HITOMINのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説 

代表曲「Phone」のTikTokでのバズが記憶に新しい、今Z世代で人気沸騰中のフィメールラッパーHITOMIN

そのジャンル不明の自由自在な音楽性と等身大のリリックが多くのファンの心を掴み、
最近ではカラオケ「DAM CHANNEL」への出演や東日本6都市でのツアー公演を果たすなど
順調に活躍の幅を広げつつあります。

しかしそんなHITOMINの輝かしい成功は、簡単なものではありませんでした。
この記事では知る人ぞ知る彼女の過去から現在に至るまでの軌跡を紹介していきます!Check it out!
 

pucho henza

 「 HITOMINは、〇〇を糧に、△△を手に入れた」

目次

ラッパーHITOMINのプロフィール

アーティスト名HITOMIN
本名仁美(ひとみ)
年齢24歳(1999年7月26日 生まれ)
身長 詳細不明(本人のTwitterによると157㎝未満)
出身地埼玉県
拠点(レペゼン)埼玉県
学歴不明
所属レーベルBTB ENT

HITOMINのラップスタイル

HITOMINは過去にSNSでこんなことをつぶやいていました。

特定のジャンルに縛られることなく自分らしさを貫き続けるHITOMINのスタイルが、
可愛らしくも力強い、彼女らしい語り口で表現されていますね!

この言葉のとおり、HITOMINはメロウなトラックに哀愁漂うメロディーをのせて歌い上げるときもあれば、挑戦的な声色とフロウで媚びない姿勢を主張するときもあります。

楽曲によって別人のように雰囲気を変えることが出来る、その優れた表現力がHITOMINの売りと言えます。

HITOMINの名前の由来

HITOMINの由来は本名の仁美(ひとみ)です。

かなり本名に近いMCネームではありますが、HITOMINはアーティストとしての自分と素の自分とを分けて考え、SNSで自分についての話題に触れる際は「HITOMIN」と「仁美」を意識的に使い分けています。

アーティストとしての大成を目指しつつも、そのままの自分として過ごす私生活も大切にしたいとの信念があるのでしょう。

音楽の道を模索し続けたHITOMINの人生

幼少期〜小学生時代

1999年に生まれ、埼玉で暮らす。

中学生時代

動物好きが高じて自転車の前カゴに柴犬を乗せて帰るなど、自由奔放に過ごす。

中学卒業後

16歳のころ、音楽の道へ進むことに反対し続ける親と喧嘩し、家出。

ラッパーを志す

ラッパーの男友達に勧められるがまま、ビートジャックで作った音源をSNSに投稿。
音楽プロデューサーであるタイプライターの目に留まり、BTB ENTから電撃デビューを果たす。

デビュー

2020年1月28日に青山WALL&WALLで人生初ライブを開催。
2023年のゴールデンウィークには東日本6カ所でツアーを行った。

現在

ドラマの主人公に憧れて音楽を志す

HITOMINは小学生の頃、ディズニーチャンネルで放送していたドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナを観て「どこにでもいるような中学生の女の子が正体を隠しながらアイドルスターとして活躍する」というストーリーに夢中になり、楽曲にさえも強く影響を受けたことで自身も音楽の道を志すようになりました

今ではリリックで流暢に英語を使いこなしているものの、当時は日本語しか話すことができなかったHITOMIN。

それでも彼女はハンナ・モンタナの曲を歌いたかったので、頑張って耳コピをして自分なりに真似をしながら歌っていたそうです。

音楽活動に反対する親と喧嘩して家出

HITOMINは音楽の道を夢見て10代の頃から都内のオーディションを探しては受けていましたが、親からはいつも強く反対されていました。

たとえオーディションの審査が順調だったとしても、未成年である以上どこかで親の承諾が必要になってしまうもの。16歳だったある日、それがきっかけで親と大喧嘩をしてしまったHITOMINは「出ていけ!」と言われた末に「ああ、じゃあ出てったらぁ!」と啖呵を切ってついに家出をしてしまいます。

それから2〜3年間、全く家には帰りませんでした。

SNSのバズでラッパーとしての知名度を獲得

19歳のとき、ラッパーの男友達から「ビートジャック(他人の曲のビートにオリジナルのラップをのせる行為)でデモ曲を作ってみたら?」と勧められたことをきっかけに、HITOMINはUSラッパーTygaの楽曲Girls Have Fun”を日本語でリミックスし、SNSに投稿。その完成度の高さから若年層を中心に話題を呼び、同時に数多くのアーティスト達もHITOMINに注目し始めました。

彼女の才能は、SUHIBOYSAYA a.k.a. PANDAの楽曲などを手掛けている音楽プロデューサー「タイプライター」の目にも留まったことから、見事BTB ENTを所属レーベルに電撃デビューを果たすこととなりました。

デビュー直後に3週連続リリース

2019年7月5日にシングル曲「Who is that girl」でデビュー。翌週12日に2ndシングル「body」、その翌週19日に3rdシングル「Phone」と、HITOMINは3週連続で立て続けに楽曲をリリース!

「body」はiTunesのHIPHOPチャートで2位を飾り、Youtubeで公開された「Phone」のMVは3か月で95万回も再生されました。「Phone」はTikTokでもバズり、多くのファンが着信音として利用したほど。

9月20日にはデビューEP「Bad Bitch」を500枚限定でリリース。翌年の2020年1月28日には青山WALL&WALLで人生初ライブを開催しました。

さらなるバズを重ねてツアーへ

デビューから1年後の2020年7月26日、HITOMINは2ndEP「Stronger」をリリース。アルバムを代表する曲である「SAYONARA」はYouTubeへの公開後わずか1カ月という期間で100万回再生を叩き出し、人気が加熱したHITOMINはカラオケ「DAM CHANNEL」にゲスト出演するなど、他メディアにも活躍の幅を広げました。

2023年のゴールデンウィークには石川・和歌山・長野・新潟・群馬・青森の6カ所でツアーを行っています。今後もより一層の活躍が期待されますね!

https://twitter.com/Notitle_77/status/1644600555292233728

HITOMINの人気曲は?

HITOMINの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

HITOMINの人気曲①「Phone」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次