句潤のプロフィール紹介|生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

「横浜の異端児」「ハマの4番バッター」など様々な異名を持ち、横浜を代表するラッパーの1人として知られているラッパー句潤(くーる)

抑揚のきいたメロディアスなフローと独特の音楽センスを持つ句潤は、まさにHIPHOPシーンの中でも唯一無二の存在。バースを聞けば自然と首を振ってしまう聞き心地の良いラップが特徴のラッパーです。

 2020年には舐達磨にも楽曲提供をしているGREEN ASSASSIN DOLLARが全面プロデュースするアルバム「風呼ぶカモメ」をリリースするなど、バトルだけでなく音源でも精力的に活動している句潤。

 そんな天才的な音楽センスを持ち、プロップスも高い句潤ですが、その成功の裏側にある様々な苦悩や葛藤について知る人は少ないのではないでしょうか。
 彼のラップに込められた思いや、経歴を紐解くことでヒップホップをもっと楽しめること間違いありません。
それでは早速 Check it out!
 

pucho henza

 「 句潤は〇〇な困難を△△で乗り越えた」

目次

ラッパー句潤のプロフィール

アーティスト名句潤
本名非公表
年齢39歳(1984年生まれ)
身長 不明
出身地神奈川県横浜市
拠点(レペゼン)横浜
学歴高等学校卒業
所属レーベルButcher’s Studio


句潤は1984年に横浜市東白楽で生まれ育った生粋のハマっ子ラッパーです。

有名になったあとも横浜を拠点に活動し続けておりOZROSAURUSサイプレス上野らと並んで横浜のHIPHOPシーンを語るうえで外すことのできないMCです。

句潤のラップスタイル

句潤の魅力は何と言っても持ち前の音楽センスを余すことなく表現する自由でメロディアスなフローです。

シンプルなビートはもちろん、他のラッパーであれば苦労するような難易度の高いビートも自由自在に乗りこなし、句潤にしか出すことができない独特の世界観でヘッズの首を振らせることができます。

また、バトルでは遊びの多い自由なノリ方をしつつも、的確なディスで相手を刺していく変幻自在なスタイルで、数多くのラッパーたちに「戦いづらい相手」と認識されているようです。

句潤の名前の由来

句潤という名前の由来について、元々あがり症である自分自身の気持ちを落ち着かせるために「クール」という名前にしたとされています。

また、発音はそのままに「言葉を潤わせたい」という願いを込めて句潤という漢字を当てたそうです。

ステージ上で飄々とパフォーマンスをする今の姿からはなかなか想像することのできなかった理由ですよね。

さんピンCANPから始まる句潤の人生

幼少期〜小学生時代

横浜市東白楽で生まれる。

中学生時代

兄が見ていた「さんピンCANP」の映像を見てラップに興味を持つ

高校時代

東京の高校に通うようになる
学園祭でクラブを模した出し物をし、ラップを始める。

デビュー

ヒップホップグループ「オレラ」結成
ULTIMET MC BATTLL 2013逗子予選 優勝
ULTIMET MC BATTLL 2015神奈川予選 優勝

デビュー後

MPCバンド「MEATERS」を結成。
GADのプロデュースでアルバム「風呼ぶカモメ」をリリース。
RUFFとのジョイントEP「SEVEN DAYS」をリリース。

現在

横浜市東白楽に生まれる

句潤は1984年に横浜市東白楽に生まれます。

東白楽は自然を感じる場所もあり、横浜市内の中でも落ち着きのある雰囲気の街です。

さんピンCANPの映像を見てHIPHOPに興味を持つ

句潤は中学生になった頃、兄が見ていた「さんピンCAMP」の映像を見てHIPHOPに興味を持ったと語っています。

さんピンCAMPとは提唱者のECDを始め、ZEEBRADEV LARGERHYMESTERなど、日本のヒップホップアーティストが日比谷野外音楽堂に集まって開催した伝説的なイベントです。

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次