鈴木真海子のプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

フィメールラッパーRachelとのユニットchelmicoで活動する鈴木真海子
Mamikoという名前でも活動しています。

chelmicoでの楽曲がCMに起用されるなど、いま大注目のアーティストの1人です。

そんな鈴木真海子ですが、華々しい経歴には様々な苦悩がありました。

彼女の曲に込められた思いや、経歴を紐解くことでヒップホップをもっと楽しめること間違いなし!それでは早速Check it out!
 

pucho henza

鈴木真海子は〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

鈴木真海子のプロフィール

アーティスト名鈴木真海子
本名鈴木真海子
年齢27歳(1996年6月26日 生まれ)
身長 162cm
出身地東京都あきる野市
拠点(レペゼン)東京都
学歴美大中退
所属レーベルワーナーミュージック・ジャパン


鈴木真海子は東京出身の都会っ子かと思いきや、出身地のあきる野市は自然が多い地域のようです。

1時間も電車通学したとラジオで語っていました。

鈴木真海子の名前の由来

鈴木真海子は本名です。

鈴木真美子は芸名は使わず本名でラッパーとして活動しています。

鈴木真海子のラップスタイル

日常を歌詞にしながら、テンポよく奏でるラップは聴く人の心を前向きにしてくれます。

鈴木真美子のラップは等身大の自分を表した、飾らない素朴さを感じられます。

それが、聴く人の心にスッと入ってくるのではないでしょうか。

人前に立つことが苦手だったことから始まる鈴木真海子の人生

幼少期〜小学生時代

車から流れるハワイの音楽が楽しかった幼少期
ピアノの発表会で大号泣

中学時代

自分を出せなかった中学時代
母親と人生初のライブに行く

高校時代

高校2年生の時、Rachelに出会う
Rachelから「ラップしよう!」と誘われるも断る
受験期の鬱憤をはらしたくてラップに挑戦

浪人時代

Rachelとの初ステージ

大学時代

Rachelとやりたいことがどんどん出てくる
大学を半年もしないうちに退学

現在

車から流れるハワイの音楽が楽しかった幼少期

最初に音楽が楽しいと思ったきっかけは4~5歳のときの車で聴いたハワイの音楽。

鈴木真海子は当時その音楽のおばさんの歌、太鼓の音がいいなと思ったようです。

鈴木真海子は大人になってその曲について父に聞いたところ、マイキ・アイウ・レイクというアーティストの「Pu’u Onioni」という曲でした。

ピアノの発表会で大号泣

鈴木真海子は8~15歳までの間ピアノを習っていました。

しかし、人前に出るのが苦手だった幼少期はピアノの発表会が恥ずかしくて、大泣きしていたようです。

今のラッパーとして活躍している鈴木真海子からは、人前に立つことが苦手だったとは想像できませんね。

自分を出せなかった中学時代

鈴木真海子の中学校では、「嫌われたらアウト」といった空気があったようです。

当時の鈴木真海子は八方美人で目立たなかったと、自分でも話していました。また部活にも入らず、家で音楽を聴いて、本を読んで、父親と兄と遊ぶ方が楽しかったようです。

鈴木真海子は、やがてラッパーになって自分を表現できるようになっているのが当時からは想像もできないと話しました。

高校2年生の時、Rachelに出会う

写真を撮っている共通の友人が、撮影のモデルとして鈴木真海子とRachelを引き合わせたのが2人の最初の出会いでした。

お互い人見知りということもありあまり話すことはありませんでしたが、鈴木真海子はなんとなく波長が合うと感じていました。

そして、2回目の撮影中のBGMで流れていた曲がお互い好きだったことで意気投合しました。

のちに2人でラッパーとして活躍しますが、最初の出会いはどこかぎこちなかったみたいです。

受験期の鬱憤をはらしたくてラップに挑戦

Rachelからのラッパーになろうという誘いを一度は断った鈴木真海子ですが、受験期に抱えていたモヤモヤをラップで晴らしたいと考えるようになります。

そこで、Rachelに「一回限り」ということでラップをすると返事をしました。

鈴木真海子は、ラッパーを始めたのは、遅くにきた厨二病が始まりと語っています。

浪人期、Rachelとの初ステージ

Rachelと一緒に出演した「シブカル祭。」が鈴木真海子にとって初めてのステージでした。

そのステージは鈴木真海子の現在のラッパーとしてのスタイルとは違い、自分たちで書いたラップではなく書いてもらったラップを1分半くらいの尺のなかで披露するというものでした。

鈴木真海子はほんの一瞬の出番だったけど、すごく楽しいと感じました。

これが、「ラッパー鈴木真海子がステージに立つ快感に目覚めたきっかけ」でした。

また、ずっと帰宅部だった鈴木真海子にとって部活のように感じたようです。

このライブの経験が「もしかしたら、何かを変えられるかも!」と思うきっかけになったようで、大学に進むにしろ、進まないにしろこの日の出来事はきっと糧になると感じたようです。

Rachelとやりたいことがどんどん出てくる

ステージに立つことに目覚めた鈴木真美海子は、自分たちで曲を作って、MVまで手がけたいと考えるようになります。

他にもアパレルなど、Rachelともっとクリエイティブなことをやりたいという気持ちが強くなっていきます。

当時について鈴木真美子は「ラッパーになりたいというだけでなく、Rachelと2人で面白いことをやってみたかった」と話しています。

そして、鈴木真海子は。Rachelとなら、「なにか面白いことができるかも」という自信と信頼がありました。

しかし、母親には大反対されました。

鈴木真美子の母親は、ちゃんと大学に行って就職して真っ当に進んで欲しいと思っていました。また、母親はラッパーを始めるとなると夜のクラブに出ることになるのでその心配もありました。

大学を半年もしないうちに退学

ラッパー・鈴木真海子は浪人して入った大学を半年もしないうちに退学してしまいます。

その理由について、鈴木真海子は「chelmicoがやりたかった」と話しています。

当時のRachelは鈴木真海子にとって、「マジで何も考えていない”勢い”の人だったけど、とにかく周りの人を引きこむ力がすごくて…こんな奴いるんだ!」と驚かされた存在でした。

そんな存在のRachelがいたからこそ、鈴木真海子はラッパーとしてRachelと頑張ってみたいと思ったのではないでしょうか。

鈴木真海子の人気曲は?

鈴木真海子の人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

鈴木真海子の人気曲①「 Lazy river」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次