ラッパーFRANKENのプロフィール|壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

2017年にチャレンジャーとして出演したフリースタイルダンジョンで強烈なインパクトを残し、全国的にブレイクしたラッパーFRANKEN

超高速ラップに「マジでそうさ」「ピロリアン」などオリジナリティ溢れるワードセンスで、リスナーの心を掴みました。

その後も音源制作やMCバトルなど精力的に活動しており、チャンスをしっかりとものにしています。

そんなFRANKENは豊洲市場での魚売りの顔を持つ二足の草鞋ラッパーでも有名ですが、どのような生い立ちを経て、今に至ったのでしょうか。

この記事を読めばFRANKENのラップを今まで以上に楽しく聞けること間違いなしです!
 

pucho henza

「FRANKENは〇〇でチャンスを掴み、△△で再ブレイクした。」

目次

FRANKENのプロフィール

アーティスト名FRANKEN
本名大矢とおる(おおやとおる)
年齢40歳(1983年12月3日生まれ)
身長 推定186cm
出身地東京都荒川区
拠点(レペゼン)豊洲
学歴
所属レーベルBOMB SOUND

FRANKENのラップスタイル

FRANKENの代名詞と言えばマシンガンのような超早口を駆使したラップです。

早口ながら滑舌が良く聞き取りやすいのも特徴で、緩急をつけたフロウやメロディアスなラップでギャップを魅せるスキルの高さも兼ね備えています。

また、混じり気のないストレートな人間性から放たれるギャグセンスの高いリリックや、豊富なボキャブラリーもFRANKENの武器と言えるでしょう。

FRANKENの名前の由来

先輩から「見た目はいかついけど性格的に優しくピュア」だから「FRANKEN」という名前はどうだと提案を受けたことが、ラッパー名の由来です。

色白や頭のネジが外れている点など共通点も多く、1~2日考えた末に名乗ることを決めました。

なお、カタカナで「フランケン」だとダサいが、英語の「FRANKEN」だとかっこよいことが英語にしている理由です。

魚売りから始まるFRANKENの人生

幼少期〜小学生時代

・東京都荒川区で生まれる。
・HIPHOPが好きでラップを始める。
・ユニット「絶壁」を組みライブ活動を行う。

高校時代

・FRANKENとして個人で活躍するラッパーになる。
・2006年に1stアルバム、2008年に2ndアルバムをリリース。

魚売りを始める

・2010年から築地(豊洲)市場で働き始め、ラッパーと二足の草鞋を履く。
・ラッパーの活動を辞めることを検討。

再ブレイク

・フリースタイルダンジョンに出演し再ブレイク。
・2023年に新曲「ストーリー」をリリース。

現在

東京都で生まれ育ち高校生からラップに漬け込む

東京都で生まれ育ったFRANKENがラップを始めたのは高校生の時でした。イベントで見たラッパーの輝く姿に憧れを抱き、元々のHIPHOP好きも講じて一気にのめり込んでいきます。

自身でもやばかったと振り返っていますが、会う人会う人にフリースタイルを仕掛けていたそうです。

さらに、友人とユニット「絶壁」を結成し、高校生ながら200本以上のライブを行うなど精力的に活動していました。

ラッパーとしての停滞を感じ築地市場で働き始める

高校卒業後にユニットを解散し、ソロで活動をしていきます。

そして間もなくするとFRANKENは、m-floなどを手掛けるDJ CASHと出会い2006年・2008年にアルバムのリリース、同時にテレビ番組でレギュラーを務めるなど順調に進んでいました。

しかし、徐々に人気が停滞していき、ラッパーとしての限界を感じるようになったようです。

そのタイミングで、築地(現豊洲)市場で働くことを勧められ、地盤を固める覚悟で、翌日には働き始めました。

ここから夜から午後まで働く激務をこなしながら、ラップを行う二足の草鞋ラッパーがFRANKENの代名詞になります。

フリースタイルダンジョン出演で再ブレイク

豊洲市場で働きMCバトルから遠ざかっていたFRANKENのもとに、フリースタイルダンジョンからオファーが舞い込みます。

ラッパーとして再起を図るチャンスを掴むために迷いなく出演を決めますが、1回戦で呂布カルマにクリティカル負けを喫しました。

FRANKENは大敗にショックを受けたものの、そのキャラクターやワードセンスに脚光が当たり、再ブレイクに成功します。

HIPHOPシーンでの自身のあり方や活動指針、ファンの意見が多く届くなどダンジョン出演後は景色が変わったと話しています。その後は、今年の夏に新曲「ストーリー」をリリースするなど、音源制作・MCバトルなどシーンで活躍中です。

FRANKENのベストバウトは?

FRANKENのpucho henza編集部の一押しバトルを紹介していきます。

①FRANKEN vs BATTLE手裏剣 vs がーどまん & ゆうま vs Amateras vs JAYPAY/戦極BATTLE TOWERⅡ 敗者復活戦 #7

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次