R-指定のプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

UMBで前人未踏の3連覇を達成し、フリースタイルダンジョンのモンスターや2代目ラスボスを務めるなど、史上最強のバトルラッパーとして知られるR-指定

バトルの第一線から退いて以降も、相方のDJ松永とのクルーであるCreepy Nutsで精力的な活動を続けるR-指定は、野外フェスやメディア露出などを行い、HIPHOPの裾野を広げる活動を続けていることでも知られています。

今ではお茶の間の人気者と言われるほどの成功を勝ち取ったR-指定ですが、彼の人生は決して順風満帆なものではありませんでした。そんなR-指定の人生、おすすめの楽曲について紹介していきます。それでは早速Check it out!
 

pucho henza

「R-指定は〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

R-指定のプロフィール

アーティスト名R-指定
本名野上 恭平(のがみ きょうへい)
年齢32歳(1991年9月10日 生まれ)
身長 169㎝
出身地大阪府堺市
拠点(レペゼン)梅田
学歴高卒(桃山学院大学入学も除籍)
所属レーベルCREEPERS


大阪府堺市出身のラッパーR-指定。地元の金岡高校を卒業後、桃山学院大学の法学部に進学します。

音楽に時間を使いすぎ、学費を払えない為、退学しようと向かった学生課で「退学するんやったら、前期の分の学費だけ納めてください。それができないなら除籍という形になります」と言われたというR-指定は、結局学費を払うことができず、大学を除籍になってしまったと語っています。

R-指定のラップスタイル

リズムキープやライミング、即興ラップや様々なフローの使い分けなど、弱点の無いラップが特徴のR-指定は「ラッパーとしてのスキルが全てカンストしている」と表現されるほどの高いHIPHOPスキルが特徴となっています。

メディアでも即興ラップ中に指定されたいくつものワードで意味を通しながら韻を踏み続ける離れ業ともいうべき特技を披露しており、そのスキルの高さをうかがい知ることができます。

R-指定がバトルに出続けていた頃には対戦相手のラッパーから「R-指定は無理ゲー」だという声が頻繁に上がっており、日本のフリースタイルバトルのレベルを一気に何ランクも上げる存在であったとみなされているほどです。

R-指定の名前の由来

R-指定は自身の名前の由来について「般若、宇多丸、漢みたいに漢字を入れたくて、R-指定って漢字と聞いたことある言葉、ちょっと危なそうな表現。中学生心として『渋いなこれ。』って感じた」と漢字が入ったMCネームの先輩ラッパーに憧れながらノリと思い付きで決めたことを語っています。

17歳〜18歳の頃には一時期、R-指定という名前が恥ずかしいと思うような時期もあったそうですが、結局は「名前を変える方が恥ずかしい」と思い、R-指定として活動を続けることを決めたそうです。

シャイな性格のR-指定らしいエピソードですね。

2年連続の1回戦負けから始まるR-指定の人生

幼少期〜小学時代

・大阪府堺市に生まれる
・小学校ではバスケットボール部に所属
・11歳ごろにSOUL’d OUTを入り口にヒップホップを聴くようになる

中学時代

・中学2年生でリリックを書き始める

高校時代

・高校2年生ごろから梅田サイファーの活動に参加
・同じく大阪出身のラッパーKOPERUとのユニット「コッペパン」を結成

高校卒業後

・桃山学院大学に入学するも除籍
・2010年からUMB大阪大会を5連覇、2012年からはUMB本戦を3連覇の大偉業を達成
・初のソロアルバムとなる「セカンドオピニオン」をリリース

デビュー後

・2015年にDJ松永とのユニットCreepy Nutsを結成
・2015年、人気番組フリースタイルダンジョンでモンスターを務める
・2018年Creepy Nutsとしては初のフルアルバム「クリーピーショー」を発表
・2019年フリースタイルダンジョンで2代目ラスボスを務める
・2020年にCreepy Nutsとしてキャリア初の日本武道館単独公演を実施
・2022年タレントの江藤菜摘と結婚し2023年には第一子の妊娠を報告

現在

大阪府堺市に生まれる

R-指定は1991年に大阪府堺市に生まれ、1人っ子として育てられたそうです。

今では相方のDJ松永はR-指定の実家について「クソ貧乏なボロみたいな小屋みたいな家に住んでいた」と語ったことがあります。

このDJ松永の発言は若干大げさな表現だということですが、実際にR-指定の住んでいた家は周囲の家と比べて小さく、友達に「玄関みたいな家」と言われてしまったこともあるそうです。

そんなR-指定は小学生のころからバスケットボール部に所属しており、バスケットボールは中学生の途中まで続けていたと語っています。

HIPHOPと出会い、リリックを書き始める

R-指定がHIPHOPに出会ったのは11歳のころで、たまたまご飯を食べに行ったなか卯の店内で流れていたSOUL’d OUTをカッコいいと思ったのがきっかけだそうです。

それまでは古いJ-POPや歌謡曲を好んで聴いており、サザンオールスターズの桑田佳祐や中島みゆきをよく聞いていたというR-指定。

HIPHOPに出会ってからはそのカッコよさに痺れZeebraやRHYMESTERを聞きあさったと語っています。

そんな時RHYMESTERのアルバム「グレイゾーン」に感銘を受けたR-指定は「俺みたいなやつもラップしていいんや」と勇気付けられたそうで、このアルバムを聞いて以降、自身でリリックを書くことを始めたそうです。

梅田サイファーの活動に参加しラッパーとしてのキャリアをスタート

自身でリリックを書くようになったR-指定は高校2年生頃から大阪の梅田を拠点とする梅田サイファーの活動に参加するようになります。

高校では音楽の流行背景もありラップが堂々と好きとは言えず、ごく僅かな友人とのみ共有し、家でひっそりと歌詞を書いていたというR-指定にとって、同世代のラッパーたちと好きなだけラップができる環境はとても新鮮だったそうです。

そんなR-指定がMCバトルに興味を持ったのは、アメリカのラッパーEMINEMの自伝映画である「8 Mile」を見たことがきっかけだそうで、高校2年生時には大阪のHIPHOPクルー韻踏合組合が主催するMCバトル大会「ENTER MC BATTLE」に出場。

\エミネムの半生が映画化/

エミネムがラップを通じで成り上がっていく半生は「8Mile」という映画で描かれています

8Mileの主演はエミネム。主題歌の「Lose Yourself」はアカデミー歌賞も受賞するほど、この年は音楽、映画業界もエミネムで沸いた1年でした。ラップ好きが「ヒップホップ映画といえば8Mile」と語るほどの名作をぜひ映画でご覧ください!

8Mileが見れる
動画サービス
無料期間有料期間
U-NEXT31日間2,189円/月
Amazon Prime30日間400円〜
(レンタル)
Netflixなし990円/月〜
\8Mileの見どころ/

・後にラッパーの神様と称された男の壮絶な人生
・映画では数少ないラッパーの人生に焦点を当てた作品
・「自分の進むべき道」を示してくれるストーリー
・暴力ではなく言葉を使った男のバトル

1回戦でUMB名古屋大会を制した実力派ラッパーのK.Leeを下すと、2回戦では日本のHIPHOPドリームの体現者でもあるレジェンドラッパー漢 a.k.a. GAMIとも対戦しています。

UMBで3連覇を達成し、史上最強のバトルMCとして認知される

バトルで非凡な成績を残したR-指定が初めて全国の舞台に上がったのは当時19歳だった2010年のこと。

UMBの大阪予選を制したR-指定は初めて全国大会本戦に出場しますが、大会では当時から勢いのあったラッパー晋平太に激戦の末敗れてしまいます。

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次