不可思議/wonderboyのプロフィール紹介|生い立ちから人気曲まで徹底解説

2011年に24歳という若さでこの世を去りながらも、死後に人気に火が付き、今では日本語ポエトリーリーディングの第一人者として広く認知されているポエトリーラッパーの不可思議/wonderboy

不可思議/wonderboyは、2011年の東日本大震災で多くの人が絶望する中、詩人である谷川俊太郎さんの詩を元にした楽曲「生きる」をチャリティーとして音源化し、音楽の力で日本を元気にしようとしたことでも知られています。

この記事をご覧の方の中にも不可思議/wonderboyというラッパーの存在をその死後に知ったという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな不可思議/wonderboyの人となりや楽曲を紹介しながら、彼の魅力をひも解いていきます。不可思議/wonderboyについて深く知ることで、日本語ラップが持つ力の新たな一面を知れることは間違いありません。それでは早速check it out!
 

pucho henza

「不可思議/wonderboyは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

不可思議/wonderboyのプロフィール

アーティスト名不可思議/wonderboy
本名石田剛
年齢23歳没(1987年12月30日 生まれ)
身長 非公開
出身地埼玉県
拠点(レペゼン)埼玉
学歴埼玉大学卒業
所属レーベルLOW HIGH WHO? PRODUCTION


1987年に埼玉県で生まれた不可思議/wonderboyは地元である埼玉県立川越高等学校を卒業後、埼玉大学の教育学部に入学しています。

生前の不可思議/wonderboyを知る人は彼の人となりについて「明るくて面白い子」だと口を揃えており、人懐っこい性格だったことがうかがえます。

不可思議/wonderboyのラップスタイル

不可思議/wonderboyのラップスタイルは、詩人が自作の詩を読み上げる行為を指す「ポエトリーリーディング」をラップに落とし込んだスタイルです。

人間の持つ本質や、人が生きる意味についての彼なりの解釈を、素朴でセンチメンタルなトラックに乗せたラップは数多くの人の心を打ち、高い人気を誇っています。

一方、伝説とも言われている路上ライブでは多くの人が目の前を素通りする中、たった6人の観衆の前で声を枯らしながら必死にラップする姿も残っており、その鬼気迫るライブ映像の中に不可思議/wonderboyの持つ魅力やパワーを再確認することもできます。

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次