ラッパー仙人掌の人生が凄すぎる!名前の由来から最新の人気曲まで徹底解説

SEEDAやNORIKIYOなど数々の楽曲でフューチャーされてきたラッパー仙人掌

2021年5月のRedBullのマイクリレー「RASEN」にも、鎮座DOPENESS、SPARTA、Moment Joonらと出演し、緊急事態宣言下でしか残せないバースで話題を呼びました。

直近では、ストリートブランドHELLRAZOR(ヘルレイザー)の10周年を記念してリリースされたアルバムに参加しており福岡、大阪とリスニングパーティが開催予定です。

今や日本語ラップ界でもレジェンド級の仙人掌ですが、ラップを始めるきっかけやこれからの野望とは一体何なのか、仙人掌の生い立ちから紐解いていきましょう!では早速Check it out!
 

pucho henza

「仙人掌にとって〇〇を表現することは、△△ということ」

目次

仙人掌のプロフィール

アーティスト名仙人掌
本名不明
年齢41歳(1982年生まれ)
身長 不明
出身地東京都江戸川区
拠点(レペゼン)東京都
学歴高卒
所属レーベルDogear Records


仙人掌は、MONJU/DOWN NORTH CAMPのメンバーとしても知られています。

MONJUのメンバーはISSUGI、仙人掌、Mr.PUGからなるトリオです。

仙人掌のラップスタイル

ラッパー仙人掌は、しゃがれた声でビートに吐き出すことから東京最高峰のMCとも言われています。

ラップを始めた当初は、歌詞を先に書いてハマるビートを探していたが、徐々にビートを決めてリリックを書くスタイルに変わっていきました。

仙人掌は自身のラップを「90年代っぽいね」などカテゴライズされることに抵抗を示しており「自分が表現したいスタイルでやっているだけ。」とあくまで自分がやりたいスタイルを貫いている強さが感じられます。

仙人掌の名前の由来

仙人掌の読み方は「センニンショウ」です。

昔組んでいた1MC+1DJのユニット名が「仙人掌」だったことから、後にラッパーネームとしても受け継ぎました。仙人掌は他にも「サボテン」と読むことに、後から気づいたそうです。

仲のいいラッパーからは「ヒデオ」と呼ばれているので、本名は「ヒデオ」なのではないかと推測します。

風呂なしアパートから始まる仙人掌の人生

幼少期〜小学生時代

・東京都江戸川区の新小岩で育つ
・低所得の母子が住む福祉住宅で18歳まで暮らす

中学時代

・従兄からアメリカのHIPHOPについて教えてもらう
・日本語ラップに出会い、熱心に聴き始める

高校時代

・YAHIKOを筆頭に同世代でラッパーがいることに衝撃を受け、高2の頃にラップを始める
・BESに出会いHIPHOPやさまざまなことを教わる

MONJU結成

・以前から知り合いだったISSUGIとMr.PUGでMONJUを結成

デビュー

・会員限定で「Be In One’s Element」を限定リリース
・待望のオフィシャルソロアルバム「VOICE」が話題を呼ぶ

現在

新小岩の風呂なし四畳半のアパートで育つ

仙人掌は、江戸川区と葛飾区の境にある新小岩で生まれ、低所得者の母子が住む福祉住宅で育ちました。18歳以上の男性が住めないことから、18歳までは風呂なしの四畳半に住んでいたといいます。

住人の中にはシンナー中毒のおばちゃんが居て、ある日玄関先でおばちゃんが死んでいて新聞社が来ていたりと子供の頃から壮絶な世界を目の当たりにしてきました。

少なからず、その環境で育ったことが仙人掌の世界観に大きく影響を与えていています。

育った環境がHIPHOPに関心を持つきっかけとなり、アメリカのラッパーもプロジェクト(低所得者の住む団地)出身と知ることで、仙人掌に共感を感じたのではないかと語られています。

住んでいた福祉住宅は無くなり、今は大きな駐車場になっていて、元々いた住人は大島の方にできた団地に移っていったそうです。

HIPHOPとの出会い

初めは音楽より先にファッションやカルチャーからHIPHOPに入り、実際聴いていた曲はロックが多く特に意識せずに聴いていた仙人掌。

従兄の車で流れていたPUFF DADDYの「No Way Out」などがラップとの出会いでした。滅多に会わない従兄から、数少ない時間で西海岸には2PACやSNOOP、Dr.DREなどのHIPHOPがあると教えてくれたことで、HIPHOPの知識を増やしていきました。

しかし、当時は自身がラップをするまでには至らず趣味で日本語ラップを聴いているだけだったそうです。聴いていた中でも一番衝撃的だったのは「マイクロフォン・ペイジャー」だったそうです。

マイクを持ったきっかけ

千葉県市川市にある老舗ライブハウスでMr.OMERIとDELIが、地元の千葉や茨城、群馬の人たちを集めた「LOCAL MOTION」というパーティを開催。

そこで見た群馬のEELMANがCOMMONとLAURYN HILLの「Retrospect For Life」のインストを使い「俺にはナイフを持つ選択肢もあったけど、こうやってマイクでポジティブに変えたいんだ」というストーリーをラップしていることに感動し、衝撃を受けます。

それをきっかけに、翌日にはラップをやってみようかなと意識し始めたそうです。

ラップを始める前から知り合いだったISSUGIとトラックを作ってレコーディングもできる(Mr.)PUGらとだんだんと意気投合しグループを結成します。

2013年インディレーベルで『Be In One’s Element』リリース

初めはCREATIVE PLATFORMレーベルのプロジェクト「RAW DEAL」の会員のみに限定販売していました。後にRemix盤のリリースで一般的に流通し、700枚限定でオリジナルのアナログ盤もリリースしています。

アルバムのタイトル ” Be In One’s Element ” は ” 水を得た魚 ” という意味で、自分が水を得た魚のようにどんどん泳いで行けるようにという思いが込められた作品です。

与えられた環境下で何ができるのか、どれだけいい感じに泳げるのかと自分自身への挑戦のような気持ちもあったそうです。

2016年ソロアルバム『VOICE』が話題を呼ぶ

2016年オフィシャル初のソロアルバム『VOICE』がDobear RecordとWDsoundsのタッグによってリリースされました。10周年を迎えたDogear Records主宰のMr.PUGと何かやろうという話をしていたことや、WDsoundsのLIL MERCYなどの仲間と何かを作りたいという思いが実り『VOICE』の制作に至ったようです。

制作途中にいろいろ個人的な問題が起きて悩むことが多かった中、MARCYが手渡した小説「ストレートタイム」に救われ前向きに取り組むことができたと話しています。

映画化されたSEEDAのアルバム『花と雨』のラップ指導をする

2020年1月に公開されたSEEDAの傑作アルバム『花と雨』の主人公吉田を演じる俳優の笠松将さんにラップを指導したのは、仙人掌でした。

昔からSEEDAとは仲がよく当時住んでいた家が近いことからよく家に遊びに来て「この動画面白くないですか」と見せあったりしていたそうです。

仙人掌が見せた動画に反応したSEEDAは『花と雨』の映画を作り、仙人掌が見せた動画の映像監督のTAKCOM監督で撮影が進んでいきました。

そんな経緯もあってか、ラップ指導の話が仙人掌に来たのではないかと話しています。

俳優の笠松さんは、仙人掌の自宅にレアなスニーカーが飾られてあることからインスピレーションを得たりしていたそうです。

仙人掌の人気曲は?

仙人掌の人気曲と、pucho henza編集部の一押し曲を紹介していきます。

仙人掌の人気曲①「Be Sure」

アルバム『VOICE』内に収録されていて、仙人掌には珍しい疾走感のある明るめな曲です。ビートメイカーは札幌のZZYです。

仙人掌の人気曲②「Show Off」

ヒップホップ×CBDがチルすぎる!/

2024年に入り、話題になり始めた新カンナビノイドCBPがマジでキマると話題です!クリエイティブな発想力や集中力増大など、その効果は多岐に渡り、CBDを愛用するラッパーも年々増えています。

CBPを吸引後は、ソファに深く沈んでいるような没入感で音楽が深く聞こえてきます!

まずはCBDでチルな非日常を合法で体験してみませんか?

関連記事
【新カンナビノイド】CBPがキマると噂!その効果やおすすめリキッドについて徹底解説 気分が上がるHHCやTHCH、HHCHなどが規制された中、合法でハイにキマると注目を集めている新カンナビノイドCBP。 2024年に入ってから話題になり始めた成分のため「CBPっ...

pucho henza は記事を読んだ人が前向きになれる、オリジナルの情報が溢れたメディアを目指しています。各ラッパーの失敗談や落ち込んだ経験などを紹介していくなかで、情報の誤り・追加については速やかに対応させていただきたいので、こちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ヒップホップをもっと楽しむなら、このCBDでキマリ>>

目次