ラッパーkZmのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

AwichやMonyHorseらが所属するヒップホップクルーYENTOWNに最年少で所属しているラッパーkZm

ラップ界のニューカマーTohjiやLEXや、小袋成彬、RADWIMPSの野田洋次郎などを客演に呼び制作したアルバム「DISTORITION」はApple Musicで総合一位を獲得。

HIP HOPの枠を超えその音楽の魅力が評価されています。

ラッパーkZmについて、経歴や人気曲、過去に所属していたkiLLa crewについてなど詳しくご紹介します!Check it out!
 

pucho henza

「kZmは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

kZmのプロフィール

アーティスト名kZm
本名
年齢29歳(1994年1月29日 生まれ)
身長 
出身地東京都渋谷区
拠点(レペゼン)東京都
学歴
所属レーベルYENTOWN De-void* アトランティック・ジャパン

kZmのラップスタイル

フリーキーとも評される独特なラップスタイル。また、文学的なリリックも魅力の一つです。

kZmはHIP HOPの枠を広げ、ダンスミュージックやインディーロックなど様々なテイストを柔軟に取り入れたエッジーな楽曲を制作しています。

kZmの名前の由来

ラッパーkZmの読み方は、ケー・ズィー・エムです。

過去に名前の読み方について、「実はそのまま“ケー・ズィー・エム”なんですよ。曲でもリアルでも、みんなから“カズマ”って呼ばれてるんで、それがそのまま浸透しちゃったんですよね。」と語っています。

名前の由来については、詳しい理由は分かりませんでした。

代々木公園のバスケットコートから始まるkZmの人生

幼少期〜小学生時代

・渋谷区出身。
・バスケ少年な小学校時代。代々木公園のバスケットコートでHIP HOPに触れる。
・のちにkiLLa crewを共に結成するYDIZZYと知り合う。 

中学高校時代

・中学1年生ごろ、AppleのCMでEminemの「Love Yourself」を聴き衝撃を受ける。
・Sound Cloudの音源でラップを始める。
・バスケ、HIP HOP好きの仲間と共に、kiLLa crewを立ち上げる。

kiLLa crew時代

・2015年、西山理髪店にてDJ DARUMAとの出会いを期に本格的にラップ活動開始。
・2015年4月にシングル「Ice Cold City」をリリース。
・YENTOWNに所属。

ソロで活躍

・kiLLaのYENTOWN脱退、kZmはkiLLa crewを抜けYENTOWNへ所属継続。
・2018年3月 1st アルバム「DIMENSION」リリース。
・2020年、小袋成彬やRADWIMPSの野田洋次郎などを客演に「DISTORTION」をリリース。

現在

渋谷区出身、代々木公園のバスケットコートでHIP HOPに触れるように

kZmは、渋谷区出身。

ソウルやジャズが好きな父親の元、ブラックミュージックに親しむ幼少期を過ごします。

小学校高学年のkZmは、代々木公園でよくバスケをするようになります。

バスケットコートでは外国人がスピーカでHIP HOPを流しており、部活でするバスケとは全然違う、俺がやりたいのはこれかもしれないと感じたのだとか。

そして、当時AppleのCMとして放映されていたEminemの「Lose Yourself」をきっかけに、本格的にラップに興味を持ちます。

kZmが初めて買ったCDはEminemの日本版アルバムです。

バスケがきっかけで出会うkiLLa crewの仲間たち

代々木公園のバスケットコートで、kZmはYDIZZYと出会います。

当時のYDIZZYはオーバーサイズのファッションでBMXを乗りこなし「めちゃくちゃB-BOY」だったそう。kZmは、スヌープドッグのCDを借りたと、思い出を語っています。

YDIZZYの同級生No Flowerや、代々木近辺に住んでいたArjuna、BLAISEらとも次第に知り合い、チームを作ってバスケをしたり、携帯でビートを流しラップをしたりして過ごしていました

kZmが高校生の時、着たい服を作りたいとアパレルブランドkiLLaを立ち上げます。

そのルックに周囲のイケてる人を出演させたことから、自然発生的にkiLLa crewが発足しました。

DJ DARUMAとの出会いを期に、本格的に音源制作を始める

2014年ごろ、kZmは西山理髪店でショートドレッドの髪型にしていました。

そこで偶然DJ DARUMAと会い、DJ DARUMAも過去に同じ髪型をしていた、と話をする機会を得たkZm。

DJ DARUMAに「本気で(音楽)やってみなよ」と言葉をかけられ、事務所を紹介してもらったkZmは、本格的な楽曲制作に乗り出します

その後、2015年春にJUNKMANとChaki Zuluに「YENTOWNっていうのを作るから入らない?」と誘われ、YENTOWNに加入。

シングル「Ice Cold City」をリリース、他のアーティストに客演として出演するなど、その注目度を高めていきました。

KiLLa脱退、ソロで活躍するようになる

2016年、kiLLa crewはYENTOWNを脱退し、kZmはkiLLaを脱退しYENTOWNに残ることとなります。

この時の詳しい状況は公表されていませんが、kZmは「もちろん、kiLLaのクルーは今でもみんな友達」と語っているので、不仲などが原因では無いようです。

ソロとして活動することとなったkZmは、アルバム「DIMENSION」をリリース。

「DIMENSION」に収録されている「WANGAN」は、ミュージックフェス「EDC JAPAN 2019」で披露された際にはEDMフェスティバルでは異例のサークルモッシュが巻き起こったことでも話題となりました。

「愛を念頭において」音楽の幅を広げたコロナ禍期間

2020年、2ndアルバム「DISTORTION」をリリース。

次世代のラッパーTohjiやLEXだけでなく、小袋成彬、RADWIMPSの野田洋次郎なども客演に迎えた本作は、Apple Music総合一位を獲得しました。

コロナが世界的に流行しパンデミックとなった2020年、アルバムのリリースも先送りにするか悩んだと話すkZm。表現者としてできることが限られている中でもやりたいことはやる、とアルバムの発売に踏み切りました。

リリース文には「愛を念頭においてやりたい事をやってきます」と綴られています。

コロナ禍で、ハウスやテクノなどのインプットができたことで楽曲にも変化があったと話すkZm。2022年にはオルタナティブバンドGliiicoが客演として助力するEP「Pure 1000%」をリリース。その音楽性をアップデートし続けています。

kZmの人気曲は?

kZmの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

kZmの人気曲①「TEENAGE VIBE feat. Tohji (Prod. Chaki Zulu)」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次