ラッパーISSUGIのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

ソロ活動に加えてMONJU・SICK TEAMの2つのクルーに所属し、ラッパー・DJ・ビートメイカーとさまざまな顔を持っているISSUGI

その多彩な才能はHIPHOPシーンで高く評価されており、若手からベテランまで世代を問わず多くのラッパーとの楽曲を制作しています。

また、今年5月に公開されたYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」の企画では64小節のラップを披露し話題を呼びました。

そんなISSUGIはどのような生い立ちを経て、今に至ったのでしょうか。
この記事を読めばISSUGIのラップを今まで以上に楽しく聞けること間違いなしです。
 

pucho henza

「ISSUGIは〇〇という経験を、△△で表現した。」

目次

ラッパーISSUGIのプロフィール

アーティスト名ISSUGI
本名非公開
年齢40歳(1983年生まれ)
身長 非公開
出身地東京都練馬区
拠点(レペゼン)下北沢
学歴
所属レーベルDOGEAR RECORDS

ISSUGIのラップスタイル

落ち着いた声質を合わせて、オリジナリティが感じられる独特なフロウを奏でるのがISSUGIのラップスタイル。

どんなビートにも乗りこなす安定感抜群のラップスキルとオシャレなワードセンスは職人魂を感じさせ、他のラッパーにはない魅力があります。

また、成り上がり・サクセスストーリーなどのいわゆるHIPHOP的なトピックよりも日常や飾らない素朴な姿をリリックに落とし込むことが多いのも特徴です。

ISSUGIの名前の由来

ISSUGI(イスギ)は自身のラッパー名について言及していないため、どのような経緯で決まったのかは不明です。

ちなみに「16FLIP」名義でビートメイカーとして活動しており、こちらはMPCのパッドが16個だったことに由来しています。

スケボーから始まるISSUGIの人生

幼少期〜高校時代

東京都で生まれスケボーにどっぷりハマる。
スケボーの影響でHIPHOPを聴きラップも始める。
同じ中学のMr.PUGと仲良くなりライブにも参加する。

ヒップホップユニットMONJU結成

Mr. PUGとラップをしている中でラッパーの仙人掌と出会い3人で「MONJU」を結成。
ライブを重ねて実績を積み、2006年に1st EP「103LAB.EP」、2008年には2nd EP「Black de.ep」をリリース。

ソロ活動

2009年にソロで1stアルバム「Thursday」をリリースし注目を集める。
UMBやKOKといったMCバトルにも参加し存在感を放つ。

ビートメーカーとして活動

16FLIP名義でビートメイカーとしても活動。
MONJU・BESなど多くのラッパーやクルーに楽曲を提供。

現在

スケボーにハマった少年時代

東京都で生まれたISSUGIは中学時代にスケボーにのめり込みます。

スケボーのビデオのBGMがきっかけでHIPHOPを聴くようになり、ものづくりの楽しさも覚えます。

インタビューでは中学以前の記憶はあまりないとも話しており、スケボーがISSUGIに与えた影響は非常に大きいです。

Mr. PUGと仲良くなりラップを始める

中学3年生の時にスケボーのスキルに限界を感じたISSUGIは、仲間内で音楽ばかり聴いていたMr. PUGと仲良くなりラップを始めます。

当時から日本人ラッパーの音源を聴いており、特にDEV LARGEの作るビートが好みだったようです。

仙人掌と出会いMONJUの結成

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次