MCリトルのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

高校生RAP選手権などで、高校生ラッパーとして注目されたMCリトル。
高校卒業後も地元北海道でラッパーとして活動をしています。

「フリースタイルMonsters War2020」ではERONE、DOTAMAともに優勝を果たし、その後、ラッパーのレジェンドであるKICK THE CANCREWのLITTLEとのコラボレーションなどでも話題になりました。

まだ20代に突入したばかりのMCリトルは若手ラッパーとして、今後の活躍も期待されています。
今回はそんな注目の若手ラッパーMCリトルの経歴やプロフィールを紹介していきます。

それではどうぞ!
 

pucho henza

「MCリトルは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

MCリトルのプロフィール

アーティスト名MCリトル→杏地(あんじ)
本名杏地(苗字は不明)
年齢21歳(2002年9月25日 生まれ)
身長 170cm
出身地北海道 札幌市
拠点(レペゼン)北海道
学歴専門学校卒
所属レーベル不明


MCリトルは北海道札幌市出身で、母、祖父、祖母の4人家族です。

現在も北海道在住で北海道を中心に活動しています。

MCリトルのラップスタイル

MCリトルは若者らしい等身大のリリックが売りのラッパーです。
また高いライミング力とワードセンスもファンから人気。

リリックは明るいポップなものよりも、力強いものや暗めのものが多い印象で、ゆったりとした雰囲気の曲が多く、耳触りも心地良いです。

MCリトルの名前の由来

MCリトルは中学生のときに、趣味でラップをやっていて、当時学校で背の順で並んだ時に一番背が低かったことからMCリトルと名前をつけました。

MCリトルから杏地へと改名

2023年6月から本名である「杏地(あんじ)」名義で活動することを公表しています。

真似ることから始まるMCリトルの人生

幼少期〜小学生時代

北海道札幌市で誕生。
小学校3年生からダンスを始める。

中学生時代

中学1年生でラップに出会い、趣味でラップを始める。
ダンサーとしてダンスバトルに出場。

高校時代

高校1年生で高校生RAP選手権に出場。
本格的にラッパーとしての活動を開始。
数々の大会で活躍。

杏地時代

2023年6月から本名の杏地名義で活動をスタート。
2023年6月アルバム『first train』を発売。

現在

北海道札幌市で生まれたダンス少年

MCリトルは2002年に北海道札幌市で誕生しました。小学校3年生からダンスをやっていて、中学時代にはダンサーとして、ダンスバトルにも出場していました。

ラッパーとして必要なリズム感は幼少期からのダンスで培われてきたのかもしれませんね!

中学1年生から趣味でラップを始める

MCリトルは中学校1年生の時にラップに出会い、趣味でラップを始めました。最初は高校生ラップ選手権など映像を観て、そのまま真似するところからスタート。

最初に真似をしていたのは言xtheanswerのラップだそうです。

そして、真似から徐々に崩していき、自分のラップスタイルを作っていきました。

高校生ラップ選手権に出場

高校1年生の時に、初めて高校生ラップ選手権に出場したことをきっかけにラップを本格的に始めました

第14回高校生RAP選手権に出場。初出場でベスト8入りを果たします。また、UMB 2018北海道予選でもベスト8入りを果たしており、高校入学を機に着実にラッパーとして実力をつけていきました

MCリトルとしてのラッパー活動

高校生RAP選手権以降も、ラッパーとして様々な大会に出場し、MCリトルは高校生ラッパーとして注目されるようになりました。

高校生RAP選手権のほかにも、戦極MC BattleU22凱旋MC Battleハイスクールダンジョンなど、大きな大会に出場しMCリトルの知名度は上がっていきました。

そして「フリースタイルMonsters War2020」では優勝を果たし、MCリトルは大きなチャンスを掴みます。

同じ名前が繋いだ縁!ラッパー​​​​​​LITTLEとのコラボ

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次