WHITE JAMのプロフィール紹介|メンバーの生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

2020年に発表した「Tattoo」がYouTubeで再生回数1000万回を越えたWHITE JAM

WHITE JAMSHIROSEGASHIMANIKKIの3人グループとして活動しており、それぞれがシンガーソングライターでもあります。

アーティストとしての活動のほか、有名アーティストやジャニーズグループへの楽曲提供でも知られる存在で、曲を通してたくさんの人々を魅了しています。

今回は才能豊かな3人のプロフィールや経歴をご紹介していきますので、ぜひご覧ください!
 

pucho henza

WHITE JAMは〇〇で、△△を生み出している。」

目次

WHITE JAMのプロフィール

アーティスト名WHITE JAM
本名SHIROSE 白勢貴仁
GASHIMA 友膳翔吾
NIKKI   不明
年齢SHIROSE  36歳 1987年5月13日
GASHIMA 36歳 1987年5月16日
NIKKI   35歳 1987年10月13日
身長 SHIROSE 172cm
GASHIMA 不明
NIKKI   不明
出身地SHIROSE 京都府
GASHIMA 兵庫県
NIKKI   大阪府
拠点(レペゼン)東京
学歴SHIROSE  大学中退
GASHIMA 大卒
NIKKI   不明
所属レーベルユニバーサルミュージック


WHITE JAMは3人組のシンガーソングライターです。

WHITE JAMでの役割

SHIROSE リーダー兼ボーカル

GASHIMA ラッパー

NIKKI   ボーカル

WHITEJAMのラップスタイル

WHITEJAMのラップ担当はGASHIMAです。ボーカルのSHIROSEの透き通った歌声とNIKKIの可愛らしい歌声の中にGASHIMAのラップがプラスされ、楽曲が男っぽいカッコよさが加わっています。

曲全体、ラップ詞にその光景が浮かぶようなストーリー性があります。

それぞれの個性が混ざり合って、HIPHOPが好きな人にもそれ以外のジャンルが好きな人にも好まれる音楽が生み出されています。

WHITEJAMの名前の由来

WHITEJAMの名前は創設者でありメンバーSHIROSE(シロセ)の高校時代のメールアドレスから名付けられました。読み方はホワイトジャムです。

「シロセとジャムセッション」という意味があります。

SHIROSEとGASHIMAから始まるWHITE JAMの人生

SHIROSE

京都府で誕生
陸上一筋の中高時代。
陸上の指導者になることを諦め、音楽の道へ。
19歳の時にボーカルオーディションで準優勝

GASHIMA

兵庫県で誕生。
幼少期から高校卒業までを海外で過ごす
14歳でラップを始める。
在米中にニューヨークのChess Recordsと契約
日本へ帰国

NIKKI

大阪府で誕生。
演劇に夢中な少女時代。
高校時代はダンス部に所属していた。

WHITEJAM結成後

SHIROSEとGASHIMAが知り合う。
イベントでNIKKIと出会う
2011年本格的に活動開始。

デビュー後

2014年にメジャーデビュー
ベストアルバムが即日完売。
51ヶ所ツアーを開催。
有名アーティストへの楽曲提供

現在

リーダーSHIROSEの人生

WHITEJAMのリーダーSHIROSEは京都府で生まれました。日本と韓国のハーフです。

幼少期から音楽一筋だったわけではなく、中学高校時代は大会で日本一になるほど陸上に打ち込んでいたようです。そのため、大学在学中にケガを機に陸上から離れるまでは指導者の道を目指していました

指導者を目指す道を絶たれた後、SHIROSEは選手時代に音楽に力をもらった経験から、音楽の道に進むことを決めました。しかし、当時は音楽に対してなんの知識もありませんでした。

音楽の道を目指して上京後はアルバイトをしながら、手探りで楽曲制作に励みました。

19歳の時にはAVEX主催のボーカルオーディションで準優勝を果たしています。

ラッパーGASHIMの人生

WHITEJAMのラッパーGASHIMAは兵庫県で誕生し、幼少期から高校卒業までを香港、ロサンゼルス、ニューヨークで過ごしていました

14歳の頃にZEEBRAの音楽に影響を受けて、ラップを始めます。高校時代にマンハッタンのクラブを中心に音楽活動をスタートさせた後、在米中にニューヨークのChess Recordsにその才能を認められ、契約に至りました。

ラッパーとしての活動が本格的にスタートし、その後日本へ帰国。
GASHIMAは逆輸入アーティストとしてアルバム「なんでもありさ」をリリースし、拠点を日本に移しました。

ボーカルNIKKIの人生

WHITEJAMのボーカルNIKKIは大阪府で誕生しました。NIKKIは子役として活動しており、北島三郎の舞台に立ったこともあります。

NIKKIは中学の頃から、劇団に通いレッスンを受け演劇に夢中の学生時代を過ごしていました。
また、高校時代はダンス部に所属し、ジャンルはジャズとヒップホップをやっていました。

このダンス部への所属をきっかけにNIKKIは音楽に興味を持ち始めます。

WHITEJAM結成

WHITEJAMは、SHIROSEGASHIMAが知り合ったことから始まります。元々、SHIROSEとGASHIMAには共通の友人がおり、SHIROSEのストリートライブをGASHIMAが見に行ったことから二人は仲良くなりました

当初は音楽関係なく、普通の遊び友達だったようです。その後、SHIROSEがGASHIMAにトランプで負けたことをきっかけに曲作りが始まり、イベントに出るようになりました。

そして、イベントでNIKKIと出会い、2008年にWHITEJAMが結成されますが、最初の3年くらいはあまり活発に活動していませんでした。

本格的に活動を始めたのは2011年のことで渋谷を拠点にスタートしました。

デビュー

WHITEJAMは、2014年に「Valentine」でメジャーデビューを果たしました。

同年中に3枚のシングルがリリースされ、3rdシングルの「ウソツキ」はiTunes総合チャートで1位になりました。
また、このウソツキのライブ映像はYouTubeで150万回以上再生されています。

人気アーティストへの楽曲提供

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次