Central Ceeが凄すぎる!生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説


2020年に「Doja」や「Obsessed With You」などの楽曲が世界的にヒットし、一躍有名ラッパーの仲間入りを果たしたUKラッパーCentral Cee(セントラル・シー)。

2023年6月にはイギリスを代表するリリシストDava(デイヴ)とシングル「Sprinter」をリリース。このシングルがSpotifyで1日の再生回数最多を記録します。

「Sprinter」は、全英シングルチャートで8週連続1位というロングヒットを記録しました。

また、Central Ceeは2023年2月に来日しており、麻布十番のクラブ「1OAK Tokyo」にてライブイベントを行ったことも話題になりました。

そんなCentral Ceeにも壮絶な過去がありました。ワールドワイドなラッパーに成り上がったまでの人生に焦点を当てて紹介していきます。それでは、早速Check it out!
 

pucho henza

「Central Ceeは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

Central Ceeのプロフィール

アーティスト名Central Cee(セントラル・シー)
本名オークリー・ニール・シーザー・スー
年齢25歳(1998年6月4日 生まれ)
身長 177cm
出身地イギリス(ロンドン・シェパーズ・ブッシュ)
拠点(レペゼン)ロンドン
学歴16歳で地元の高校を中退
所属レーベルコロンビアレーベル・オルタナティブ  ディストリビューション・アライアンス

Central Ceeは1998年6月4日にロンドン・シェパーズブッシュで生まれました。母子家庭で3人の弟がいます。

Central Ceeのラップスタイル

Central Ceeのキャリア初期は、オートチェーンを使ったオーソドックスなラップを楽曲にしていました。

10代後半は甲高い声でフリースタイルやラップを披露しています。

Central Ceeがドリルスタイルに移行したのは2020年以降で、ジャズやポップを取り入れたUKドリルの楽曲で、ラッパーとしての成功を掴んでいきます。

Central Ceeの名前の由来

Central Ceeは、2014年にチャーリー・スロース(DJ・テレビ司会者・プロデューサー)の「ファイヤー・イン・ザ・ストリート」に出演しました。

この番組は新人MCやヒップホッパーがスタジオに来て、公の場でパフォーマンスする登竜門的な番組です。

その際、セントラルCとしてエントリーしていましたが、Central Cee(セントラル・シー)表記を採用したのが由来です。

両親の離婚から始まるCentral Ceeの人生

幼少期〜少額時代

ロンドン・ラドブローク・グローブで生まれ、シェパーズ・ブッシュで育つ。
Central Ceeが7歳の時、両親が離婚。
母子家庭で育つ。4人兄弟の長男。
8歳でラップを書き始める

中学時代

友達に連れられ13歳~14歳の時にレコーディングを始める。
レコーディングした曲を女の子に送り付けた。
家には帰らず、友達の家などを転々としていた。

高校時代

靴屋で働くも給料が安く3週間で辞める。
麻薬の売人に転職。
Youtubeなどにフリースタイル動画をアップ、レコーディングも継続。

キャリア初期の時代

チャーリー・スロースの番組「ファイヤー・イン・ザ・ストリート」に出演。
その後、音楽イベントでの活動や楽曲リリースを精力的に行う。

UKドリル時代

2019年、マネージャーになるYbeeezと出会い、音楽に集中するよう促される。
オートチェーンからUKドリルにスタイルを切り替え、成功を収めるようになる。
全英シングル・チャートで上位にランクイン。
世界的な有名ラッパーになり、ワールドツアーを開催。

現在

7歳の時に両親が離婚

Central Ceeの母親レイチェル・シザー(イギリス人)は両親の反対を押切り、Central Ceeの父親(中国・ガイアナ系)と交際を続け、両親から経済的に絶縁されています。

Central Ceeが7歳の時に両親が離婚してしまいます。

Central Ceeは母子家庭で育ち、4人兄弟の長男として成長します。4人兄弟の弟の一人、ラッパーJuke Caesar(ジェイク・シーザー)は、Central Ceeの「23」ミックステープに「リル・ブロ」として出演しています。

8歳でリリックを書き始める

Central Ceeは8歳の時に母親のレイチェルから詩を教わり、リリックを書き始めました。

14歳の頃には友達に連れられ、スタジオでラップのレコーディングも行っています。

Central Ceeのラッパーとしてのキャリアは、わずか14歳から始まりました。

父親の影響で音楽を始める

幼少期に父親と過ごす時間は少なかったCentral Ceeですが、父親から音楽面で多大な影響を受けていたと言います。

週末に父親が迎えに来て、レゲエ・ハウス・HIPHOPなどを一緒に聴きこんでいたと言います。

車内でオールドスクールのHIPHOPを流しながら、後部座席で弟たちと韻を踏んでいたのを憶えていると語っています。

麻薬の売人も経験

Central Ceeは16歳の時に高校を中退し、靴屋で働き始めますが、給料が安すぎて3週間で退職しています。 

お金を稼ぐために麻薬の販売にも手を染めたことを明かしていますが、「私の出身地では自転車の乗り方を憶えるようなもの」と語り、″日常″として受け止めていた事が伺えます。

Central Cee デビュー

Central Ceeが公の場に出たのは、2014年のチャーリー・スロースの「ファイヤー・イン・ザ・ストリートシリーズ」です。

そこでフリースタイルを披露したのは、Central Ceeが16歳の時でした。

2015年、J Husと「Ain’t On Nuttin Remix」に出演し、同年 2 月に「StreetHeat Freestyle」をリリースしました。

Central Cee デビュー後

Central CeeはオートチェーンからUKドリルにラップスタイルを変え、一躍人気ラッパーの仲間入りを果たすことになります。

2020年6月14日にUKドリルスタイルの楽曲「Day in Life」を皮切りに、次々に楽曲を発表していきます。

2020年10月に「Loading」(UKシングルチャート トップ20入り)、2021年3月にミックステープ「Wild West」(UKアルバムチャート初登場2位、R&Bアルバム部門で1位)

2021年9月に「obseesed With You」(UKシングルチャート5位)など…。

2022年2月には2枚目のミックステープ「23」をリリースして全英アルバムチャート1位を獲得しました。

2022年7月には「Doja」をリリース、全英シングルチャート2位にランクインします。Spotifyで再生されたラップとしては過去最多の楽曲となりました。

2023年6月には「Sprinter」をデイヴとリリース。全英シングルチャート1位を獲得し、10週連続1位という記録まで打ち立てました。

こうしてCentral CeeはUKラッパーとして不動の地位を確立したのです。

Central Ceeの人気曲は?

Central Ceeの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

Central Ceeの人気曲①「Loading」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ!/

目次