dj Hondaのプロフィール紹介|ギタリストを目指した過去から最新の人気曲まで徹底解説 

日本屈指のラッパーTWIGYとコラボした大人気曲「RAPATTACK」や、
ヒップホップ好きなら知らぬものはいないZeebraRINOとコラボし話題の「CLASSIC」で知られるdj Honda

DJでありながらトラックメーカーとして世界を股にかけて活躍し、様々な有名ラッパーにビートを提供、
ヒップホップのジャンルを越え、世界的ジャズトランペッター日野皓正との楽曲もリリースしてきました。

また『h』マークの入ったキャップやスニーカーなど一度は目にしたことがあるファッションブランドを手がけ、
今では当たり前のヒップホップとファッションの融合を初めて行った実業家の顔もあります。

近年では日本に拠点を移し、B.I.G.JOE紅桜SIMONJAPILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)などにビートを提供し、多くのラッパーからリスペクトされています。

そんなdj Hondaですが、華々しい経歴の裏には音楽の挫折がありました。彼の曲に込められた思いや、経歴を紐解くことでヒップホップをもっと楽しめること間違いなし!それでは早速 Check it out!
 

pucho henza

「dj Hondaは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

dj Hondaのプロフィール

アーティスト名dj Honda
本名本田勝裕
年齢58歳(1965年 生まれ)
身長 不明
出身地北海道
学歴高校(中退)
拠点(レペゼン)アメリカ→札幌 (現在)
所属レーベルdj honda RECORDINGS

dj Hondaのトラック

dj Hondaが作る骨太なビート、無敵感のあるサウンドはまさにヒップホップのクラシックと言っても過言ではありません

世界を相手に勝負してきたdj Hondaは、35年間以上毎日息をするようにビートを作りあげてきました。90年代のヒップホップに根ざしたものではなく、その日、その時で最高のビートを作り上げたからこそ、芯のある曲を作り上げています。また、彼自身、対談でこう答えています。

別に昔風とか、なんとか風とか考えていないし。こんな曲作ろうよっていうのもないし。できたものが作った曲だから。それを毎日。

TOKION-TWIGY × dj honda――アルバム『RAPATTACK』が生んだ無敵の化学反応

彼の手掛けた曲はどれも「王道でカッコイイ」ので是非、ヘッドフォン爆音で聴いてほしいです。

dj Hondaの名前の由来 

本田さんがDJをしているからシンプルにdj Hondaと名付けました。デビュー当時アーティスト名に名字を使うのは珍しかったそうです。

ちなみにすべて大文字にすると車のHONDAになってしまうからあえて小文字を使用しています

ギタリストの夢、挫折から始まるdj Hondaの人生

幼少期〜小学生時代

北海道に生まれる
小学校時代にロックに出会い音楽に目覚める

中学〜高校時代

高校を中退
ロックギタリストを夢見て上京

下積み時代

ロックギタリストの夢破れ、静岡のディスコで働く。
静岡のディスコでクラブDJになり、ヒップホップに出会う

日本クラブDJ時代

DJKOOらと日本初のリミックスユニット「The JG’s」を結成。
日本でヒップホップの限界を感じ挫折

アメリカに単身渡米

ニューヨークのDJバトル世界大会で「準優勝」を収める。
アメリカに拠点を移し、トラックメーカーとしての活動に専念する

デビュー

1995年に東海岸のラッパーと作り上げたアルバム「djhonda」をリリース。
1997年にリリースされた「Travellin’ man」はアジア人として初めてビルボートチャートにランクインする
1999年に自身のレコードレーベルを立ち上げる。

現在

北海道に生まれる

dj Hondaは北海道で生まれました。

小学校時代にロックに出会い音楽に目覚め、ギターを覚えます。

 ロックギタリストを夢見て上京するも挫折

高校を中退し、ロックギタリストになる夢を持って上京するも挫折してしまいます。

その後は東京を離れ静岡のディスコで働き、クラブDJをすることに。そこでヒップホップと運命的な出会いを果たしました。

クラブDJに転身し活躍するも行き詰まる

ヒップホップにのめりこんでいったdj Hondaは、新宿、池袋、渋谷、六本木とクラブDJとして活動の幅を広げていきます

1980年代中盤には、現在TRFでリーダーを務めるDJKOOらと日本で最初のリミックスユニットThe JG’sを結成。

人気アイドル早見優のバックや、The JG’s名義でシングルをリリースし活躍するも、当時の日本ではDJへ対する理解は低く自分の将来に不安を感じます。

本場アメリカニューヨークで結果を出す

将来に不安を感じながらも、DJの技術を磨き続けたdj Honda。音楽を続けるために答えを求めて1990年単身アメリカに渡米し、日本人として初めてDJ Battle World Supremacy(DJバトル世界大会)に出場します。

その時は1回戦で負けてしまいますが、1992年にニューヨークで行われたDJ Battle World Supremacyで「準優勝」に輝きます。

ヒップホップ発祥の地ニューヨークで認められたことからdj Hondaは、「答えはここにある」とアメリカで活動することを決めました。大会時の動画が残っていました。鬼のスクラッチ技術です。

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次