ラッパーMU-TONのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

UMBフリースタイルダンジョン Monsters War 2017で一躍有名となったラッパーMU-TON(ムートン)

最近では、COCRGI WHITE(コーギーホワイト)へと改名したことでも話題になりました。

MU-TONMCバトルでの実力の凄さのみならず、音源の素晴らしさも評判です。特に「Ai」のMVはYouTubeで再生回数150万回を超えています。

そんな人気ラッパーMU-TONはどのような人生を歩んできたのでしょうか。その人生に迫ってみたいと思います。Check it out!
 

pucho henza

MU-TONは〇〇に気づき、△△を本気で歩み始めた。」

目次

ラッパーMU-TONのプロフィール

アーティスト名COCRGI WHITE(コーギーホワイト)
本名菅原勝也
年齢29歳(1995年1月14日)
身長 不明
出身地​​福島県白河市会津町
拠点(レペゼン)東京
学歴高校退学
所属レーベル​​​​MVP Records


MU-TON(コーギーホワイト)は1995年に福島県で誕生。現在は東京を拠点に活動しています。

MU-TONのラップスタイル

MU-TONは独特のグルーヴ感を持ったラップが特徴的です。MU-TONは洋楽のHIPHOPが好きで、聞き心地を重視したフロウが自然と出来上がっていったようです。

インタビューで白河の人たちのグルーヴは似ていると語っているので、地元で磨かれた技術があるのだと思われます。

MU-TONの名前の由来

MU-TONの名前の由来には「本名が武藤だから」という噂があります。

過去に呂布カルマとバトルをした際に呂布カルマがMU-TONに対して「お前の本名どうせ武藤だろ」という発言をし、MU-TONが「武藤じゃねえ」という返しをしています

また、MU-TONがTwitterで本名は菅原であると発言していることから、本名は武藤ではないことがわかります。

その他にも​​アメリカのHIPHOPアーティスト​​​​Wu-Tang Clan(ウータンクラン)が由来であるとする説など様々な考察が飛び交っています。

城下町白河から始まるMU-TONの人生

幼少期〜小学生時代

福島県白河市で誕生
小学校の卒業文集に書いた夢は「歌手」

中学時代

バンドを組んで音楽活動をしようとするが挫折

高校時代

田舎でもできるからとラップを始める
同郷の先輩ラッパーとの出会い

高校中退後

ULTIMATE MC BATTLEでベスト8になる
​​​​フリースタイルダンジョン Monsters War 2017で優勝
『UMB GRAND CHAMPIONSHIP 2018』で優勝
2018年アルバム『​​RIPCREAM』を発売

現在

COCRGI WHITE(コーギー ホワイト)へ改名

福島県白河市で誕生

MU-TONは1995年に福県白河市で誕生しました。
白河は小峰城というお城がある城下町で、硬派なイメージの町だとMU-TONは語っています。

MU-TONが小学校の卒業文集に書いた夢は歌手でした。小さい頃から、音楽をやっていきたいという夢があったようですね。

田舎でもできるからとラップを始める

中学生の時にRADWINPSなどのロックバンドが流行り、MU-TONもその影響でバンドを始めようとしました。しかし、田舎すぎて環境が整わず、バンドは断念

そして、高校時代にAK-69が流行ったことと、東京でダンサーをしていた従兄の影響でHIPHOPを聞くようになったことがきっかけでマイク一本でもできるラップにのめり込んでいきました

JAG-ME、TAICとの出会い

MU-TONは高校時代に、従兄に誘われて地元のクラブに行きました。そこで、同郷のラッパーJAG-MEのパフォーマンスを目にしたことがラップを始めるきっかけとなりました。

そして、JAG-MEと共に​​​​​​隠密48というクルーを組んでいたTAICとも出会います。最初はTAICの凄さがわからなかったようですが、洋楽のHIPHOPに触れていくうちにTAICの凄さを実感したようです。

最初はライブメインだったMU-TONがフリースタイルに挑戦し始めたのもTAICの影響だと言われています。

また、​​AURAL TEMP(DARK、S-G)​​、TRI MUG’S CARTEL(​​yano-mai、MU-TON、LOOPさん、DJ MON、TAIC)などといったクルーでの活動を始めました。

ちなみに高校は途中で中退してしまったようです。

​ULTIMATE MC BATTLEで福島代表に

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次