャーデビュー以降は、バラエティ番組や映画への出演など音楽以外にも活躍の場を広げています。

最近ではCreepy Nutsとして発表された「Bling-Bang-Bang-Born」が世界的ヒットを記録しました。

そんなDJ松永ですが、輝かしい現在の活躍に至るまでには知られざる苦悩が隠されていました。過去の葛藤やHIPHOPへの愛を紐解くことで、もっとDJ松永の音楽を楽しめること間違いなしです!
 

pucho henza

「DJ松永は〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

DJ松永のプロフィール

アーティスト名DJ松永
本名松永 邦彦
年齢33歳(1990年8月23日 生まれ)
身長 172cm
出身地新潟県長岡市
拠点(レペゼン)新潟県長岡市
学歴高校中退
所属レーベルSony Music Entertainment

DJ松永のDJスタイル

繊細なターンテーブルさばきと大胆な体の動きが特徴です。

音楽やラジオなど様々なカルチャーの知識を元に、Creepy Nutsのビートを作成しています。

DJ松永の名前の由来

元々は本名の松永をそのまま使用して「DJ Matsunaga」とアルファベット表記の名前を付けてました。

一度イベントに出るも、名前がしっくりこず「DJ 松永」へと改名します。

サッカーから始まるDJ松永の人生

幼少期

・小学校1年からサッカーを始める

高校時代

・DJに専念するために高校2年生で中退

上京後

・2011年 21歳で東京へ上京
・2012年 1stアルバム「DA FOOLISH」をリリース

Creepy Nuts結成

・2013年 R指定とCreepy Nutsを結成
・2017年 メジャーデビュー
・2019年 DMC 優勝
・2020年 武道館にて2DAYSライブを開催
・2024年 「bling-bang-bang-born」が世界的にヒット

現在

新潟県長岡市に生まれる

DJ松永は、新潟県長岡市に生まれます。

小学校一年生から高校一年生までサッカーをして育ちました。一度もレギュラーになれなかったものの、リフティングの技術はずば抜けていたそうです。

DJを始める

高校へと進学したDJ松永ですが、DJ活動に専念するために、二年生で中退を決意

その後、ターンテーブルを購入し本格的にDJの技術を磨き始めます。

高校中退から3年が経過した2010年には、世界的に名誉がある大会である「DMC DJ Championship」に初挑戦。見事、北海道チャンピオンの座を勝ち取りDJとしての頭角を表し始めます。

東京へ上京

新潟ではクラブDJを続けるも、地方での活動に限界を感じ21歳で東京へ上京します。

その後は、バイトをしながら下積み生活を送ることになります。

DJ活動は数ヶ月に1度あるも、ノーギャラのイベントへの参加がメインでした。

芽が出ない日々を送りつつ、2012年には自身の1stアルバム『DA FOOLISH」をリリースしています。

Creepy Nuts結成

東京でソロ活動を続けていたDJ松永は、とあるイベントでR指定と出会います。

怖い人の多さにビクビクしていたDJ松永とR指定はすぐに意気投合。

イケイケなラッパーやDJが多いなか、同じような価値観を持ったもの同士惹かれ合います。後に2013年のCreepy Nuts結成へ繋がることに。

DMC優勝

Creepy Nutsを結成し、順調なキャリアを積んで行ったDJ松永。しかし、R指定の活躍が注目される中で、自身の活動に憤りを感じるようになります。

R指定はUMB2012-2014の王者であり、地上波で放送されていた「フリースタイルダンジョン」では顔役でした。

相方との格差に悩んでいましたが、2019年ついに日の目を浴びることに。世界一を決めるDJの大会「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2019 FINAL バトル部門」で 優勝を果たします。

DMC優勝をきっかけに、ラッパー・DJ共に圧倒的な肩書きを持つアーティストとしてメディアに取り上げられるようになります。

Creepy Nutsの躍進

2013年に結成したCreepy Nutsは、4年後となる2017年に「メジャーデビュー指南」をリリースしメジャーデビューを果たします。

2020年11月には2DAYSの武道館を成功させ、瞬く間にスターダムを駆け上がります。武道館公演ではDJ松永が涙を見せるシーンがあり、観客の心をグッと掴みました。

2024年1月7日には、bling-bang-bang-bornをリリース。リリース後2週間で全世界でのストリーミング総再生回数が3000万回を突破。

新潟でDJを志していた青年が世界的に有名なアーティストへと上り詰めました。

DJ松永の人気曲は?

DJ松永の人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

DJ松永の人気曲①「かつて天才だった俺たちへ」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次