ラッパーNasのプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説 

デビューアルバム『Illmatic』で名を馳せ、オバマ元大統領も熱狂させたとして知られるラッパーNas

Nasの名前を一度は目にしたことや聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。NasはHIPHOPを語る上で避けることのできない歴史的人物です。

当時主流となっていたL.A.の毎夜女性を呼んでパーティに繰り出し、マリファナを吸って、派手な遊びを描くラップスタイルとは対照的に、ニューヨークの貧困・ギャングの抗争・ドラッグの売買などストリートのリアルを文学的にリリックに落とし込むことで、HIPHOP界に革新を巻き起こしました

HIPHOP界最高のリリシストラッパーとなったNasの生い立ちから紐解いていくことで、HIPHOPの歴史やNasがなぜこれほどまで支持されているか分かること間違いなしです!早速Check it out!
 

pucho henza

「Nasは〇〇という困難を、△△で乗り越えた。」

目次

ラッパーNasのプロフィール

アーティスト名Nas
本名Nasir bin Olu Dara Jones
年齢50歳(1973年9月14日 生まれ)
身長 173㎝
出身地ニューヨーク市ブルックリン区
拠点(レペゼン)クイーンズブリッジ
学歴8年生(日本における中学2年生)で退学
所属レーベルColumbia Records, The Jones Experience/Def Jam, Mass Apparel, Universal Music LLC

Nasの名前の読み方は「ナズ」。日本では「ナス」と呼ばれていたが、2008年頃から「ナズ」と読むことが定着しました。

Nasのラップスタイル

Nasのラップスタイルは、極めて高く深い文学性のあるリリックが特徴であり、リリシストの代名詞的な存在です。攻撃性がある強烈なメッセージの中に、詩的センスが光る言葉選びが随所に見受けられる彼のリリックからは、ラッパーだけでなく言葉の表現者としても極めて高いスキルを持っています。

Nasは楽曲のテーマとして、貧困やドラッグ、暴力、ギャングの争いなどゲットーで生きる人達が直面している残酷な現実、アンダーグラウンドな日々から抜け出すための真っ当な生き方など、自らの生い立ちにまつわるリアルな内容が多いです。

そして、Nasは世界情勢や国内政治に関して自らの意見をはっきりと表明するなど、冷静沈着かつ社会派な一面を見せることもあります。

この二面性は、残酷な現実に真向から反抗し、自らの人生を好転させようと頭を使って奮闘してきた本人の生き方が反映されたかたちと言えるかもしれません。

Nasの名前の由来

Nasの名前の由来は、本名である「ナーシアー・ビン・オル・ダラ・ジョーンズ(Nasir bin Olu Dara Jones)」のファーストネームを省略したものです。ナーシアーとはアラビア語で「他者を守る者」、「他者を救う者」を意味します。

ちなみにミドルネームの「オル・ダラ(Olu Dara)」は実父の本名です。オル・ダラもNasと同じく音楽アーティストであり、コルネット奏者、ギタリスト、歌手として活躍しています。

ストリートから始まるNasの人生

幼少期〜小学生時代

ニューヨーク市のブルックリン区に生まれる。
ジャズ・ミュージシャンの父と、後にヒップホップMCになる弟と暮らす。

中学生時代

ニューヨーク州クイーンズに移住し、中学2年生の時に退学。
ドラッグの売人をしながらも聖書などを読み勉強を続ける。

中学校卒業後

ウィリー・イル・ウィルグラハムと出会いHIPHOPに興味が湧く。
DJとして活動し始める。

「Illmatic」発売

1994年にアルバム「Illmatic」が全米165万枚を売り上げる。

全米チャート1位

1996年に2ndアルバム「It Was It Was Written」で全米チャート初登場1位を記録。
このアルバムについて2pacは生前の最終作品でディスしている。

現在

ニューヨークのブルックリン区で生まれる

Nasは1973年にニューヨークのブルックリン区で生まれました。

父親のオル・ダラはジャズ・ブルースのミュージシャンだったこともあり、幼少期から音楽に触れて育ちます。

Nasはオル・ダラが1998年に発表したファーストアルバムに収録されている「Jungle Jay」にゲスト参加し、親子という枠組みを越え互いにリスペクトし合うアーティスト同士として共演を果たしています。

クイーンズのブリッジ団地に移住する

Nasはクイーンズに移住してから、8年生(日本では中学2年生)の時に退学しています。

この頃からドラッグの売人を経験するも、勉強を続け聖書や5%ネイションの教書を熟読しています。

移住先のクイーンズ地区とは主に低収入世帯向けの公営住宅・団地を指し『HOUSING PROJECT』と呼ばれています。公営住宅などで育ったラッパーのリリックにはよく「プロジェクト」の名前が出てきます。

1994年HIPHOPシーンに名を刻む名作をリリース

ソロデビューシングル「Halfe Time」をリリース後、今やHIPHOPシーンで代表するクラシックとなった「Illmatic」をリリースします。「クラシック」とは、何年経っても色褪せない名作という意味です。

「Illmatic」は、Pete RockDJ・PremierQ-Tipという当時ニューヨークの有名プロデューサーらが集結した作品です。

Nasが体験してきたストリートのリアルと、そこから抜け出そうとするポジティブなメッセージが多くの雑誌などから評価を受け、現在に至るまでHIPHOPの歴史的作品とされています。

当時、アメリカのHIPHOPは西海岸のギャングスタラップが勢いを持っていて、2pac、Snoop Doggy Dogなど東海岸のラッパーよりも人気がありました。そんな中地元クイーンズのHIPHOPシーンの力を集結させたのが「Illmatic」だったのです。

1999年「I Am…」「Nastradamus」をリリース

「I Am…」と「Nastradamus」の本来二枚組のアルバムをリリースする予定でしたが、「Nastradamus」は急遽トラックを全て撮り直すという事態になったり、加えて周りからの評価は良いものではありませんでした。

「I Am…」についてNasは、いつもラップ・ミュージックを聴いている友達に向けて、彼らの聴く音楽のレベルを高めるために作ったと明かしています。

アルバムのタイトル曲である「i am The Autobiography」では、「自分が生きていることに感謝している」「人は自分が生きていることに感謝するべき」という想いが込められています。聖書などで勉強してきたNasならではの歌詞で、自分が感じたことについて、ありのままを表現しながらもポジティブなメッセージ性を感じます。

2002年再びNasが注目を浴びる

2001年に「Stillmatic」、2002年「God’s Son」を発表して評価を取り戻しました。

デビュー作「Illmatic」の評価が高すぎるため、新作を出すたびに比較されてしまう状況の中、それに匹敵する名盤とされたのが、5枚目のアルバム「Stillmatic」でした。2pacやJay-Zへのアンサー曲も収録されています。

「God’s Son」では、Ja RuleやAshantiをフューチャーしています。この頃にはJay-Zとのビーフも沈静化していました。

“わたしは神の子”とそのままの意味としてタトゥーにもしているNasは、この頃母親の死などで神様について改めて考えるようになっていたと話しています。

2018年Kanye Westのプロデュース曲をリリース

6年ぶりで11作品目となるアルバム『Nasir』は、Kanye West全面プロデュースとなる力作です。

Kanye Westは当時Twitterで以下のように語っています。

「俺らはリアルタイムに楽しみながら創造しているんだ。俺が街を歩くと、車から爆音でアルバムたちが流れているのが聞こえてくる。子供たちが俺のところにお気に入りの曲を伝えにくるんだ。俺たちは音の組み立て方とアイデアで実験しているのさ。」

アルバム中の「Everything」では客演のKanyeがサビパートを担当していることから、Kanye色が強い作品となっています。

Kanye Westは「奴隷は選択だった」の発言で炎上し、うまく言葉に出来ない内容をリリシストのNasが書き上げたリリックなのではと想像します。

Nasの人気曲は?

Nasの人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

Nasの人気曲①「If I Ruled the World」

【新しいCBDHHCPMを知っていますか?】

2024年に入り話題になり始めたカンナビノイドHHCPMがマジでキマると話題です!

クリエイティブな発想力や睡眠促進など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。ヒップホップ×CBDがチルすぎます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】HHCPMがキマると噂!効果やおすすめリキッドを徹底解説 HHCH、HHCPなどの法規制が厳しくなってきたCBD業界の中でも、合法でキマると噂のHHCPM。 2024年に入り話題になり始めた成分のため「HHCPMはどんな効果があるの?」「HHC...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次