ラッパーSkaaiの人生が凄すぎる!壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで紹介!

Skaaiは「ラップスタア2021」で4thステージまで勝ち進み、Fuji Taitoとの名勝負で一躍注目を集めた、今最も注目されている若手ラッパーの1人です。

知性を感じさせるリリックやメロディアスなフローが人気で、最近ではBIMとの楽曲をリリースしたり、レッドブルのマイクリレー企画RASENに出演するなど、その勢いは留まるところを知りません。

そんなSkaaiですが、華々しい経歴の裏には様々な苦悩がありました。
彼の曲に込められた思いや経歴を紐解くことでラップをもっと楽しめること間違いなしです!Check it out!

pucho henza

「Skaaiは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパーSkaaiのプロフィール

本名周 礼旻
年齢26歳(1997年12月27日生まれ)
身長非公開
出生地アメリカ合衆国・ヴァージニア州
出身地大分
出身大学九州大学・法学部
所属レーベルMary Joy Recordings

アメリカ生まれ、大分県出身のSkaai。
九州大学に進学するほど、勉強ができるエリートラッパーとして名を馳せています。

Skaaiのラップスタイル

Skaaiは過去の悪さなどではなく、今の心境やこれからの思いが込められた芸術味が特徴のラップスタイルです。

レッドブルのインタビュー内で、Skaaiは下記のようなラップへ思いを語っています。

「いちばん好きな日本語を使って表現をしたい」
「自分に正直で、かつカッコいい(表現)って本当にない。それを最初に感じたのがヒップホップだった」
「ヒップホップだけではなくて、いろんなジャンルの人と関わりたい。もっといろんなジャンルのアートに触れたい」

Skaaiは自分の生き方を表現する一手段としてHIPHOPを選んでいます。

Skaaiの母は韓国人、父はマレーシア人

Skaaiは韓国人の母、中国系マレーシア人の父の間に一人っ子として生まれました。

父は中国系マレーシア人なことから、華僑ではないかと推測できます。
ラッパーSkaaiとしての多彩な才能は両親の優秀な遺伝子もあるかもしれないですね!

Skaaiという名前の由来

Skaaiの本名は周礼旻といいます。周礼旻の「旻」は「秋の空」という意味を持つため、「スカイ(空)」と文字ってSkaaiと命名しました。

Skaaiの名を轟かせたラップスタア誕生2021も秋頃に収録されているので、文字通りSkaaiが羽ばたいた瞬間ですね!

言語の壁で苦労してきたSkaaiの人生

幼少期〜小学生時代

Skaaiは韓国人の母とマレーシア人の父の間に生まれ、一人っ子としてアメリカで誕生

2歳まではマレーシアで生活をした後、日本の小学校に籍を置きながら
シンガポール、韓国、マレーシア、アメリカ、カナダの小学校へ留学する日々を過ごしていた。

中学生時代

Skaaiは英語が話せなかったことから言語の壁で苦労。

英語を話せるようになるために、両親にお願いをしてアメリカの中学校へ進学し、中学3年間住んでいた。

高校時代

大分県屈指の進学校である大分上野丘高校へ進学
歌に興味を持ち、高校在学時からOne Direction や Justin Biebeを歌い路上ライブをしていた。

大学時代

九州大学法学部に入学をして、在学中にドイツのハノーファー大学、韓国のソウル大学へ留学を経験。

2020年の九州大学卒業から九州大学院に進学する期間に、SoundCloud 上で楽曲制作を始め、ラッパーとしての道を歩み始める。

大学院時代

九州大学大学院法学府国際コースへ入学。
Skaaiの好きなラッパーを紹介するYotubeチャンネル「ゲツマニぱん工場」を立ち上げる

ラッパーとしての活動に注力するため、九州大学大学院は中退している。

ラップスタア誕生2021

4thステージまで勝ち上がり、ラッパーFuji taitoと名バトルを繰り広げる。
ラッパーSkaaiとして活動を始めるきっかけとなった大会だった

現在

アメリカで生まれる

Skaaiはアメリカ・ヴァージニア州で生まれ、幼い頃からグローバルな環境で育った過去を持ちます。

2歳まではマレーシアで生活をしており、その後に日本の小学校に籍を置きながら
韓国、シンガポール、カナダ、アメリカなどへの留学を経験しています。

実は「自身のアイデンティティがどこにあるのかわからない」という葛藤を抱え、音楽で表現していると語っています。

ホームステイ先のお兄ちゃんからの教えから、海外のHIPHOP、ラッパーに興味を持つようになりました。

韓国で受けた人種差別

Skaaiが小学2年生の頃に移住した韓国では「日本人は悪いやつ。日本は悪い国だから、お前は日本に帰れ。」と差別を経験しています。

「当時は相当辛かった」と語っていますが、小学2年生で差別を経験しているSkaaiの血となり肉となり、今のラッパーとしての表現に繋がっているのでしょう。

中2でアメリカへ語学留学

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次