神門のプロフィール紹介|ラッパーになるきっかけから現在の活動まで徹底解説

話題を呼んだ全曲ラブソングのデビューアルバム「三日月」や、すべての曲が映画のストーリを観ているかのような渾身の10thアルバム「歳月」など、自身の日常をありのままリアルに綴ったリリックが特徴のラッパー神門

日本の代表的な詩人である谷川俊太郎との共演を果たしたり、ラッパー界隈でも神門のラップスタイルとワードセンスはリスペクトされ、ラジオでR-指定が絶賛するほどです。

最新曲「てかさ」では、誰もが経験するであろう日常のとある一コマを表現した一曲がリリースされ、前代未聞!と話題になっています。

自身の経験を赤裸々に、これほどまで包み隠さず綴ったリリックはあるのでしょうか?
そう思わされるほど、魂を込めたラップに圧倒され、聴き手側の魂も揺さぶられます!
そんな神門のラッパー人生は何処からはじまるのか、彼の経歴や人柄などを深堀っていきましょう!
 

pucho henza

「神門は〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパー神門のプロフィール

アーティスト名神門(ごうど)
本名神門
年齢37歳(1986年生まれ)
身長 不明
出身地神戸
拠点(レペゼン)神戸
学歴大卒
所属レーベル半袖バイブス


神門は1986年に神戸で生まれ、現在も神戸を拠点に活動されています。

詳細な情報は、プロフィール上では非公開となっていますが、神門のインタビュー記事や彼の楽曲を聴けば、彼の素直で真摯な人となりや経歴が丸裸になっていきます。

神門のラップスタイル

神門のラップスタイルは、一般的にポエトリーラップ、またはポエトリーリーディングと呼ばれています。
詩人のように言葉を紡ぎ、音楽に言葉を乗せ語りかけるように歌うラッパーのことをいいます。

自身のありふれた日常を鮮明に綴ったリリックを、独自の語り口調でドラマティックに表現するラップスタイルは、聴き手の心を揺さぶる感動をあたえるほど、圧巻のパフォーマンスです。

神門は、ポエトリーラッパーと称されながらも、ジャンルにとらわれない唯一無二の表現者といえるのかもしれません。

神門の名前の由来

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次