ラッパーDOPEMANのプロフィール紹介|名前の由来から人気のバトルまで徹底解説

独特のフロウでラップバトルを繰り広げるDOPEMAN(ドープマン)。

第8回、第9回の高校生ラップ選手権に出場するも1回戦で敗退しています。しかし、敗退しているにも関わらず、その名は広く知れ渡りました。その理由とは一体何なのか本記事で解説していきます。

また、生い立ちから紐解いていくことでDOPEMANのラップがより楽しくなること間違いなしです!では、早速Check it out!
 

pucho henza

DOPEMANは〇〇を自覚することで、△△を貫いた。」

目次

ラッパーDOPEMANのプロフィール

アーティスト名DOPEMAN
本名大毛 一輝(おおげ かずき)
年齢27歳(1996年10月29日 生まれ)
身長 175cm
出身地大阪府藤井寺市
拠点(レペゼン)大阪
学歴
所属レーベル


高校生ラップ選手権でも活躍した、同じ大阪出身のWillyWonka aka TAKAと同い年です。

DOPEMANのラップスタイル

DOPEMANは、第八回、第九回の高校生ラップ選手権に出場するも1回戦で敗退しています。しかし、DOPEMANのラップスタイルは、それまで高校生ラップ選手権の出場者からは聞いたことのなかったようなラップスタイルで、会場に大きなインパクトを残しています。

地元仲間の中で流行っている流行語を取り入れた「ブッコロ〜」や「しーまは京都(みやこ)〜」など、DOPEMAN流のバースでファンを楽しませてくれました。

DOPEMANの名前の由来

DOPEMANの読み方は「ドープマン」です。「ドペ」という愛称もあるようです。

名前の由来については、語られていませんが「DOPE」は「やばい、かっこいい」という意味から「やばい男」「かっこいい男」という意味でつけられたと推測します。

自己理解から始まるDOPEMANの人生

幼少期〜小学生時代

6歳の頃から自分は「天才」だとわかっていた。

高校時代

昼は工場で働き、定時制の高校へ通う
高校生ラップ選手権に出場

デビュー

音源制作やライブを中心に活動する

デビュー後

各地でライブを行うなど精力的に活動する

現在

大阪府藤井寺市に生まれる

幼少期から「自分は自分」という考えだったDPEMAN。

「憧れなんて自分を壊すただの邪魔な感情」と定義していて、天才であることに気づかなかった人はただ天才を憧れる存在になるけど、気づいた人は天才になれる。という幼少期からこのような考えだったことから、DOPEMANのスタイルも確立されていったのでしょう。

ラップを始めたきっかけ

DOPEMANがラップを始めたきっかけは、Young Thugに惹かれたからです

。Young ThugはアメリカのHIPHOPアーティストで、DOPEMANの日本人離れしたラップスタイルはそこから影響を受けているのかもしれません。

高校生ラップ選手権出場

DOPEMANが高校生ラップ選手権に応募するきっかけとなったのが、いつも一緒に練習している友達が高校生ラップ選手権で優勝していないことを知ったためです。

実際に初めて出場した第八回高校生ラップ選手権では「いけるやろ〜」くらいのノリで、1回戦で言×THEANSWERとあたり、延長線までいくも敗退します。

その後、第九回にも出場しますが同じく1回戦敗退という結果になっています。

2回連続で1回戦敗退になったにも関わらず、ただならぬカリスマ性とオーラでDOPEMANの名は全国区に広がっていきました。

2018年「U-22 MCBATTLE SP 3on3」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次