ラッパーHANGのプロフィール紹介|壮絶な半生から最新の人気曲まで徹底解説

自らが客演として楽曲に参加した沖縄発のHIP–HOPグループ604の代表曲「August」や、若手実力派ラッパーの唾奇と発表した「ame」などでよく知られるHANG。

聴き心地のいいビートにのせて人生の本質や楽しさをテーマにした楽曲も多く、今や全国的に有名なラッパーの唾奇BASITOCCHI梅田サイファーなど人気アーティストとも深い交友関係をもっています。

最近では、「COYOTE AGREE」という名義でMV監督やジャケットデザインを手がけるなど、活躍の幅を広げています。

そんなHANGには、人気ラッパーになるまで物足りない自分との葛藤や苦悩がありました。彼のリリックに込められた思いや背景をひもとくことで、今まで以上に彼の楽曲を楽しめること間違いなしです。

それでは早速、Check it out!

pucho henza

「HANGは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。

目次

ラッパーHANGのプロフィール

アーティスト名HANG
本名
年齢33歳(1991年 生まれ)
身長 
出身地北海道
拠点(レペゼン)沖縄県那覇市
学歴
所属レーベルFinal Weapon Company

HANGは1991年生まれの北海道出身のラッパーです。

現在は沖縄県那覇市を拠点に活動をしています。

HANGのラップスタイル

HANGは、ラッパーでありながら人生をテーマにした楽曲が多く、自然体で飾らない等身大のリリックが特徴です。

ラップというと、アンダーグラウンドで強さを全面に押し出すものや誰にも負けない闘争心を表現するものが一般的なイメージでしたが、HANGの登場によって新しい風が吹きはじめました。

ありのままを表現するHANGに惹かれて仲間が集まり、楽しく活動をしている様子はHANGの人生そのものです。

HANGの名前の由来

HANGの名前の読み方はそのまま「ハング」と読みます。

気になるHANGのラッパー名の由来ですが、現在のところ明らかにされていません。

英語でhangは「ぶら下がる」という意味であり、ゆったりと人生の流れに身をまかせる彼自身の生き方を表しているのではないかとされています。

東京への上京から始まるHANGの人生

幼少期〜高校時代

北海道に生まれる。
地元の友人と雪山で遊んで育つ。

東京に上京

2008年に18歳で東京に上京する。
渋谷NOSTYLE(クラブ)でPAのアルバイトを始める。

グループ結成

2013年にラッパー担当として3人組グループ「The bleusonics」を結成する。

日本一周を開始

2016年に徒歩とスケボーで日本一周の旅に出る。

沖縄県での出会い

唾奇とHANGのユニット「glitsmotel」を結成して活動をする。
沖縄発のHIP–HOPグループ「604」に参加する。

現在

レーベル会社「Final Weapon Company(FWC)」を主宰する。
ラッパーに加え、「COYOTE AGREE」名義でMV監督やジャケットデザインを手がけるなど活躍中。

18歳で東京に上京し、ラップを始める

幼少期から高校生まで北海道で育ったラッパーのHANGは、2008年に18歳で単身東京に上京します。

渋谷のNOSTYLEというクラブでアルバイトをはじめ、PAをしながらアーティストの知り合いを増やしていきます。

東京でユニット活動をする

上京から5年後、アルバイト先で知り合ったピアニストの高本りな、ラッパーHANG、アコースティックギタリスト矢野敦士で、3人組Piano×Rap×Guitarユニット「The Bluesonics」を結成しました。

2013年にHoodsode Record主催のLIVEバトルで優勝、2014年に9sariRecord主催のオーディションでソロLIVE優勝と着実に実績を積み上げていきます。

徒歩で日本一周の旅をする

順調だったThe Bluesonicsの活動は、ピアニスト高本りなが米国留学をしたことで半ば空中解散となり、HANGはソロでのラッパー活動を再開します。

ソロ活動をするHANGは、自分の人生の経験値を増やし自分に似合った言葉でリリックを書きたいと思い立ち、2016年2月から徒歩(スケボー)で日本一周の旅をスタートします。

梅田サイファーのいる関西と四国のお遍路を旅し、沖縄県に着いたところで資金がゼロになり、日本一周の旅は一時中断となりました。

沖縄県で唾奇に出会う

旅の資金がゼロになったHANGは沖縄県で唾奇に出会い、ラッパーとしての運命の歯車がゆっくりと動き始めました。

リリシズムや音楽性、価値観で意気投合したHANGと唾奇は2017年に「glitsmotel」を結成し、沖縄県で不動の人気を獲得します。その後、拠点を沖縄に移し、沖縄発のHIP–HOPグループ604に加入し、盟友のMAVELやTOCCHIらと出会っていきます。

デビュー

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ!/

目次