kiki vivi lilyのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

スウィートな歌声と、クラブミュージック、R&B、HIPHOPまで多彩な音楽を取り入れた独自の音楽を生み出した女性シンガーソングライターkiki vivi lily

ひとつのジャンルに留まることなく、さまざまな分野で活躍するアーティストとコラボレーションやフィーチャリングを行うスタイルを確立しています。

そんなkiki vivi lilyですが、大学時代からシンガーソングライターとしての才能を見せ始めつつも、自分がやりたい音楽を体現できるまで壮絶な苦悩がありました。この記事を読めばkiki vivi lilyのラップを、もっとワガママに楽しめること間違いなし!それでは Check it out!
 

pucho henza

「kiki vivi lilyは〇〇という悩みを、△△で乗り越えた。」

目次

kiki vivi lilyのプロフィール

アーティスト名kiki vivi lily
本名不明
年齢33歳(1990年10月26日 生まれ)
身長 不明
出身地福岡県福岡市
拠点(レペゼン)
学歴大学卒業
所属レーベル日本コロムビアーEPISTROPH

kiki vivi lilyのラップスタイル

クラブミュージック、R&B、HIPHOPを融合させた音楽を作り出しているのがkiki vivi lilyのラップスタイル。

様々なジャンルのアーティストとコラボを続け、類まれなメロディーセンスとスウィートな歌声が魅力です。

kiki vivi lilyの名前の由来

kiki vivi lily(読み方:キキビビリリー)の名前の由来は「語感がよく、あえて意味のない言葉」から名付けられました。

「名前を聞いただけではどんなアーティストか分からない」という印象の方が、性別年代問わず多くの人に歌を聴いてもらえると考えています。語感がよく、あえて意味のない言葉として「キキビビリリー」と名付けられました。

活動再開から始まるkiki vivi lilyの人生

幼少期〜小学時代

・幼少期にピアノを始める
・両親の影響でJ-POPを中心に音楽を聴いていた

中学時代

・J-POPを中心にコピー曲を弾き語りするようになる

高校時代

・西南学園高等学校を卒業する

大学時代

・80年代のポップスの熱中し、ソウルやHIPHOPを取り入れた音楽を始める
・作詞作曲を手がけた楽曲でオーディションに出場
・「ゆり花」というアーティスト名で活動を本格的にスタートしたが、3年後に休止する

デビュー後

・翌年には、ゆり花からkiki vivi lilyのアーティスト名に変更し、活動を再開
・クリエイター集団Pitch Odd Mansionに加入し活動の幅を広げる
・さまざまな分野で活躍する人たちとタッグを組み、音楽的ルーツの広さが注目された

現在

福岡県福岡市に生まれる

kiki vivi lilyは、福岡県福岡市に生まれました。幼少期にピアノを習い始め、小中学生の頃は両親の影響でJ-POPを中心の音楽を聴いて育ちます。

さらに中学になると、知り合いが経営する音楽バーで自由に演奏ができることをきっかけに、J-POPを中心としたコピー曲をピアノで弾き語りするようになります。

音楽漬けだった大学時代

大学生になると、松任谷由実や山下達郎といった80年代のポップスに熱中した彼女は、音楽仲間の影響でソウルやHIPHOPの音楽にも触れていきます。

在学中には、「ふみきり」という楽曲を初めて作詞作曲しました。その楽曲でオーディションに出場したことをきっかけに「ゆり花」というアーティスト名で本格的にシンガーソングライターの活動を始めていきます。

kiki vivi lilyとして活動を再開

2015年にゆり花としての活動を休止した彼女ですが、翌年にはkiki vivi lilyというアーティスト名で活動を再開しました。

本当にやりたい音楽を体現したいという思いから、聴いてる人の先入観を無くしたいと改名に踏み込みました。デビューEP「LOVIN’YOU」を発表すると、一気に注目を集めるようになります。

クリエイター集団に加入

2018年に、ラッパーの唾奇、トラックメイカーのSweet Williamといった面々が所属するクリエイター集団Pitch Odd Mansionniに加入します。

フリースタイルラップバトルで人気の番組フリースタイルダンジョンでは、メンバーとして作詞とフックで参加したことでも話題となりました。

フルアルバムを発売

kiki vivi lilyとして、ファーストアルバムをリリースすると、音楽雑誌のレビューでは満点という高い評価を受け、瞬く間に注目の的となりました。

多彩なジャンルを取り入れた音楽のルーツが垣間見れる彼女らしい楽曲は、多くの音楽ファンを魅了していきます。

曲がCMソングにも起用される

ビートメーカSUKISHAとのコラボアルバム「Over the Rainbow」をリリースしたり、HIPHOPのトラックメイカーとして名を馳せる荒田洸がプロデュースしたミニアルバム「Good Luck Charm」を発表しました。

収録したアルバムの楽曲から「ひめごと」がCMソングに起用されたり、有名アーティストとコラボしたりと、kiki vivi lilyの幅広い音楽的ルーツを生かした楽曲はさらに認知度を高めていきます。

kiki vivi lilyの人気曲は?

kiki vivi lilyの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

kiki vivi lilyの人気曲①「Goes ALL Right」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次