ラッパーKOJOEのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

ヒップホップの本場アメリカで、アジア人初となるヒップホップの有名レーベルであるRAWKUSと契約したことで、一躍有名となったラッパーKOJOE

現在は、日本に帰国し、様々なアーティストとのコラボ、アルバムをリリースして活躍しています。順風満帆なラッパー人生のように見えるKOJOEでしたがその裏には数々の苦労や困難を乗り越えていました。

この記事を読めばKOJOEのラップを今まで以上に楽しく聞けること間違いなしです。Check it out!
 

pucho henza

「KOJOEは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパーKOJOEのプロフィール

アーティスト名KOJOE(こーじょ)
本名坂田 浩一郎
年齢44歳(1979年6月30日 生まれ)
身長 不明
出身地新潟県十日町市
拠点(レペゼン)
学歴高校卒
所属レーベルJ.STUDIO


KOJOEは、新潟県十日町市生まれですが、転勤の関係で転校をくりかえしていたため日本に地元がないまま渡米しています。

現在は帰国し日本で活躍しています。

KOJOEのラップスタイル

KOJOEはNYでラップの腕を磨いており、ブラックミュージックに触れてきたラッパーなので、日本のラッパーにはない独特なフローやグルーヴが特徴です。

また英語、日本語をバランスよく取り入れており、どちらの言語でも違和感なく聞けるスキルを持っています。

KOJOEの名前の由来

KOJOEの読み方はコージョです。本名の「浩一郎」を文字ってアメリカで友人にコージョというニックネームで呼ばれていました。

アメリカで呼ばれていたコージョを英語表記した読み方のKOJOEがMCネームの由来となっています。

アメリカ留学から始まるKOJOEの人生

幼少期〜小学生時代

新潟県十日町市で生まれる
小学生時代は転校を繰り返し、最終的には群馬県の高崎市に落ち着く。

中学時代

歌うことが好きで、長渕剛やドリカムなどのJPOPやニルヴァーナやN.W.Aなどの洋楽など様々なジャンルの音楽を聞いていた。

高校時代

17歳の時、スキーの推薦でアメリカに渡米する。
アメリカにいる姉の彼氏の影響でヒップホップにはまる。

アメリカ滞在中

ニューヨーク州クイーンズ地区で生活しながらヒップホップにハマっていく。
2007年にレーベルRAWKUSとアジア人初契約をする。

日本帰国

2009年に日本に帰国
帰国後はアルバムをリリースするなど現在も活躍している。

現在

新潟県十日町市で生まれる 

KOJOEは新潟県十日町市で生まれましたが、当時は親の転勤の関係で、各地の学校に転校していました。

最終的に群馬県の高崎市に落ち着き、渡米までは高崎市で過ごしました。

歌が大好きだった中学時代 

KOJOEは、中学時代歌が大好きで、長渕剛やドリカムなどのJPOPやニルヴァーナやN.W.Aなどの洋楽など様々なジャンルの音楽を聞いています

この頃から歌うことが大好きだったようです。

スキーの推薦でアメリカ留学

KOJOEは、17歳の時、当時ハマっていたスキーの推薦でアメリカへ留学することになりました。

その際、アメリカにいる姉の彼氏の影響でヒップホップにハマりラッパーを目指すことになります。

言語の壁に苦労した初期

KOJOEは、アメリカ留学の初期は言語の壁に苦労したと語っています。

ただしゃべったり言葉を理解することも大変なはずなのに、ラップを英語で行なう難しさは計り知れなかったはずです。

有名レーベルRAWKUSとアジア人初契約をする

ニューヨーク州クイーンズ地区で生活しながらラッパー生活を歩んでいたKOJOEでしたが、2007年に当時名門といわれたレーベルRAWKUSとアジア人初契約をしました。

RAWKUSに所属している際「RAWNIN」をリリースしました。言語の壁を乗り越えデビューを果たしました。

日本に帰国 

KOJOEは、2009年に日本に帰国することになりました。

日本に帰国してからは、本場アメリカ仕込みのスキルと日本に合わせたスタイルを融合し唯一無二のラッパーとして大活躍しています。

KOJOEの人気曲は?

KOJOEの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

KOJOEの人気曲①「回る ft. RITTO & 田我流」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次