ラッパーHONNEのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

都会系ナイト・ミュージックの天才として知られるデュオHONNE(ホンネ)

また、BTSのRMとコラボしたりと幅広い活躍をみせるHONNEですが、実はかなりの親日家であることも知られています。

そんなHONNEは大学生の同級生だった2人でスタートしました。

彼らの曲に込められた思いや、経歴を紐解くことでもっと音楽を楽しめること間違いなし!それでは早速Check it out!
 

pucho henza

HONNEは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

HONNEのプロフィール

アーティスト名HONNE
本名Andy(アンディ)/James(ジェイムス)
年齢不明
身長 不明
出身地イギリス
拠点(レペゼン)イギリス
学歴イースト・ロンドンの大学
所属レーベルTETEMAE RECORDS


レーベル名「TATEMAE RECORDS」は日本語の「建前」が由来になっているようです。

はっきりとした年齢は明らかにしてませんが、2人は大学の同級生だったので同い年である可能性が高いです。

HONNEのラップスタイル

都会系ナイト・ミュージックの天才と呼ばれるラッパーHONNE

温かみのあるエレクトロ・サウンドにヴィンテージ・ソウルやポップなフックを融合させた彼らの音楽はとにかくオシャレ!

日本のシティポップが好きな人はHONNEの音楽にハマること間違いなしです。

HONNEの名前の由来

ユニット名の「HONNE」は日本語の「本音(ほんね)」が由来となっています。

本音という言葉の意味を気に入り、「まるで自分たちが作っている曲のことを表しているようだ」と感じたことからHONNEというユニット名が誕生しました。

大学での出会いから始まるHONNEの人生

2人の出会い

大学で出会い意気投合
2人で曲を作り始める
バンドではなくデュオでやると決意
アンディ、2ヶ月間東京に住む

デビュー

2014年『Warm on a Cold Night』をリリース

デビュー後

2023年 Summer Sonic 2023に出演

現在

大学で出会い意気投合

HONNEのジェイムスとアンディは大学の同級生でした。

ジェイムスにとってアンディは大学で初めて出会った人間だったようです。HONNEの2人はレディオヘッドが好きという音楽の趣味が合ったことですぐに意気投合します。

これがラッパーとしての2人の始まりでした。

大学時代 2人で曲を作り始める

大学時代に音楽の趣味が合うことで意気投合したHONNEの2人ですが、意気投合してからたった数日で曲を作り始めたと言います。

その時からラッパーになった今もずっと2人で曲を作り続けているということです。

彼らは40曲ほど作ったところで信頼している人たちに意見をもとめます。そのときに「まずはいい曲をつくることが大切だ。そして楽しみながら熱中すること、周りの人に影響されないことも大切だ」と言われました。

それからHONNEの2人はお互いを信じ合うこと、そして自分たちの音楽を楽しむことを大切にしています。これはラッパーとして活躍している現在でも大切にしているようです。

バンドではなくデュオでやると決意

バンドではなくデュオで活動するHONNEですが、その理由は2人以外に人を介入させたくないからだと言います。

お互いが足りない部分を補完し合い、2人が起こす強力な音楽的化学変化を誰かの手によって薄めたくないとHONNEの2人は語っていました。

それはラッパーの2人が醸し出すパフォーマンスにも現れています。

それほどまでにお互いが信頼し合い、2人の世界観の中でラッパーとして音楽を楽しんでいることが伝わってきます。

アンディ、2ヶ月間東京に住む

HONNEというグループ名は日本語が由来になっていたりと親日家として知られるラッパー・HONNEですが、最初に日本との繋がりを持ったのはアンディでした。

休暇で日本に訪れたアンディは日本の人々、文化、食べ物など日本の全てに恋をしたとインタビューで話していました。

また、アンディの彼女は仕事で半年間東京に行くことになります。そのことがきっかけでアンディも2カ月間東京で暮らしました。

ちょうどその時にジェイムスが日本語の本音という言葉に出会い、その意味を知った2人は自分たちの音楽にぴったりな言葉だと感じユニット名をHONNEにすることにしました。

日本語がところどころ現れてくるHONNEの音楽ですが、この頃に2人のラッパーとしてのスタイルが確立したのではないかと考えられます。

2014年『Warm on a Cold Night』をリリース

「Warm on a Cold Night」はHONNEがいちばん最初に発表したアルバムです。

「Warm on a Coid Night」をアルバムタイトルにした理由は、歌詞や曲の雰囲気、そのタイトルがラッパー・HONNEを本質的に表しているものだと思ったからでした。

「Warm on a Cold Night」は最初ラジオの曲紹介のように始まります。この声の正体はジェイムスが一緒に住んでいた親しい友達です。

その友達は二日酔いになると太くて低いしゃがれ声になったようです。その声を聞いたHONNEの2人はラジオのDJにぴったりだと感じ、曲に彼の声を入れることにしました。

ラッパーとしての2人の感性や表現が垣間見れるアルバムとなりました。

2023年 『Summer Sonic 2023』に出演

ラッパー・HONNEは2019年の来日公演に続き、大阪と東京で開催された『Summer Sonic 2023』に出演しました。ラッパーとしてのHONNEのステージは日本でも大盛り上がりでした。

HONNEの人気曲は?

HONNEの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

HONNEの人気曲①「I Might」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次