GASHIMAのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

2022年5月1日発売のソロアルバムに収録されている人気曲Chocolate Whipや、番組内でも披露された褒めラップが話題となり有名になったWhitejamのメンバーでラッパーもあるGASHIMA

最近ではSixTONESに「Eye to Eye」「FIREWORKS」を作曲提供などで注目を集めています

しかし、ラッパーや音楽グループとして華々しい経歴があるGASHIMAは過去に様々な苦労がありました。今回はWHITE JAMのメンバ-であるGASHIMAについて経歴やラッパーとしての人生をご紹介していきます!
 

pucho henza

「GASHIMAは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

GASHIMAのプロフィール

アーティスト名GASHIMA
本名友膳 翔吾
年齢36歳(1987年5月16日生まれ)
身長 不明
出身地兵庫県
拠点(レペゼン)日本
学歴一橋大学社会学部卒業
所属レーベル株式会社WJに所属しWHITE JAMのメンバーとして活動

家族構成は父、母、GASHIMA、妹の4人家族に生まれました。

ニューヨークで活動していたラッパーで帰国後は、日本でWHITE JAMのメンバーとして活動しています。

GASHIMAのラップスタイル

GASHIMAは若者を中心に人気がある即興ラップバトル番組「フリースタイルダンジョン」に出場し、会場を沸かすほど実力の持ち主です。

ラップスタイルはエンタメ性があり、圧倒的に意地の悪いDISや音に乗せるなどのスキルが高く、日本語と英語を組み合わせたバイリンガルでフリースタイルなラップは多くのファンの心を魅了することで有名です

GASHIMAの名前の由来

GASHIMAは元々はONIGASHIMAとして活動していました。

20歳で初めてソロメジャーデビューしたときに「攻撃的な名前はやめてくれ」と言われ、GASHIMAになりました。

2019年9月4日のツイッターにて

「ある意味あの時、俺は自分を捨てた。だけど、みんなのお陰でまた帰ってこられました。ただいま。I’m back.」

とラッパーらしくかっこいい言葉を発言しています。

ニューヨークから始まるGASHIMAの人生

幼少期〜小学生時代

兵庫県に生まれる。
幼少期を香港で過ごす。

中学時代

10代をロサンゼルス、ニューヨークで過ごす。
ZEEBRAがきっかけで14歳の時にラップを始める。

高校時代

16歳のときにChess Recordsと契約。
ニューヨークのスーパーでバイト。

大学時代

2006年にChess Recordsからデビュー。
2008年にWHITE JAMを結成。

デビュー

2011年にWHITE JAM初のワンマンライブを開催
2016年にユニバーサルシグマよりメジャーデビュー

現在

幼少期や10代は海外で生活

ラッパーのGASHIMAは兵庫県で生まれ、幼少期を香港、高校卒業の10代をロサンゼルス、ニューヨークで過ごしていました

高校時代は父親が転勤族だったため「英語がわからず授業についていけなかったり、友人が1人もできないためツラかった」と苦労した過去があります。

ニューヨークでの出来事がラッパーのきっかけ

GASHIMAがラップに興味をもち始めたのは高校時代にニューヨークで悪そうなグループが即興ラップをしており、リーダー格の人に声をかけられたことがきっかけです。

当時はラップなどできなかったため、とっさに思い付いたZeebraの「Grateful Days」を披露し大盛り上がり。そのグループとラップをする度に興味をもち始め、気が付いたらはまっていきました。

ニューヨークのレーベル「Chess Records」と契約

GASHIMAは高校時代にマンハッタンのクラブを中心に活動していました。

16歳の時にニューヨークのレーベル「Chess Records」と契約したことにより活動を本格化し、2006年にChess Recordsからデビューしました。

ラッパーとして本格的に活動して、大学時代は日本へ帰国しGASHIAMは日本を拠点として活動し現在に至ります。

WHITE JAMを結成

WHITE JAMはSHIROSE、GASHIMA、NIKKIの3人構成の音楽グループです。

日本に帰国したGASHIMAは共通の知り合いからの紹介で知り合い、始めはただの友人の関係でしたがトランプがきっかけで作曲やイベントにも参加する程の仲に。

もう一人のNIKKIとはイベントで知り合い、2008年にWHITE JAMを結成し、2014年に「Valentine」でメジャーデビューしました。

デビュー後

GASHIMAも所属しているWHITE JAMがメジャーデビューした後は即興ラップバトル番組「フリースタイルダンジョンやFSL出場などさまざまな活動をしています。

また、多くのアーティストや幅広いジャンルへの作品提供や作詞作曲家としても活動しています。

GASHIMAのベストバウトは?

GASHIMAのpucho henza編集部の一押しバトルを紹介していきます。

①CHEHON vs GASHIMA FSL

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次