ラッパーKEIJUのプロフィール紹介|壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

2023年に「終演」を発表し、同年8月に武道館でのラストライブ『LAST LIVE』を開催した大人気クルー「KANDYTOWN」の元メンバーでもあるラッパーKEIJU

tofubeatsとの「LONELY NIGHTS」やAwichとの「Remember 」、清水翔太「Drippin’ feat.IO & YOUNG JUJU」など、ヒップホップシーンで活躍する様々なラッパー・アーティストとのコラボを果たしています。

23年9月には新作EP「Speed Tape」をリリースし、自身初のワンマンライブ「Above Us Only Sky Tour」を東京と大阪で開催しています。

そんな才能に溢れたKEIJUも、自身について葛藤する壮絶な過去がありました。この記事を読めばKEIJUの曲やラップをもっと楽しめること間違いなしです!Check it out!
 

pucho henza

「KEIJUは〇〇をきっかけに、ラップに真剣に向き合い成功を収めた。」

目次

KEIJUのプロフィール

アーティスト名KEIJU(旧MCネームYOUNG JUJU)
本名啓寿(けいじゅ)
年齢32歳(1992年11月17日 生まれ)
身長 173cm〜175cm
出身地東京都世田谷区経堂
拠点(レペゼン)東京
学歴和光学園出身
所属レーベルソニー・ミュージックレーベルズ

KEIJUのラップスタイル

KEIJUのラップは、シンプルでストレートなワードを、飄々と並べていく独特なスタイル。抑揚の少ない一定のリズムで会話のように綴るラップには品があり、都会的です。

また、リリックには「家族」や「仲間」などのワードが多く登場し、地元・世田谷の幼馴染によって作られた、クルー出身ならではの深い結びつきが感じられます。

KEIJUの名前の由来

KEIJUの名前は、本名の啓寿の読みをそのままローマ字表記にしているそうです。読み方は「けいじゅ」。

元々は、「YOUNG JUJU」というMCネームで活動していましたが、ソニーミュージックと契約を結び、ソロでメジャーデビューを果たしたタイミングで現在の「KEIJU」に改名しました。

映画から始まるKEIJUの人生

幼少期小学生時代

・東京都世田谷区経堂で生まれ育つ。
・音楽好きな両親の元に生まれ、音楽が身近にある環境で育つ。

中学生時代

・先輩の家で流れていた、ラップのMTVの影響でヒップホップを聴くようになる。
・ラップを題材にした洋画の影響で、海外のラッパーを追いかけるようになる。

高校生時代

・先輩ラッパーのYUSHIに誘われてラップを始める。

高校卒業後

・サンフランシスコへ留学する
・レコード会社から声がかかり、東京で音楽活動を本格的にスタートさせる

現在

東京都世田谷区経堂で生まれる

KEIJUは1992年に世田谷区経堂で誕生。

音楽好きな両親の元で生まれ育ったため、常に音楽に触れる環境で育ちました。その環境下で「8MILE」などのラップを題材にした映画をきっかけにラップに興味を持ち始めます。

その後、高校の先輩であるYUSHIの誘いをきっかけに、地元の仲間を集めて「YaBasta」というラップクルーを結成します。

「YaBasta」にはGottzやHolly Qらが共に所属していました。

サンフランシスコに留学 

YUSHIや先輩の家で音楽制作にのめり込んでいたKEIJUですが、高校卒業を前に父親から「このまま東京にいたらダメになる」と言われ、卒業後はサンフランシスコに留学します。

滞在中に遊びに来たIOから「東京に曲を聞いて興味を持っているレコード会社の人がいる」という話を聞き、東京に戻り本格的に音楽活動を始めます。

KANDYTOWN結成

YUSHIやIO、Ryohuなどが先に結成していたクルー「BANKROLL」のメンバー達と合流し、2012年に「KANDYTOWN」を結成。2014年に「KANDYTOWN」として、フリーミックステープ「KOLD TAPE」をリリースします。

そんな順調な人生でしたが、KANDYTOWNの結成のきっかけであったYUSHIが不慮の事故により23歳という若さで死去してしまいます。

KANDYTOWNはYOSHIの死を乗り越え楽曲制作を続け、本気で売れたいという思いが強くなっていきます。

アーティスト名をKEIJUに改名し、ソロデビュー

2017年にKANDYTOWN初のメジャー契約を締結し、同時にアーティスト名を「YOUNG JUJU」から「KEIJU」に改名。翌年の2018年に「Let Me Know」でデビューしました。

さらに、フランスのファッションブランド「PIGALLE」(ピガール)によるバックアップのもと、デビューを記念したローンチイベントが開催され、tofubeatsやJJJ(Fla$hBackS)、YZERR(BAD HOP)、JP THE WAVY、唾奇、RIRI、清水翔太など名だたるメンバーがゲストとして集まりました。

KEIJUの人気曲は?

KEIJUの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

KEIJUの人気曲①「Hold You Down (feat.MUD)」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

HHCPMを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次