TAEYO(Taeyoung Boy)のプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

Spotifyバイラルチャート1位を獲得した「Fault」や、NetflixアニメのケンガンアシュラEDテーマ「ASHURA」などの楽曲で知られるラッパーTAEYO。

2020年メジャーデビューを期にTaeyoung Boy(テヤンボーイ)からTAEYO(タイヨウ)に改名し、さらなる活躍が期待されています。

Taeyoung Boy時代にはTohjiPablo Blastaなどを客演に招いた楽曲も発表。
近年は、音楽プロデューサーstarRoと制作したアルバム「Sky Grey」をリリースするなど年々その音楽の幅を広げています。

そんなTAEYOですが、世の中に違和感を感じ、疲れてしまった時期もあったのだとか。
彼だからこそ生まれた楽曲なども合わせて、TAEYOについて詳しくご紹介していきます!
 

pucho henza

「TAEYOは〇〇という悩みを、△△で乗り越えた。」

目次

TAEYO(Taeyoung Boy)のプロフィール

アーティスト名TAEYO(Taeyoung Boy)
本名(苗字不明)太洋
年齢29歳(1994年1月2日 生まれ)
身長 
出身地東京都国立市
拠点(レペゼン)
学歴文化服装学院
所属レーベルSKY FORUM

所属レーベルのSKY FORUMについて、TAEYOはこのように語っています。

TAEYO(Taeyoung Boy)のラップスタイル

Taeyoung Boy時代は、トラップや韓国ヒップホップを思わせるようなサウンドの楽曲を多く発表リリースしています。

メジャーデビューしTAEYOに改名してからの楽曲は、メロウさが増した心地の良いサウンドへ。フォークやレゲトンのテイストも取り入れるなどその音楽の幅を広げています

TAEYO(Taeyoung Boy)の名前の由来

TAEYOの名前の由来は、本名のタイヨウ(太洋)から来ています。
以前はTaeyoung Boy(テヤンボーイ)として活動していました。

韓国人の友人から、タイヨウの韓国読み「Taeyang(テヤン)」と呼ばれていたものをもじった「Taeyoung」に、ノリでBoyをつけて出来上がった名前でした。

2020年のメジャーデビューを期に、現在のTAEYO(タイヨウ)に改名しました。

QNから始まるTAEYO(Taeyoung Boy)の人生

少年時代

東京都国立市出身。
小、中学生とサッカーに打ち込む。

専門時代

文化服装学院ファッション流通科に通う。

ラッパー活動開始

SIMI LABの元メンバーQNのライブをきっかけに、ラップを始める。

Taeyoung Boy時代

ヒップホップクルーMSN結成。
EP「GIRL」、1stアルバム「HOWL OF YOUNGTIMZ」等、多数楽曲リリース。

TAEYO時代

2020年、メジャーデビューを期にTAEYOに改名。
自身のレーベル「SKY FORUM」を立ち上げ独立。 EP「Urban Nature Vibes」をリリース。

現在

東京都国立市に生まれる

1994年、東京国立生まれ。二歳上の姉がいます。

音楽好きの両親がいつもJ-waveを流していたという環境で、TAEYOも幼稚園の頃からピアノを習い、音楽に親しんで育ちました

小、中学校時代はサッカーに打ち込んでいましたが、中学の引退試合に出られず挫折。

高校生の頃は「色んな女の子とめちゃめちゃ遊んでたら周りから嫌われていきましたね。笑」とかなりのプレイボーイだったようです。

文化服装学院でヒップホップの魅力と出会う

高校3年生頃、読モブームの時流に乗りファッションにハマったTAEYOは、文化服装学院のファッション流通科に進学します。

専門学校ではKanye West好きの友人とヒップホップやダブステップを聴いたり、詳しい友人に日本語ラップを教えてもらったりして過ごしていたTAEYO。

見つけた楽曲にリリックを書いたりしていたそうですが、専門学校在学中は自身でラップをすることはありませんでした。

ラッパー活動開始

そんなTAEYOがラッパーとして活動を開始したのは、QN(元SIMI LABメンバー)のライブがきっかけでした。

卒業後アパレルで働いていたTAEYOは、知り合いに誘われ訪れたイベントでQNのゲストパフォーマンスを見て、かっこよさに感激します。ライブ後、レーベルに入れて欲しいと頼むTAEYOに、QN「曲作ってくれたら手伝えるかもね」と声をかけました。

その言葉を受け、TAEYOは初めて自身でラップをすることとなりました。

当時のことをTAEYOは「最初のレコーディングは自分の思った感じと全然違くって、気持ち悪かったですね。」と振り返っています。

その後、TAEYOは文化服装学院の後輩であるラッパーのKKと再会し、RICK NOVAと3人でヒップホップクルーMSN(メセン)を結成するなど、次第にラッパーとしての活動をスタートさせていきます。

Taeyoung Boyとして活躍

トラックメイカー・音楽プロデューサーのDroittte(ドロワット)と出会い、共作アルバム「SWEAR」をリリース。

その中の一曲「Fault」がSpotifyバイラルチャート1位を獲得し、TAEYOは一躍ヒップホップシーンに踊りだします。

Taeyoung BoyからTAEYOに

2020年にNetflixアニメ「ケンガンアシュラ」EDテーマの「ASHURA」をメジャーリリース。このメジャーデビューを機にTaeyoung BoyからTAEYOへと改名します。

その後発表したEP「ORANGE」ではTAEYOとしてのスタイルを確立。

TAEYOがインタビューにて「もっと自分の弱い部分とかも素直に表現するようになりました」と語るように、より共感性の高い音楽へと進化を遂げています。

2023年には独立し、自身のレーベル「SKY FORUM」から EP「Urban Nature Vibes」をリリースしています。

TAEYO(Taeyoung Boy)の人気曲は?

TAEYO(Taeyoung Boy)の人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

TAEYO(Taeyoung Boy)の人気曲①「Dive」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次