ラッパーD.O.のプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

「メーン」「ってハナシ」などオリジナルな言い回しに加えて、独特のオーラを放ち多くのラッパーから憧れの対象になっているD.O

最近では盟友NORIKIYOが服役前に作った楽曲「Their Stories Continue」のMVが公開されたことで、反響を呼んでいます。

自身の体験から書かれたリリックは聴く人を魅了する一方で、2度の逮捕など壮絶な人生を送ってきました。
この記事を読めばD.Oのラップを今まで以上に楽しく聞けること間違いなしです。
 

pucho henza

「D.O.は〇〇をHIPHOPで語り、△△は残り続ける」

目次

D.O.のプロフィール

アーティスト名D.O
本名君塚 慈容(きみづか しげやす)
年齢45歳(1978年7月3日 生まれ)
身長 178cm
出身地東京都練馬区
拠点(レペゼン)練馬
学歴高卒
所属レーベル9SARI GROUP

D.O.のラップスタイル

一度聴いたら忘れることがないであろう、高い鼻声から発せられる中毒性の高いフロウがD.Oのラップスタイルです。

また自身の経験をもとに書かれたリリックは、リアルでドープな生き様が反映されており、聴く者をD.Oの世界観に引き込みます。

そしてフッド(練馬)ありきのHIPHOPにおけるストリートなスタイルをラッパーとして大切にしています。

D.O.の名前の由来

D.Oというラッパー名は旧姓である須藤(SU”DO”U)に由来しています。

ちなみにインタビューや動画で「デンジャラス・オリジナル(DO)」と口にすることが多いため、ここからとっていると思われがちです。

手塚治虫から始まるD.O.の人生

幼少期〜小学生時代

手塚治虫が設立した虫プロで働く両親のもと秋田県で生まれ練馬大泉学園で育つ。
中学生のときに友人に誘われて行ったクラブがきっかけで日本語ラップに出会う。

高校卒業~KAMINARI-KAZOKU.の付き人

2回の留年を経て高校を卒業。
先輩からRINOを紹介してもらいKAMINARI-KAZOKU.およびRINOの付き人となる。

デビュー

2006年にソロアルバム「JUST HUSTLIN’ NOW」でデビュー。

2度の逮捕

2009年にコカインの所持・使用により麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で逮捕。
2018年に乾燥大麻やコカインなど数百グラムを所持していた容疑で再逮捕。
2019年に懲役3年の実刑判決が確定し服役に入る。

出所

2021年に刑務所から出所。
2022年に出所後初となる配信限定シングル「Rhyme to heaven」をリリース。

デビュー後

2013年2月20日にトイズファクトリー移籍を発表。
2018年7月10日にKOMA DOGG / LDH MUSICへの移籍を発表。

現在

虫プロで働く両親の影響を受けた幼少期

母親の地元秋田能代市で生まれたD.Oは、物心がついたときには練馬大泉学園におり、今でもフッドとして大切にしています。

手塚治虫が設立した虫プロで両親が働いていたため、D.Oはアニメ・漫画から大きな影響を受けて育ちました

ラッパーD.Oとしてのスタンスやあり方の根源にもなっており、以下のように語っています。

僕は虫プロのソウルに恩恵を受けているんです。(中略)手塚治虫先生の何がものすごいかって言ったら、絶対に自分の信念を曲げなかったことなんですよ。(中略)自分のいまのスタイルは、確実にオサムDNAからもらってるっすね。

日本語ラップとの出会い

D.Oが日本語ラップと出会ったのは中学生のときにクラブで見たMICROPHONE PAGERでした。

ラッパーのMUROTwiGyに衝撃を受け、自身もラップがやりたいと感じてから現在まで続けるほどのめり込みました。

そして、高校卒業後に地元の先輩に昔からの知り合いであったRINOを紹介してもらい、KAMINARI-KAZOKU.およびRINOの付き人になります。

練馬マザファッカー結成の経緯

付き人になってからは抱えきれないほどやる事で溢れ、1人で回らなくなったことから仲間に助けを求めます。

その仲間は地元の幼なじみで、D.Oの中で「練馬のイカレたヤツら」だったので練馬マザファッカーというグループが結成されました。

なお「リンカーン」での練馬マザファッカーはD.Oより年下で駆け出しのラッパーを集めてテレビ用にプロモーションの意味が込められています。

ちなみに今では一般的になった「ディス」という言葉が広まったのはこの番組がきっかけです。

デビュー

KAMINARI-KAZOKUのもとで修行を積みRINOらの楽曲に参加したD.Oは、2006年にソロアルバム「JUST HUSTLIN’ NOW」でデビューします。

2007年には、所ジョージによる音楽プロジェクト「SETAGAYA MUSIC BASE」に卍LINE(窪塚洋介)・山本KIDと共に参加しました。

2度の逮捕

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次