ラッパーJAGGLAのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

TORNADOのリーダーとしてTORNADO WARNINGやOUTBREAKをリリースし、関西のラップファンの間で絶大な人気を誇るラッパーJAGGLA

ソロラッパーとしても活動しており蜃気楼をリリースするなど、全国30カ所にも渡る大規模ツアーを成功させ、確固たる人気を確立しました。

今回はそんなJAGGLAの楽曲に込められた想いを、紐解いていきましょう。それでは、Check it out!
 

pucho henza

「JAGGLAは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

JAGGLAのプロフィール

アーティスト名JAGGLA(ジャグラ)
本名非公開
年齢37歳(1987年1月10日 生まれ)
身長 非公開
出身地大阪府高槻市
拠点(レペゼン)大阪府高槻市
学歴
所属レーベル


JAGGLAは大阪府高槻市出身、今年で36歳のラッパーです。

現在も地元関西を中心に活躍しています。

JAGGLAのラップスタイル

JAGGLAのラップスタイルは、強烈なキャラクターとヴァイブスを持ち、現場で培ったパフォーマンス力と、胸に突き刺す言葉でインパクトを放つ、現場叩き上げのスタイルが特徴です。

ライブは全国各地のアーティストやヘッズから支持を集めています。

JAGGLAの名前の由来

JAGGLAの名前の由来は、人気スロット台のジャグラーからきているそうです。

ジャグラーのペカリが大好きなようです。

地元から這い上がるJAGGLAの人生

幼少期〜小学生時代

・大阪府高槻市で生まれ幼少期から変わっているといわれていた。

中学生〜高校時代

・ストリートファッションにあこがれていた。
・キングギドラがきっかけでラップに興味を持つようになる

デビュー

・TORNADO(竜巻一家)を結成し地元で積極的にイベントを行なう。
・GAZZILAと出会いソロラッパーとしての認知度をあげていく。

現在

大阪府で生まれる 

JAGGLAは、1987年1月10日に大阪府高槻市で生まれました。

普通の一般家庭で育ちましたが、幼少期のころから近所や親戚からは、変わっていると言われていました。

ストリートファッションに憧れていた中学時代

JAGGLAは、中学時代にストリートファッションに憧れており当時の流行りに敏感でした。

現在でも独特なファッションは人気を集めています。

ラップとの出会い 

学生時代、先輩の兄にキングギドラをすすめられたJAGGLAは、そこからキングギドラにはまり、どんどんヒップホップやラップ、DJなどに興味を持つようになりました。

TORNADOの結成

高校時代のJAGGLAは、アメ村でバイトをしながらラッパーとしても活動をしていました。

ラップクルーTORNADOを結成し、中心メンバーとして地元のクラブで積極的にライブイベントを行なっていました。

ソロラッパーとしてのスタート 

JAGGLAは、主にグループとしての活躍が目立ちましたが、先輩ラッパーであるGAZZILAのサポートMCをつとめたことをきっかけに、ソロラッパーとしても活動を始めました。

以前はラップ1本で食べていけるか悩んだ時期もあったと語っていますが、メキメキと頭角を表し、現在ではSHINGO★西成やANARCHYに次ぐ関西ラッパーと言われています。

JAGGLAの人気曲は?

JAGGLAの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

JAGGLAの人気曲①「My 64」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次