ラッパー輪入道のプロフィール紹介|その壮絶な生い立ちから最新の人気曲まで徹底解説

MCバトルで無類の強さを誇り、あらゆる大会で優勝を果たしてきたは、フリースタイル日本一との呼び声も高いラッパー輪入道

DOからは色んな角度から愛おしいと言われるほか、数々のラッパーから高い評価を受けています。

2023年に自主レーベル旗揚げから10周年を迎え、新アルバム「朝に満ちる」をリリースするなど精力的に活動中です。

またMCバトルでも凱旋・SPOTLIGHTで優勝を飾るなど、相変わらずの強さを発揮しています。そんな輪入道はどのような生い立ちを経て、今に至ったのでしょうか。この記事を読めば輪入道のラップを今まで以上に楽しく聞けること間違いなしです。
 

pucho henza

「輪入道は〇〇という経験を、△△で表現した。」

目次

輪入道のプロフィール

アーティスト名輪入道
本名非公開
年齢34歳(1990年2月7日生まれ)
身長 推定172cm
出身地千葉県
拠点(レペゼン)千葉県千葉市
学歴
所属レーベルGARAGE MUSIC JAPAN

輪入道のラップスタイル

男らしい力強さと自身の経験に基づくリアルで泥臭さが同居した人間味溢れるオリジナルなラップが輪入道の特徴です。

情熱的でありながらも読書家を感じさせるリリシストな一面もあり、言葉を大切にし、リスナーの心に響かせるラップに定評があります。

また、MCバトルでは熱いバイブスを持ち真っ直ぐぶつかりますが、相手の特徴に合わせてフロウ・ユーモア・スキル勝負ができる器用さも持ち合わせています。

輪入道の名前の由来

輪入道というラッパー名は「最恐の妖怪」という通り名があるように水木しげる・妖怪が好きに由来しています。

水木しげるが描く輪入道という妖怪は、石をダイヤモンドに変える力を持っており、この能力にHIPHOPを感じたことで「輪入道」に決めました。

ちなみに「輪入道」は車輪が燃えている妖怪です。また、同じく妖怪の「火車(かえんぐるま)」も候補でしたが、既にバンド名で使われていたため、止めています。

読書から始まる輪入道の人生

幼少期〜中学時代

・東京都で生まれ千葉で育つ。
・人付き合いが苦手で小学校の時にいじめ・体罰を受ける。
・中高一貫の私立に通い、中学2年の時に般若を知りHIPHOPにハマる。

高校時代

・17歳でラッパーになりREPRESENT MC BATTLEで優勝し20万円を手にする。
・学業との両立に苦しみ高校を退学。

高校退学後

・年間131本のライブをフリースタイルのみで行う。
・2010年ごろにラッパー鬼が率いる赤落プロダクションに所属。

自主レーベルの立ち上げ

・2013年に自主レーベル「GARAGE MUSIC JAPAN」を立ち上げ1stアルバム「片割れ」をリリース。
・2014年に9大会のMCバトルを制覇。
・2015年に「長渕炎陣」へ出演し、「長渕剛10万人オールナイト・ライヴ 2015 in富士山麓」にもゲスト出演。
・2017年に2ndアルバム「左回りの時計」をリリースし、フリースタイルダンジョンの2代目モンスターを襲名。

近年の活動

・2019年に3rdアルバム「HAPPY BIRTHDAY」をリリース。
・千葉ロッテマリーンズの応援歌を制作。
・2023年に5thアルバム「朝が満ちる」をリリース。

現在

いじめを受け地獄のような日々を過ごしながら読書に励んだ小学時代

東京都で生まれ千葉県で育った輪入道は、内気で協調性に欠けた少年でした。

小学生になると教師から体罰を受け、クラスメイトからはいじめを受ける地獄のような日々を送った過去を持っています。

そのため両親の影響で元々読書が好きだった輪入道は、あらゆるジャンルの本を無心に読み漁り、小3の時には大人向けの本を読んでいました。

山田詠美や紫門ふみの作品が好きだったようで、読書がなければラッパーで食べていけなかっただろうと振り返るほど影響を与えています。

ラッパーデビューと高校を退学した17歳

輪入道は地元のコミュニティから抜け出すために、中学受験中に挑戦し浦安にある私立の中高一校に進学しました。

中学2年の時に友人から借りた般若のCD(おはよう日本)に衝撃を受けHIPHOPにハマり、高校に入ると出会いが広がり人生に楽しさを感じ始めます。

高校2年なるとクラブに通うようになり、イベントで同年代のラッパーを生で見て輪入道自身もラッパーになります。

そして、ラップを始めて4カ月で挑戦したREPRESENT MC BATTLEでいきなり優勝し20万円を手にするのです。シーンでは時の人として大きな注目を集めましたが、学業との両立が難しくなり高校は退学を余儀なくされます。

自主レーベルを立ち上げ快進撃を続ける

高校退学後はイベントやライブで下積みを重ねスキルを磨いていきます。そして、2013年に、自主レーベル「GARAGE MUSIC JAPAN」を立ち上げ1stアルバム「片割れ」をリリース。

2014年には9大会のMCバトルを制覇する偉業を成し遂げ、その翌年は「長渕剛10万人オールナイト・ライヴ 2015 in富士山麓」にゲスト出演と順調なキャリアを歩みます。

2017年になると2ndアルバム「左回りの時計」をリリースし、フリースタイルダンジョンの2代目モンスターを襲名。2023年も新アルバムのリリース・主要MCバトルでの優勝と、10年に渡りシーンの最前線で活躍を続けています。

輪入道のベストバウトは?

輪入道のpucho henza編集部の一押しバトルを紹介していきます。

①輪入道 vs 呂布カルマ【真 ADRENALINE】決勝

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次