BASI(韻シスト)のプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説 

唾奇を客演に迎えた大人気曲「愛のままに」や、TOCCHIのRIMIX曲「これだけで十分なのに」などで知られるラッパーBASI

1998年に地元大阪で韻シストを結成してラッパーのキャリアを歩み始めたBASIは、
WILYWNKA唾奇空音など多くの人気ラッパーとの楽曲を生み出してきました。

最近では、2021年からTwitterを更新しておらず、全く表舞台にも出てこないことから死亡説もでています。

そんなBASIですが、華々しい経歴の裏には様々な苦悩がありました
BASIの曲に込められた思いや、経歴を紐解くことでヒップホップをもっと楽しめること間違いなし!
それでは早速 Check it out!

pucho henza

「BASIは〇〇にこだわり、成功を収めた」

目次

BASIのプロフィール 

アーティスト名BASI(バシ)
本名石橋隆之
年齢45歳(1978年8月1日 生まれ)
身長 
出身地大阪府泉佐野市
拠点(レペゼン)大阪府泉佐野寺
所属レーベルBASIC MUSIC

BASIのラップスタイル

ゆったりとした口調で「チル」を感じさせるBASIは、ゆっくり過ごしたい朝や深夜ドライブ中に聞きたくなるようなメロディアスな楽曲を多くリリースしています。日常の何気ない一瞬に焦点を当てたり、愛について歌うことが多く、不満や批判を歌うヒップホップが多い時代では珍しく人気を集めました。

また、フリースタイルでもよく「Back to the Basic」(基本に戻る)という言葉を使うBASI。
基本を大事に、楽曲制作に励んでいることが伺えます。

BASIの名前の由来

「自分が口ずさめば音楽になる。」

そういった願いを込めて、本名の「石橋隆之」と好きな言葉である「BASIC(ベーシック)」からBASIと名付けられました。

BASICという基礎、基本を大事にして名づけるところがBASIらしいですね。

誰もやらないことをやるBASIの人生

幼少期〜小学生時代

1978年に大阪府泉佐野市に生まれる。

中学生時代

友人にスケーターやラップ好きが多く、ラジカセで聞いていたヒップホップに興味を持つ。
DJをやりたがる友人が多いなか、逆張りでMCを志す。

ヒップホップグループを結成

1998年に韻シストを結成。
「やばいラッパーがいる」と誘われたBASIは初期メンバーとして、MCの中心的な存在だった。

韻シストとして活動

鎮座DOPENESSを客演に迎えたHOTTE COFFEなど、大ヒット曲を量産。

韻シストを脱退

ソロ活動に専念するために韻シストを脱退。

現在

スケーターの影響でヒップホップに触れる

BASIの地元は俗に言う「横乗り」の人たちが多く、よくスケーターがヒップホップを流していたそうです。
地域の文化としてスケーター・ヒップホップがあり、BASIもヒップホップに興味をもち始めます。

地元の友人はDJを志す仲間が多かった一方で、BASIは誰もやろうとしなかったMCになることを決意します。

20歳で韻シストを立ち上げる

「やばいラッパーがいる」と地元では有名だったBASI。
高校の同級生だったShyoudogとサッコンがバンド結成を考えている時に誘われ韻シストを結成しました。

「誰もやっていないことをやる」という自分達の本質を貫くことを大切に楽曲制作に励んでいました。

2021年に韻シスト脱退

2021年6月に、韻シストからBASIの脱退が発表されました。ソロ活動に力を入れていきたいということから韻シストからの脱退を決意しました。

脱退したのちも韻シストからも思いは強く、BASIの企画書や、アイデアのメモを何度も読み返し、その想いを実現すべく、全力を注いでいます。

現在は音楽活動をしていない

2021年の韻シスト脱退後から表舞台に現れなくなったBASI。
ネット上ではマンションの11階から飛び降りたとの噂も広まっています。

GeG(変態紳士クラブ)のインスタのストーリーでは、BASIが死亡した旨を記載していたのでファンの中では死亡説との声もあります。

2023年5月にBASIから「私にはない」がリリースされましたが、声質がBASIではなく、リリックも全て英語なことから本当にBASIは生きているのか?と疑う声が増えています。

BASIの人気曲は? 

ラッパーBASIの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

BASIの人気曲①「愛のままに」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次