ラッパーじょうのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

BAZOOKA!!!のプロデュースの大会である、高校生ラップ選手権第10回目の優勝に輝いたラッパーじょう
その他にも、数々のMCバトルで活躍し、フリースタイルラップの代表格として全国にその名を轟かせました。

また、トラックメイカー兼DJゆのとじょうから成るHIPHOPクルーNA3TYでは、精力的に音楽制作を行い、彼らのユーモラスでインパクトのある楽曲とMVに注目が集まります。

デビュー曲「愛唄akaストーカーの唄」は、ストーカー目線の奇妙なリリックとMVが話題になりました。

ラッパーとして華々しい経歴を残してきたじょうですが、その背景には苦悩や葛藤の日々がありました。
じょうのバトルスタイルや楽曲に込められた想いを、紐解いていきましょう。それでは、Check it out!
 

pucho henza

「じょうは〇〇の感情を、△△にぶつけた。」

目次

ラッパーじょうのプロフィール

アーティスト名じょう
本名松島丈(まつしまじょう)
年齢27歳(1996年12月31日)
身長 170cm
出身地大阪府大阪市東住吉区
拠点(レペゼン)関西圏
学歴高卒?
所属レーベルILL HOMIES Production.


じょうは、大阪市東住吉区で生まれ育ち、現在も関西圏内を中心に活動しています。

学歴について年歴を見ると、2014年に高2でMCバトルで活躍し、2015年には仕事をしているので、大学には進学していないようです。

じょうのラップスタイル

MCバトルでのじょうのラップスタイルは、媚びない物怖じしない、相手を罵倒しまくるけどしっかりと韻を連続させるラップが特徴です。

核心を突いたアンサーを巧みに繰り広げ、会場の雰囲気を自分のものにしてしまうほどの威力があります。

じょうのリリースしている楽曲ではキャッチーなものが多く、高音の声質を活かしたメロディアスなフロウが心地よく聴きやすいです。

コミカルな切り口の曲が多い中、メロウでメッセージ性の強い曲、ブラックなフレーズを用いた曲など様々な楽曲があるので、ぜひ1度聴いてみてください!

じょうの名前の由来

本名の「松島丈」からとって、MCネームを「じょう」と名乗っています。

中学時代のいじめから始まるじょうの人生

中学時代

中学2年、仲間からのいじめが始まる。
従兄弟の影響でキングギドラに衝撃を受け、HIPHOPを聴くようになる。

高校時代

高校2年、天王寺で開催されるサイファーイベントに出場。
2014年、第6回高校生ラップ選手権に出場し、2回戦で敗退。

高校卒業後

2015年、葬儀屋で働く。
2016年、DJゆのから東京のライブイベントに誘われる。
葬儀屋を辞めて、イベントに出場。
第10回高校生ラップ選手権で優勝を果たす。

デビュー

2016年、DJゆのとHIPHOPクルー「NASTY」を結成。
その後、クルー名を「NA3TY」に改名し、楽曲制作やライブ活動を行う。

帰国後

帰国後SEEDAと出会い、共演を果たす。
2012年に1stアルバム『IN MY SHOES』でデビュー。

デビュー後

2013年2月20日にトイズファクトリー移籍を発表。
2018年7月10日にKOMA DOGG / LDH MUSICへの移籍を発表。

現在

いじめに苦しんだ中学時代

じょうは、中学2年になると仲間の友達からいじめを受けるようになります。

家が近い8個上の従兄弟のお兄ちゃんの家に遊びに行った時に、キングギドラのDVDをみせてもらいます。この時じょうは、ヒップホップに電気が走るような衝撃を受けました。

こうして、じょうは従兄弟の影響でHIPHOPを聴くようになり、「いじめてきた奴を見返したい」という想いが強くなり、ラップにのめり込んでいきます

朝早起きしてキングギドラの曲を聴いて、自分のテンションを上げて学校に通います。

初めてラップバトルに出場

高校2年の頃、日頃からラップ練習やリリックを書いて着々とスキルを磨いていたじょうは、従兄弟のお兄さんに「天王寺でやるサイファー出てみれば?」と言われ、すでにラップに自信があったためサイファーイベントの出場を決めます。

じょうはサイファーに出場し、ラップを披露すると周りの人に「上手いね!」と褒められます。
そして「もっと言われたい」と思うようになりました。

第6回高校生ラップ選手権に出場

2014年10月、第6回高校生ラップ選手権に出場。じょうは、この時も自分のラップに自信を持って挑みます。

1回戦目の対決相手であるMCfrogとのバトルに見事勝利し、2回戦に駒を進めます。

しかし、2回戦目の対決相手SNOZZZには力及ばず、敗退しました。

その後のじょうは、ラップは続けていましたが、ライブ活動が恐くなってしまいます。

葬儀屋での仕事を経験

ライブ活動から離れたじょうは、2015年から葬儀屋の仕事を始めます
葬儀屋の仕事は、スケジュール的にもメンタル的にもハードな仕事です。

じょうは、葬儀屋での経験を「ニートTOKYO 」で語っていますが、ご遺体の状態に驚いたり、腐敗臭が鼻から取れなかったなどの体験を淡々と語っています。

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次