MOL53(RAWAXXX)のプロフィール紹介|生い立ちから最新の人気バトルまで徹底解説

KING OF KINGS 2019やUMB2017 THE CHOICE IS YOURSなど、最大規模のMCバトルで活躍を続け、バトル好きのヘッズで知らない人はいないであろうラッパーMOL53(もえるごみ)。

常にアンダーグラウンドに身を置き続け、近年のMCバトルブームや、テレビ等のメディアで扱われてPOPS寄りになっていくHIPHOPシーンに対して批判的な姿勢を崩さないMOL53は、一部からダークヒーロー的な扱いをされてきたラッパーでもあります。

最近では2022年11月に行われた凱旋MC battle2022 秋ノ陣や2023年4月に行われた凱旋MC battle THE GIANT KILLING で対戦相手のRunLineを煽り続ける姿がSNSで炎上
このような言動から、ヒール的な扱いをされることも多い一方、アングラカルチャーとしてのHIPHOPが好きというヘッズたちからは絶大的な人気を誇るのがMOL53です。

現役最強格のMCとしても知られるMOL53ですが、実はその活躍の裏側に様々な苦悩や葛藤があったことを皆さんはご存じでしょうか。
 彼のラップに込められた思いや、経歴を紐解くことでヒップホップをもっと楽しめること間違いありません。
それでは早速 Check it out!
 

pucho henza

「MOL53は〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパーMOL53(RAWAXXX)のプロフィール

アーティスト名MOL53(RAWAXXX)
本名非公表
年齢33歳(1990年9月4日 生まれ)
身長 170㎝
出身地宮崎県日南市
拠点(レペゼン)宮崎
学歴非公表(中卒)
所属レーベルblas works

MOL53は1990年に宮崎県日南市で生まれました。

以後、長年に渡り宮崎の黒くて濃厚なHIPHOPスタイルを発信し続け、今では宮崎を代表するラッパーの1人として認識されています。

2019年ごろからはラッパーとしての活動の拠点を大阪に移し、活躍を続けています。

MOL53のラップスタイル

MOL53は何といってもアングラ感満載の黒くて濃厚なラップスタイルが魅力のラッパーです。

綺麗ごとで取り繕うようなラップとは正反対のスタンスを保ち、バトルでも常にリアルを語りつづけるスタイルを貫き通しています。

時に相手のスタイルを厳しく批判するようなラップをすることも多いのが特徴ですが、価値観の合うラッパーとバトルをする時はお互いを認め合うセッションのようなスタイルのラップをすることもできます。

生活の中心をHIPHOPに置き、日々の思想をリリカルに表現できる語彙力と、自分を偽らない素直なスタイルがMOL53のラップスタイルです。

MOL53の名前の由来

MOL53の名前の由来に関しては明らかにされていません。

ぱっと見では何と読むのかわからない名前ですが、MOL53は「もえるごみ」という読み方をします。

一方MOL53は何度か改名を繰り返しており、2018年頃からはRAWAXXX(ローワックス)名義で活動をおこなっていました。ちなみにこのRAWAXXXという名前は英語で「生」を意味するRAWと、スラングで「クソ」を意味するWAXを掛け合わせて作った名前で「生グソ」を意味します。

このRAWAXXXという名前は以前からも使っており、活動の初期ごろからMOL53 a.k.a RAWAXXXという名前でイベントに参加することはあったそうです。

また、戦極24章に出場した2021年からは名前を鬼ピュアワンラインとしており、ラッパーとしては珍しい2度目の改名もおこなっています。さらに2022年に行われたBATTLE SUMMITへ出場する際からは、名前を再びMOL53に戻して活動をおこなっています。

フリーターから始まるRAWAXXXの人生

幼少期〜小学生時代

宮崎県日南市に生まれる。

中学生時代

14歳の夏に友達の兄が聞いていたミックステープを聞き、HIPHOPに興味を持つ。
ラップに興味を持つとすぐにリリックを書き始める。

フリーター時代

中学卒業後、高校には通わずフリーター生活を送る。
16歳のころ初めてMCバトルの大会に出場。

デビュー時代

数々のラップバトル大会に出場し、優勝をかざる。

現在

宮崎県日南市に生まれる

MOL53は1990年9月4日に宮崎県日南市に生まれました。

日南市は風光明媚な日南海岸国定公園もあるほど自然豊かな街でありながら、「小京都」と呼ばれる程の歴史ある街並みも残存する、観光産業が盛んな街です。

14歳の時でラッパーに興味を持つ

MOL53がラッパーに興味を持ち始めたのは14歳の夏頃からだそうです。

当時、友達の兄が聞いていたMIXテープを一緒に聞き「かっこいい」と思ったのがきっかけであるとインタビューで語っています。

HIPHOPを好きになってからはすぐにリリックを書き始めたそうです。

中学卒業後ラッパーとしての活動を始める

MOL53は中学を卒業後、高校へは通わずフリーターになる一方、ラッパーとしての活動を本格化させていきます。

当時の仲間たちとすぐにクルーを組み、イベントを開催したりライブをおこなったりなど、当初からかなり精力的に活動をしています。

バトルに初めて出場したのは中学校を卒業してすぐの16歳の頃でした。

ULTIMET MC BATTLLE 2012で大きなインパクトを残す

MOL53の名前が全国に知られるきっかけになったのが2012年末に行われたULTIMET MC BATTLE 2012 本選です。

当時22歳で完全に無名だったMOL53ですが、千葉を代表するラッパーとして頭角を表しつつあった輪入道や前年度同大会を準優勝しているNAIKA MCなどの並みいる強敵をなぎ倒し、決勝進出を果たします

決勝戦では3度目の正直でUMB初制覇を狙う若き日のR-指定に惜しくも敗れ去ってしまいますが、無名の若手ラッパーMOL53が全国のヘッズに与えた衝撃は凄まじく、以後出場する大規模なMCバトルの大会においても優勝候補の一角としてみなされるようになっていきます。

ちなみULTIMET MC BATTLE2012でMOL53は地元である宮崎でなく福岡予選のチャンピオンとして出場しています。

大規模MCバトルに出場を続ける

全国のヘッズに大きなインパクトを残した2012年以降、MOL53は数々のMCバトルに出場し、その地位を確固たるものにしていきます。

まずは翌年に行われたULTIMET MC BATTLE2013でベスト4に残る活躍をします。この大会の宮崎予選では決勝戦で同じ宮崎出身のGADOROとぶつかり、熾烈なディスの応酬となったバトルの様子も大きな話題になりました。

GADOROとはこのバトルをきっかけに一時遺恨を残す事態にもなります。

同じ宮崎を代表するラッパーになりながらもスタイルが異なるGADOROとMOL53の舌戦は戦極15章の決勝戦や、KING OF KINGS 2017の決勝戦でも続き、日本中のヘッズたちの話題となり続けました。

RAWAXXXとして出場したKING OF KINGS 2019で優勝

ULTIMET MC BATTLE本選やKING OF KINGSなど、日本1のラッパーを決める大会で常にベスト4以上の成績を残しながらもあと1歩の所で優勝に手が届かなかったMOL53ですが、RAWAXXX名義で参加したKING OF KINGS 2019でついに悲願の優勝を果たします。

この大会では2018年の決勝で敗れた愛知出身のラッパー呂布カルマや、ULTIMET MC BATTLE 2019を制し若手最強格と目されていた青森のラッパーAuthorityなどを倒すなど、過酷なトーナメントを勝ち抜いてのものでした。

普段は攻撃的な自身のスタイルを崩さず、ヒール的な立場に立つことも多いMOL53が優勝して見せた笑顔に感慨深い物を感じたヘッズも多いのではないでしょうか。

KING OF KINGS 2019で優勝したMOL53ですが、その後もバトルには精力的に参戦し続け、日本武道館で行われた戦極第24章や、日本のMCバトル団体から選抜されたラッパーやレゲエDeejayの中から頂点を決めようと試みるBATTLE SUMMITでも準優勝するなどの活躍を続けています。

MOL53のベストバウトは?

まずはMOL53の主なバトル戦歴を紹介します。

MOL53のバトル戦歴

・ULTIMET MC BATTLE2012準優勝

・ULTIMET MC BATTLE2013(ベスト4)

・戦極MC BATTLE 第15章 Japan Tour FINAL 準優勝

・戦極MC BATTLE 第16章 DOPE SIDE WEST 本選 優勝

・ULTIMET MC BATTLE2016(ベスト4)

・UMB2017 THE CHOICE IS YOURS 優勝

・KING OF KINGS 2017 準優勝

・KING OF KINGS 2018 準優勝

・KING OF KINGS 2019 優勝

・戦極MC BATTLE 第21.5章 Battle League SP編 優勝

・戦極MC BATTLE 第24章  日本武道館編 準優勝

・BATTLE SUMMIT 準優勝

・KING OF KINGS 2022  準優勝

ULTIMET MC BATTLEやKING OF KINGSなどの、全国No.1ラッパーを決めるための大会では出場すればBEST4以上の成績を残すなど、バトルシーンにはいなくてはならない存在のラッパーということがわかりますね。

ここからはMOL53のpucho henza編集部の一押しバトルを紹介していきます。

①ULTIMET MC BATTLE 2012 FINAL MOL53 VS R-指定

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次